メインメニューを開く

イオン湯沢ショッピングセンター

イオン湯沢ショッピングセンター(イオンゆざわショッピングセンター)は、秋田県湯沢市にあるショッピングセンター(SC)である。

イオン湯沢ショッピングセンター
イオンスーパーセンター湯沢店
店舗概要
所在地 012-0055
秋田県湯沢市字上荻生田162
座標 北緯39度9分1秒東経140度28分8秒座標: 北緯39度9分1秒 東経140度28分8秒
開業日 2008年10月31日
施設所有者 イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンスーパーセンター株式会社
敷地面積 84,984 m²
商業施設面積 18,596 m²
店舗数 AEON SUPERCENTERと21の専門店
営業時間 スーパーセンター / 9:00 - 22:00
専門店 / 10:00 - 21:00(一部例外あり)
ヤマダ電機 / 10:00 - 21:00
ペトラス / 7:00 - 21:00
駐車台数 1,400台
商圏人口 約70,000人
最寄駅 奥羽本線:湯沢駅
最寄IC 湯沢横手道路:湯沢IC
外部リンク 公式サイト
ÆON SUPERCENTER
ÆON Retail

核店舗はイオンスーパーセンター

目次

概要編集

秋田県道278号雄勝湯沢線秋田県道311号羽後雄勝線沿いにある。最寄駅は湯沢駅だが、市内中心部および駅からは離れている。

湯沢の中心部ではかつて地場資本の協働社湯沢サンエーや湯沢ショッピングデパート大丈[1]、さらには、羽後ジャスコの運営によるジャスコ湯沢店も営業していた。しかし、地場2社は経営破綻。さらにジャスコ湯沢店も閉店した。

ジャスコ湯沢店の閉店後、市内で営業するナショナルチェーンのスーパーマーケットは皆無となったため、市民からは品揃えなどの充実したSCの開店を望む声が上がっていた。

イオン湯沢SCの進出にあたっては、市中心部の4商店街と消費者・地主らが、署名陳情を繰り広げ、2004年12月、市農業振興地域整備促進協議会(会長鈴木俊夫市長)は中心商店街の活性化を図る必要があるとして、イオン側から出された計画地にかかる農地の農振除外申請を却下した。しかし、翌年3月の4町村合併直前の旧湯沢市議会において、SC誘致派の陳情2件を採択し、反対派の陳情2件を不採択とした[1]。これを受け、市農振協は2006年2月に農振除外を決定した。こうした経過をたどり、イオン湯沢SCは開業に至った。

当初計画では、核店舗をマックスバリュにする案もあったが、スーパーセンターでの出店に落ち着いた。なお、直営売場のうち酒類など一部の売場はイオンリテールの管轄になっている。

イオングループ以外の特長としては、まちの総合情報交流拠点“まちの駅”でもある「虹こまち」という物産館がテナントに入っていることがあげられる。市の観光物産団体などとの協業により、単なる土産物屋ではなく、いわば市や県のアンテナショップ的な存在となっている。

沿革編集

  • 2008年(平成20年)
    • 10月5日 - 「イオン ふるさとの森づくり」植樹祭を開催[2]
    • 10月31日 - 「イオン湯沢ショッピングセンター」オープン[3]
    • 11月5日 - 「ペトラス湯沢店」オープン。
  • 2009年(平成21年)
    • 11月頃 - オープン一周年祭とほぼ時期を一緒にして、サービスカウンター・レジ・酒などの売場の位置を大幅に変更した。専門店は、虹こまちが22時まで営業時間が延長された。また、フードコートの業者がファーストフードのピーコック、および同社のうどんなどを扱う福麦亭になった。
    • 11月30日 - 「うさちゃんクリーニング」閉店。跡地は暫定的に休憩所になっている。

おもなテナント編集

別棟編集

アクセス編集

自家用車編集

路線バス編集

羽後交通:山田線 イオン湯沢SC停留所(入口の前)

  • 湯沢営業所(湯沢駅から徒歩約10分) - 雄勝中央病院または切畑または石塚行き

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「イオン湯沢SC 31日オープン 山田地区」『毎日新聞』秋田版 2008年10月28日
  2. ^ 「イオン湯沢SC オープン控え8500本記念植樹」『秋田魁新報』2008年10月8日付
  3. ^ 「イオン湯沢SCオープン 地元特産専門店も入居」『秋田魁新報』2008年11月1日付

外部リンク編集