メインメニューを開く

イザベル・ユペールの受賞とノミネートの一覧

ウィキメディアの一覧記事

本項目は、フランス女優であるイザベル・ユペールの受賞とノミネートの一覧である。ユペールは、世界三大映画祭の全てで賞を受賞しており、うちカンヌ国際映画祭ヴェネツィア国際映画祭で女優賞を受賞した。セザール賞では史上最多記録となる14回も女優賞にノミネートされ、うち主演女優賞を2回受賞した。アカデミー主演女優賞にも1度ノミネートされている。

イザベル・ユペールの受賞歴
Isabelle Huppert 66ème Festival de Venise (Mostra) 2.jpg
ヴェネツィア国際映画祭でのイザベル・ユペール(2009年)
受賞数 候補数
アカデミー賞
0 1
英国アカデミー賞
1 1
ゴールデングローブ賞
1 1
セザール賞
2 16
ヨーロッパ映画賞
3 7
カンヌ国際映画祭
3 3
ベルリン国際映画祭
1 1
ヴェネツィア国際映画祭
4 4

アカデミー賞編集

(出典:[1]

候補作品 部門 結果
2016年 エル ELLE 主演女優賞 ノミネート

英国アカデミー賞編集

(出典:[1]

候補作品 部門 結果
1977年 『レースを編む女』 新人賞 受賞

ゴールデングローブ賞編集

(出典:[1]

候補作品 部門 結果
2016年 エル ELLE 主演女優賞 (ドラマ部門) 受賞

セザール賞編集

(出典:[1]

候補作品 部門 結果
1976年 『アロイーズ』 助演女優賞 ノミネート
1978年 『レースを編む女』 主演女優賞 ノミネート
1979年 『ヴィオレット・ノジエール』 主演女優賞 ノミネート
1981年 『ルル』 主演女優賞 ノミネート
1982年 Coup de torchon 主演女優賞 ノミネート
1989年 主婦マリーがしたこと 主演女優賞 ノミネート
1995年 La Séparation 主演女優賞 ノミネート
1996年 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇 主演女優賞 受賞
1999年 肉体の学校 主演女優賞 ノミネート
2001年 Saint-Cyr 主演女優賞 ノミネート
2002年 ピアニスト 主演女優賞 ノミネート
2003年 8人の女たち 主演女優賞 ノミネート
2006年 ガブリエル 主演女優賞 ノミネート
2013年 愛、アムール 助演女優賞 ノミネート
2016年 『愛と死の谷』 主演女優賞 ノミネート
2017年 エル ELLE 主演女優賞 受賞

リュミエール賞編集

候補作品 部門 結果
1996年 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇 女優賞 受賞
2001年 甘い罠 女優賞 受賞
2006年 ガブリエル 女優賞 受賞
2007年 『権力への陶酔』 女優賞 ノミネート
2016年 『愛と死の谷』 女優賞 ノミネート
- 名誉賞 受賞
2017年 エル ELLE 女優賞 受賞

ヨーロッパ映画賞編集

候補作品 部門 結果
2001年 ピアニスト 女優賞 受賞
2002年 8人の女たち 女優賞 受賞
観客賞英語版 ノミネート
2004年 ジョルジュ・バタイユ ママン 観客賞 ノミネート
2009年 - 世界的貢献賞 受賞
2016年 エル ELLE 女優賞 ノミネート
2017年 ハッピーエンド 女優賞 ノミネート

カンヌ国際映画祭編集

候補作品 部門 結果
1978年 『ヴィオレット・ノジェール』 女優賞 受賞
2001年 ピアニスト 女優賞 受賞
2017年 - ウィメン・イン・モーション・アワード 受賞

ヴェネツィア国際映画祭編集

候補作品 部門 結果
1988年 主婦マリーがしたこと 女優賞 受賞
1995年 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇 女優賞 受賞
パシネッティ賞
2005年 - 特別獅子賞 受賞

ベルリン国際映画祭編集

候補作品 部門 結果
2002年 8人の女たち 芸術貢献賞 受賞

モスクワ国際映画祭編集

候補作品 部門 結果
1991年 『ボヴァリー夫人』 女優賞 受賞
2008年 - スタニスラフスキー賞英語版 受賞

モントリオール世界映画祭編集

候補作品 部門 結果
2000年 甘い罠 女優賞 受賞
2008年 - 特別グランプリ 受賞

ロカルノ国際映画祭編集

候補作品 部門 結果
2011年 - Excellence Award 受賞
2017年 Madame Hyde 女優賞 受賞

全米映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト 主演女優賞 2位
2016年 エル ELLE 主演女優賞 受賞
未来よ こんにちは

ニューヨーク映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト 主演女優賞 3位
2016年 エル ELLE 主演女優賞 受賞
未来よ こんにちは

ロサンゼルス映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト 主演女優賞 2位
2016年 エル ELLE 主演女優賞 受賞
未来よ こんにちは

ボストン映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2016年 エル ELLE 主演女優賞 受賞
未来よ こんにちは

ロンドン映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2012年 愛、アムール 助演女優賞 ノミネート
2016年 『未来よ こんにちは』 主演女優賞 受賞
- ディリス・パウエル賞 受賞
2017年 エル ELLE 主演女優賞 ノミネート

オンライン映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト 主演女優賞 ノミネート
2016年 エル ELLE 主演女優賞 ノミネート

サンフランシスコ映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト 主演女優賞 受賞
2016年 エル ELLE 主演女優賞 受賞

サンディエゴ映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト Body of Work Award 受賞
甘い罠
『感傷的な運命』
8人の女たち

ダブリン映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2016年 『未来よ こんにちは』 主演女優賞 ノミネート
2017年 エル ELLE 主演女優賞 受賞

