メインメニューを開く

アル・ジャロウAl Jarreau1940年3月12日 - 2017年2月12日[1])は、アメリカジャズ・ボーカリスト。ポップ分野でも活躍。

アル・ジャロウ
Al Jarreau
Al Jarreau (2006).jpg
アル・ジャロウ(2006年)
基本情報
出生名 Alwin Lopez Jarreau (アルヴィン・ロペス・ジャロウ)
生誕 (1940-03-12) 1940年3月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州ミルウォーキー
死没 (2017-02-12) 2017年2月12日(76歳没)
ジャンル ジャズポップR&B
職業 歌手
担当楽器 ボーカルパーカッション
レーベル リプリーズワーナー・ブラザース・レコードGRPコンコードライノ
公式サイト www.aljarreau.com

広い声域に、ソフトかつ伸びやかな歌声と卓越したボーカル・テクニックを持ち、中でもスキャットは特技ともいえるほど優れた個性を確立した。

略歴編集

ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。アイオワ大学で心理学を学び、数年間はカウンセラーの仕事をしていた。後にロサンゼルスへ渡り、ジャズ・クラブで歌い始める。1975年ワーナーリプリーズからデビュー。1978年に『ライヴ・イン・ヨーロッパ』が、1979年に『風のメルヘン』がグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞した。

1980年からはジェイ・グレイドンナイル・ロジャースナラダ・マイケル・ウォルデンらのプロデュースの下、AORブラック・コンテンポラリー路線でポップ分野でのヒットも生み、1982年には『ブレイキン・アウェイ』でグラミー賞の最優秀男性ポップ・ボーカル賞と「(Round, Round, Round) Blue Rondo A La Turk」で最優秀ジャズ・ボーカル賞を、1993年には『ヘヴン・アンド・アース』で最優秀R&Bボーカルを受賞した。この功績によりジャズ、ポップ、R&Bの3部門にまたがってグラミー賞を獲得した、最初の個人となる。

1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、「ウィ・アー・ザ・ワールド」のブリッジ部分(ウィリー・ネルソンの次、ブルース・スプリングスティーンの初回の前)でリード・ボーカルをとった。

1999年ワーナーリプリーズからヴァーヴ傘下のGRPに移籍。ジャズ寄りの作品も発表している。

2006年にはギタリスト兼ボーカリストのジョージ・ベンソンとの共作アルバム『ギヴィン・イット・アップ』を発表しており、自己のヒットナンバー「Mornin'」をカバーしている。

2010年7月に公演先のフランスで呼吸障害で倒れ、病院に搬送。「重篤な状態」とも報道されたが、順調に回復[2]。9月には日本で元気な姿で公演も行われた。

2017年2月12日、ロサンゼルスの病院で76歳で死去[3]

