メインメニューを開く

イブンベイ (Ibn Bey) とは、イギリス生産の競走馬種牡馬である。1987年度イタリア最優秀3歳牡馬、1989年・1990年度ドイツ最優秀古牡馬。サウジアラビアの王族ファハド・ビン=サルマーンの所有馬で、馬名はアラビア語で「高貴な者の息子」の意。

イブンベイ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1984年3月22日
死没 2012年12月10日
Mill Reef
Rosia Bay
母の父 High Top
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Lord Porchester
馬主 Fahd Salman
相馬恵胤
調教師 Paul F.I.Cole(イギリス)
競走成績
生涯成績 29戦10勝
獲得賞金 20万7050ポンド
93万7000フラン
53万5000マルク
2億3567万1000リラ
67万5000ドル
テンプレートを表示

目次

経歴編集

競走馬時代は7か国で走りG1競走を4勝。優勝した重賞競走はいずれも距離2400メートル以上の競走で、典型的な長距離馬だった。しかし3歳時に優勝したイタリア大賞レコードタイムで優勝、1990年にアメリカに遠征して出走した距離10ハロン(約2000メートル)のブリーダーズカップ・クラシックでは12番人気ながらアンブライドルドの2着に入るなど、優れたスピードも有していた。日本のジャパンカップにも1989年、1990年と出走し、とくに1989年の第9回ジャパンカップではレース途中の1800メートルおよび2200メートルの通過地点で当時の日本レコードを上回る走破タイムを記録している。

1990年のジャパンカップ直前に日本人馬主に金銭譲渡され、同競走を最後に競走馬を引退。そのまま日本のビッグレッドファームに種牡馬として導入された。種牡馬としてはダートグレード競走を2勝したタイキヘラクレスなどを出したが全体としては目立った活躍を示せず、2007年に種牡馬を引退。新冠町明和のビッグレッドファームで余生を送っていたが、2012年12月10日、老衰のため死去。

馬齢別競走成績編集

主な産駒編集

血統表編集

イブンベイ血統ミルリーフ系/5代内アウトブリード (血統表の出典)

Mill Reef 1968
鹿毛 イギリス
父の父
Never Bend 1960
鹿毛 イギリス
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Lalun Djeddah
Be Faithful
父の母
Milan Mill 1962
鹿毛 イギリス
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Virginia Water Count Fleet
Red Ray

Rosia Bay 1977
鹿毛 イギリス
High Top 1969
鹿毛 アイルランド
Derring-Do Darius
Sispey Bridge
Camenae *ヴイミー
Madrilene
母の母
Ouija 1971
黒鹿毛 イギリス
Silly Season Tom Fool
Double Deal
Samanda Alycidon
Gradisca F-No.12-b

伯父に1985年のアーリントンミリオンステークス優勝馬テレプロンプター(Teleprompter)、従妹に2006年のカルティエ賞年度代表馬ウィジャボードがいる。父は1970年代のヨーロッパ最強馬とも評される名馬。母はイギリスで2勝を挙げている。

外部リンク編集