トロント映画批評家協会賞編集

候補作品 部門 結果
2002年 ピアニスト 主演女優賞 ノミネート
2016年 エル ELLE 主演女優賞 ノミネート

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞編集

候補作品 部門 結果
1980年 『レースを編む女』 外国女優賞イタリア語版 受賞
1989年 『主婦マリーがしたこと』 外国女優賞 ノミネート
2003年 - 特別賞 受賞

クロトゥルーディス賞編集

候補作品 部門 結果
2003年 主演女優賞 ピアニスト 受賞
2017年 主演女優賞 エル ELLE 受賞

その他映画祭編集

部門 候補作品 結果
1986年 テルライド映画祭 シルバーメダル - 受賞
1988年 バリャドリッド国際映画祭 女優賞 主婦マリーがしたこと 受賞
1989年 ボゴタ国際映画祭英語版 女優賞 主婦マリーがしたこと 受賞
2002年 シアトル国際映画祭英語版 女優賞 ピアニスト 受賞
2003年 サン・セバスティアン国際映画祭 ドノスティア賞 - 受賞
2003年 ハンブルク国際映画祭英語版 ダグラス・サーク賞 - 受賞[2]
2008年 ナミュール国際フランコフォニー映画祭英語版 Coup de Coeur - 受賞[3]
2008年 マール・デル・プラタ国際映画祭 女優賞 Home 受賞
2009年 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 クリスタル・グローブ賞 - 受賞[4]
2009年 上海国際映画祭 Special Artistic Achievement Award - 受賞[5]
2010年 カイロ国際映画祭 女優賞 Copacabana 受賞
2010年 フィラデルフィア映画祭英語版 女優賞 Copacabana 受賞
2011年 釜山国際映画祭 名誉賞 - 受賞
2011年 フランダース・ヘント国際映画祭英語版 ジョセフ・プラトー名誉賞 - 受賞
2011年 イスタンブール国際映画祭英語版 名誉賞 - 受賞
2011年 ムンバイ国際映画祭英語版 女優賞 ヴィオレッタ 受賞[6]
2011年 ストックホルム国際映画祭 生涯功労賞 - 受賞
2012年 マラケシュ国際映画祭英語版 名誉賞 - 受賞[7]
2014年 ミュンヘン国際映画祭英語版 The CineMerit Award - 受賞
2017年 オデッサ国際映画祭英語版 Golden Duke - 受賞[8]
2017年 パームスプリングス国際映画祭 FIPRESCI Prize for Best Actress in a Foreign Language Film エル ELLE 受賞[9]

その他映画批評家協会賞編集

部門 候補作品 結果
2002年 ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 主演女優賞 ピアニスト ノミネート
2002年 シアトル映画批評家協会賞 主演女優賞 ピアニスト 受賞
2016年 放送映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE ノミネート
2016年 オースティン映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2016年 シカゴ映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE ノミネート
2016年 フロリダ映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2016年 ヒューストン映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE ノミネート
2016年 ニューヨーク映画批評家オンライン 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2016年 セントルイス映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2016年 バンクーバー映画批評家協会賞 主演女優賞 エル ELLE 受賞

その他の賞編集

部門 候補作品 結果
1976年 シュザンヌ・ビアンケッティ賞 - Le Juge et I'assassin 受賞
1990年 サン・ジョルディ賞スペイン語版 外国女優賞 主婦マリーがしたこと 受賞
1991年 ドイツ映画賞 主演女優賞 Malina 受賞
2009年 ナストロ・ダルジェント賞 Nastro d'argento europeo L'amore nascosto 受賞
2011年 BFIフェローシップ賞英語版 - - 受賞
2016年 オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞 外国主演女優賞 エル ELLE ノミネート
2016年 女性映画ジャーナリスト同盟映画賞 主演女優賞 エル ELLE ノミネート
2016年 ドリアン賞英語版 主演女優賞 エル ELLE ノミネート
2016年 ゴッサム・インディペンデント映画賞 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2017年 グローブス・デ・クリスタル賞英語版 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2017年 インディペンデント・スピリット賞 主演女優賞 エル ELLE 受賞
2017年 サテライト賞 主演女優賞 (ドラマ部門) エル ELLE 受賞

脚注編集

  1. ^ a b c d Isabelle Huppert Awards”. iMDb. 2018年2月16日閲覧。
  2. ^ The Program for the 23rd FILMFEST HAMBURG is now online”. Filmfest Hamburg. 2018年2月16日閲覧。
  3. ^ FIFF - Longs Métrages 2008”. Festival International du Film Francophone de Namur (フランス語). 2018年2月16日閲覧。
  4. ^ Lazarová, Daniela (2009年7月6日). “Isabelle Huppert presented with Crystal Globe award”. Radio Prague. 2018年2月16日閲覧。
  5. ^ Berry, Chris (2009年9月). “Bigger than Ever: The 12th Shanghai International Film Festival”. Senses of Cinema. 2018年2月16日閲覧。
  6. ^ Bhushan, Nyay (2011年10月21日). “13th Mumbai Film Festival Crowns 'My Little Princess'”. The Hollywood Reporter. 2016年2月16日閲覧。
  7. ^ 12th Edition”. Marrakech International Film Festival (フランス語). 2018年2月16日閲覧。
  8. ^ Kozlov, Vladimir (2017年7月22日). “'King of the Belgians' Wins Grand Prix at Odessa International Film Festival”. The Hollywood Reporter. 2016年2月16日閲覧。
  9. ^ Pond, Steve (2017年1月14日). “Palm Springs Film Festival Prizes Go to Isabelle Huppert, ‘Toni Erdmann’”. TheWrap. 2016年2月16日閲覧。