功績編集

グラミー賞編集

受賞年 ノミネート/作品 カテゴリー 結果 脚注
1978年 『ライヴ・イン・ヨーロッパ』 - Look to the Rainbow Best Jazz Vocal Performance 受賞 [4][5]
1979年 『風のメルヘン』 - All Fly Home 受賞 [6]
1981年 "Never Givin' Up" Best R&B Vocal Performance, Male ノミネート [7][8]
『イン・ハーモニー セサミ・ストリート』 - In Harmony: A Sesame Street Record (featuring various artists) Best Recording for Children 受賞
1982年 『ブレイキン・アウェイ』 - Breakin' Away Album of the Year (shared with Jay Graydon) ノミネート [9]
Best Pop Vocal Performance, Male 受賞
"(Round, Round, Round) Blue Rondo à la Turk" Best Jazz Vocal Performance, Male 受賞
1984年 『ジャロウ』 - Jarreau Producer of the Year (Non-Classical) (for Jay Graydon) ノミネート [10][11]
Best Engineered Recording - Non-Classical (for Ian Eales, Jay Graydon & Eric Prestis) ノミネート
"Mornin'" Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocal(s) (for David Foster, Jay Graydon & Jeremy Lubbock) ノミネート
"Step by Step" Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocal(s) (shared with Tom Canning, Jay Graydon & Jerry Hey) ノミネート
1985年 "Edgartown Groove" (featuring Kashif) Best R&B Performance by a Duo or Group with Vocal ノミネート [12]
1986年 『ウィ・アー・ザ・ワールド』 - We Are the World (as a part of USA for Africa featuring various artists) Album of the Year (shared with Quincy Jones) ノミネート [13]
ウィ・アー・ザ・ワールド」 - "We Are the World" (as a part of USA for Africa) Record of the Year (shared with Quincy Jones) 受賞
Song of the Year (for Michael Jackson & Lionel Richie) 受賞
Best Pop Performance by a Duo or Group With Vocals (shared with Quincy Jones) 受賞
Best Music Video, Short Form (shared with Quincy Jones & Tom Trbovich) 受賞
『ハイ・クライム』 - High Crime Best R&B Vocal Performance, Male ノミネート
1987年 "Since I Fell for You" ノミネート [14]
1988年 "Moonlighting (theme)" (from the TV series Moonlighting) Best Pop Vocal Performance, Male ノミネート [15]
Best Song Written Specifically for a Motion Picture or Television (shared with Lee Holdridge) ノミネート
1990年 『ハーツ・ホライズン』 - Heart's Horizon Best R&B Vocal Performance, Male ノミネート [16]
1993年 『ヘヴン・アンド・アース』 - Heaven and Earth 受賞 [17]
1995年 "Wait for the Magic" ノミネート [18]
2005年 『アル・ジャロウ・シングス・スタンダーズ / ワルツ・フォー・デビー』 - Accentuate the Positive Best Jazz Vocal Album ノミネート [19]
2007年 "Breezin'" (featuring George Benson) Best R&B Performance by a Duo or Group with Vocals ノミネート
"God Bless the Child" (featuring George Benson & Jill Scott) Best Traditional R&B Vocal Performance 受賞
2013年 『アル・ジャロウ・アンド・ザ・メトロポール・オルケスト-ライヴ』 - Live (featuring the Metropole Orkest) Best Jazz Vocal Album ノミネート
"Spain (I Can Recall)" Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocalist(s) (for Vincent Mendoza) ノミネート
JumpinJazz Kids - A Swinging Jungle Tale (featuring James Murray & various artists) Best Children's Album ノミネート

TV出演編集

  • 『東京JAZZ2011』 (NHK BSプレミアム)2011年10月15日

日本公演編集

6月18日 中野サンプラザ、20日 東京郵便貯金会館、22日 大阪サンケイホール、26日 中野サンプラザ

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『ウィ・ガット・バイ』 - We Got By (1975年、Reprise)
  • 『輝き』 - Glow (1976年、Reprise)
  • 『ライヴ・イン・ヨーロッパ』 - Look to the Rainbow (1977年、Warner Bros.)
  • 『風のメルヘン』 - All Fly Home (1978年、Warner Bros.)
  • Call Me (1979年、Koala)
  • 『エイント・ノー・サンシャイン』 - Lonely Town, Lonely Street (1979年、Koala)
  • 『ジス・タイム』 - This Time (1980年、Warner Bros.)
  • 『ブレイキン・アウェイ』 - Breakin' Away (1981年、Warner Bros.)
  • 1965 (1982年、Bainbridge)[20]
  • 『ジャロウ』 - Jarreau (1983年、Warner Bros.)
  • 『ハイ・クライム』 - High Crime (1984年、Warner Bros.)
  • In Concert Live at London's Wembley Arena (1984年、Westwood One)
  • 『イン・ロンドン』 - In London (1985年、Warner Bros.)
  • 『L・イズ・フォー・ラヴァー』 - L Is for Lover (1986年、Warner Bros.)
  • 『ハーツ・ホライズン』 - Heart's Horizon (1988年、Reprise)
  • 『ヘヴン・アンド・アース』 - Heaven and Earth (1992年、Reprise)
  • 『テンダネス』 - Tenderness (1994年、Reprise)
  • 『トゥモロウ・トゥデイ』 - Tomorrow Today (1999年、GRP)
  • 『オール・アイ・ガット』 - All I Got (2002年、GRP)
  • 『アル・ジャロウ・シングス・スタンダーズ / ワルツ・フォー・デビー』 - Accentuate the Positive (2004年、Verve)
  • 『ギヴィン・イット・アップ』 - Givin' It Up (2006年、Concord) ※with ジョージ・ベンソン
  • Christmas (2008年、Rhino)[21]
  • Everybody Is a Star: Live in Tokyo (2010年、Jazz Hour)
  • Live at the Half Note 1965 Volume 1 (2011年、BPM) ※with ジョージ・デューク[22]
  • 『アル・ジャロウ・アンド・ザ・メトロポール・オルケスト-ライヴ』 - Al Jarreau and the Metropole Orkest Live (2012年、Concord)
  • 『マイ・オールド・フレンド』 - My Old Friend: Celebrating George Duke (2014年、Concord)[23]
  • Live at Montreux 1993 (2016年、Universal)

