メインメニューを開く

ウィンチェスターM70、またはモデル70(Winchester Model 70)は、1936年にM54の後継としてウィンチェスター社が販売したボルトアクションライフルである。

ウィンチェスターM70
Winchestermodel70.jpg
ウィンチェスターM70(24インチモデル)
ウィンチェスターM70
種類 狩猟小銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ウィンチェスター
仕様
種別 汎用小銃
口径 7.62mmほか
銃身長 660mm
使用弾薬 7.62x51mm NATO(308ウィンチェスター)
装弾数 3発/4発/5発
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1,050mm
重量 4,350g
銃口初速 850m/秒
歴史
製造期間 1936年-
テンプレートを表示

概要編集

ウィンチェスターライフルと並び、ウィンチェスター社を代表する商品である。元々は狩猟用として開発されたが、ベトナム戦争ではアメリカ海兵隊狙撃チームに採用された事でも有名で、当時の狙撃銃はこのM70一本に絞られていた。

元となったのはモデル54で、これは同社が新しく開発した.270ウィンチェスターという新しい弾薬のために作られた。このM54を大型化し、多様な種類の弾薬に対応させたのがM70である。非常に優れた命中精度と信頼性を誇り、後述する理由によりレミントンM700が台頭してくるまで、ボルトアクションライフルのスタンダードとなっていた。

現在までに作られたのは、22ホーネット、22-250レミントン、223WSSM(Winchester Super Short Magnum)、225 ウィンチェスター、220スウィフト、243ウィンチェスター、243WSSM、250-3000サヴェージ、25-06レミントン、25WSSM、257ロバーツ、264ウィンチェスター・マグナム、270 ウィンチェスター、270WSM(Winchester Short Magnum)、7mmモーゼル、7mmレミントンマグナム、7mmWSM、300サヴェージ、30-06スプリングフィールドM1ガーランドと同じ)、.308ウィンチェスター、300H&H(Holland and Holland)マグナム、300ウィンチェスター・マグナム、300WSM、300レミントン・ウルトラ・マグナム、325 WSM、338ウィンチェスター・マグナム、35レミントン、358ウィンチェスター、375H&Hマグナム、458ウィンチェスター・マグナムと、非常に種類が多い。

また、銃床もレミントンM700のものを流用できるようになっているものもある。[要出典]

ベトナム戦争による変革編集

狩猟用として開発されたウィンチェスターM70は、同一の作動システムで多様な口径に対応するという、当時としては珍しかった特筆すべき点を持っていた。特に.308ウィンチェスター以上となれば、バイソンのような大形の獲物を倒す威力を持っており、加えてスコープを取り付けられるライフルとしては比較的安価だったため、アメリカはもちろん、世界中のハンター達に愛用された。

転機が訪れたのは、ベトナム戦争において海兵隊狙撃チームに採用された時である。当時アメリカ陸軍ではM14からフルオート機構を外してスコープを搭載したM21を採用していたが、海兵隊はより長距離狙撃の精度を求めてウナートルまたはライマン社製外部調整式8倍スコープを搭載したM70をスナイパーライフルとして採用した。特にM70を使用したスナイパーの中でもっとも有名なのは、恐らくカルロス・ハスコックであろう。彼はベトナム戦争において優秀なスコアを残し、その戦いのほとんどにM70(.30-06モデルといわれている)が追随したのである。

だが、1964年ウィンチェスター社はその方針を大きく見誤ってしまう。大口の契約を取り付けられたウィンチェスター社は、を通じてレミントンスプリングフィールドといった同業の他社にも製造ラインを設けさせた。 大量の受注に対応するため、M70全体の製法を大幅にリファイン、エキストラクター構造、セフティノブ形状、複雑な削りだし工程によるレシーバーの形状を簡素化するなど各部コストダウンを図ったマイナーチェンジモデルをニューM70として発表、実質的には製品の粗悪化を招いてしまう。これは、当時M70を採用していた軍はもちろん、民間の市場にも憤慨と共に拒絶される事になってしまった。 また、この時ウィンチェスターの製造技術を学んだレミントンが、現在まで大ヒットセラーとなるレミントンM700を販売するという皮肉な事態が発生する。レミントンは、M70が大量生産によって品質低下という致命的な劣化を発生させたのに対し、各パーツの精度によって値段の異なるモデルを複数用意するという方法によって品質の低下を防いだ。

海兵隊は、ウィンチェスターM70からレミントンM700に乗り換え、世界中のハンター達もそれに倣った。ボルトアクションライフルのスタンダードを築き上げたウィンチェスター社は、その経営方針の誤りによって、誰にも見向きのされない存在となってしまったのである。

Pre'64 Model 70編集

ウィンチェスターM70に関する話として、Pre'64 Model 70(64年より前のモデル70)という記述が度々見受けられる。前述した事件によってその品質が劣化し、信頼を失ってしまったウィンチェスターM70だったが、マイナーチェンジ以前の旧型モデルにコレクターやハンター達の人気が集中。これをこぞって追い求めたのである。 pre'64モデルにも製造年式により各部形状に変遷が見られ、プレウォー(第二次世界大戦前型)、トランジョン(過渡期)、ポストウォー(戦後型)などさらに細かい年式の識別が行われる。 製造年代を見分ける方法は製造時に打刻されるシリアルナンバー、各部品の形状などでおおよその判別が可能であるが、詳細な記録に残っていない変更や正確な製造数など不明な部分も多くあり、M70の研究書も多く発行されている。

現在のM70編集

その後、ウィンチェスター社は長らくこの64年型以前の品質を取り戻す事ができなかった。市場に拒否された低品質M70の在庫を大量に抱えて、経営を立て直す事ができないという悪循環に陥ってしまったのである。その後、1990年代に入るまで、ブローニング社に買収されてハースタルグループの傘下に入るなど、ウィンチェスターには不遇の時代が続いている。

1992年、ウィンチェスターは30年の歳月を経て、旧型モデルの形状を再現したモデルをM70クラシックとして復活させた。当時誰もが追い求めた職人芸を蘇らせるのには、最先端技術だったCNCマシンの活躍があったといわれている。

また、本家ウィンチェスター製M70クラシックよりもさらにオリジナルpre'64モデルを正確に再現したクローンモデルも複数のメーカーよりラインアップされている。

登場作品編集

関連項目編集