脚注編集

  1. ^ “米ジャズミュージシャンのアル・ジャロウ氏死去”. 読売新聞. (2017年2月13日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170213-OYT1T50004.html 2017年2月13日閲覧。 
  2. ^ AL JARREAUが病院に緊急搬送
  3. ^ “ジャズミュージシャン、アル・ジャロウ氏死去 グラミー賞3部門受賞”. 産経新聞. (2017年2月13日). http://www.sankei.com/world/news/170213/wor1702130014-n1.html 2017年2月13日閲覧。 
  4. ^ “Al Jarreau - Artist - grammy.com”. Grammy Award. https://www.grammy.com/grammys/artists/al-jarreau 2018年3月18日閲覧。 
  5. ^ “Grammy Awards 1978”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1978-226.html 2018年3月18日閲覧。 
  6. ^ “Grammy Awards 1979”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1979-227.html 2018年3月18日閲覧。 
  7. ^ “Winners Best Recording For Children - Single or Album, Musical or Spoken grammy.com”. Grammy Award. https://www.grammy.com/grammys/awards/winners-nominees/98 2018年3月18日閲覧。 
  8. ^ “Grammy Awards 1981”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1981-229.html 2018年3月18日閲覧。 
  9. ^ “Grammy Awards 1982”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1982-230.html 2018年3月18日閲覧。 
  10. ^ “Jay Graydon - Artist - grammy.com”. Grammy Award. https://www.grammy.com/grammys/artists/jay-graydon 2018年3月18日閲覧。 
  11. ^ “Grammy Awards 1984”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1984-232.html 2018年3月18日閲覧。 
  12. ^ “Grammy Awards 1985”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1985-233.html 2018年3月18日閲覧。 
  13. ^ “Grammy Awards 1986”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1986-234.html 2018年3月18日閲覧。 
  14. ^ “Grammy Awards 1987”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1987-235.html 2018年3月18日閲覧。 
  15. ^ “Grammy Awards 1988”. Awards & shows. http://www.awardsandshows.com/features/grammy-awards-1988-236.html 2018年3月18日閲覧。 
  16. ^ “The Grammys, Round 1 : Pop Music: Rock 'n' roll veterans lead pack of recording industry awards nominees.”. Los Angeles Times. (1990年1月12日). http://articles.latimes.com/1990-01-12/entertainment/ca-71_1_rock-vocal-award/2 2018年3月18日閲覧。 
  17. ^ “35th Annual Grammy Awards”. Grammy Award. https://www.grammy.com/grammys/awards/35th-annual-grammy-awards 2018年3月18日閲覧。 
  18. ^ “NOMINEES FOR GRAMMY AWARDS NAMED”. Deseret News. https://www.deseretnews.com/article/397167/NOMINEES-FOR-GRAMMY-AWARDS-NAMED.html 2018年3月18日閲覧。 
  19. ^ “Vincent Mendoza”. Grammy Award. https://www.grammy.com/grammys/artists/vincent-mendoza 2018年3月18日閲覧。 
  20. ^ “Al Jarreau Loses Dispute with Bainbridge Records”. Jet. (July 12, 1982). ISSN 0021-5996. https://books.google.co.uk/books?id=BrgDAAAAMBAJ&pg=PA62. 
  21. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records. p. 280. ISBN 1-904994-10-5. 
  22. ^ George Duke Fans and Music Lovers”. George Duke Online. 2017年2月15日閲覧。
  23. ^ My Old Friend: Celebrating George Duke”. AllMusic. 2019年12月12日閲覧。

外部リンク編集