メインメニューを開く

Wing Loong I/翼龙I

カザフスタン軍の翼竜(2017年)

カザフスタン軍の翼竜(2017年)

翼竜I簡体字:翼龙I、英語:Wing Loong I)は、中華人民共和国の中航工業成都飛機設計研究所(簡体字:中航工业成都飞机设计研究所、英語表記:Chengdu Aircraft Design Institute、CADI)が設計し、中国航空工業集団有限公司が生産する多用途中高度長時間滞空無人航空機[1][2][3][4]GJ-1(簡体字:攻击I、英語:Attack-1)とも称される[4][5]

偵察、タイムクリティカルストライク、SIGINT収集、対テロ/対反乱監視、非致命的抑止作戦、対麻薬監視、国境パトロール、インフラや災害時の監視を目的に開発された[5]

開発編集

2004年珠海エアショーで存在が公表され、2007年10月に試作機が初飛行し、2014年11月に珠海エアショーで中国人民解放軍空軍のラウンデルがマーキングされた機体が公開された[5]

機体編集

 
ドバイ航空ショーの翼竜II(2017年)

流線形の胴体の機首上面にはバルジ部があり衛星通信アンテナが搭載されているものと思われる。機種下部にはEO/IRターレットが取り付けられている。ランディンギアは前輪式である。主翼の翼平面形は高アスペクト比のテーパー翼で中翼配置である。V字配置の尾翼を持つ。推進方式はプッシャー式である。出力100hpのターボチャージャー付ピストンエンジンを1つ搭載する。プロペラの翼の枚数は3枚である。主翼のハードポイントには一対の兵装用パイロンが付けられている[5]

センサー編集

  • AVIC Luoyang LE380 EO/IRターレット
  • DH-3010 SARレーダー

武装編集

  • 50kg CS/BBE2 HE爆弾
  • HJ-10 対戦車ミサイル
  • 50kg LS-6-50 小直径爆弾
  • 16kg TL-2 空対地ミサイル

これらの兵装が選択できる。二つのパイロンに取り付けられる。

派生型編集

  • 翼竜I-D
  • 翼竜II

運用者編集

スペック(翼竜I)編集

 
翼竜 側面図
  • 全長:9.0m
  • 全高:2.8m
  • 全幅:14.0m
  • 最大離陸重量:1,150kg
  • ペイロード:200kg
  • 離陸滑走距離:800m
  • 実用上昇限度:7,500m
  • 最大速度:280km/h
  • 航続時間:20時間

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 中国独自開発の無人機「翼竜」、100機目を納入へ”. 新華社 (2018年12月28日). 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ 兵器も安くて高性能…中国製の軍事用ドローンが欧州進出”. ビジネスインサイダー (2019年9月15日). 2019年9月30日閲覧。
  3. ^ 尖閣飛来は「翼竜」か 中国軍無人機、空対地ミサイル搭載可能”. 日本経済新聞 (2013年9月13日). 2019年9月30日閲覧。
  4. ^ a b 平成28年版防衛白書第I部わが国を取り巻く安全保障環境”. 防衛省. 2019年9月30日閲覧。
  5. ^ a b c d Jane's All The World's Aircraft:Unmanned 2018-2019, IHS Markit, 2018, pp. 28-30
  6. ^ a b c Kazakhstan purchases two Chinese Wing-Loong UCAVs (7 June 2016)”. IHS Jane's 360. 2019年9月30日閲覧。
  7. ^ 媒体称翼龙无人机已出口阿联酋乌兹别克斯坦” (Chinese). SINA military (2012年11月15日). 2019年10月10日閲覧。
  8. ^ China sells armed drones to Serbia amid concerns arms deal could destabilise region” (英語). テレグラフ (2019年9月11日). 2019年10月10日閲覧。
  9. ^ a b c Chinese-made drone crashes in Pakistan”. Popular Science (2016年6月22日). 2019年9月30日閲覧。
  10. ^ Is Pakistan Secretly Testing a New Chinese Killer Drone?”. The Diplomat (2016年6月22日). 2016年11月7日閲覧。
  11. ^ Bedi”. China, Pakistan to jointly produce Wing Loong II UAVs, says report (2018年10月9日). 2018年10月9日時点の[Rahul オリジナル]よりアーカイブ。2018年10月13日閲覧。
  12. ^ Chinese Wing Loong II drones sold to Pakistan”. Army Recognition (2018年10月11日). 2018年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月13日閲覧。
  13. ^ China and Pakistan to Jointly Produce 48 Wing Loong II Drones”. Drone Below (2018年10月11日). 2018年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月13日閲覧。
  14. ^ a b China's Weapons of Mass Consumption”. Foreign Policy (2015年3月20日). 2019年9月30日閲覧。 “Since 2011, China has also sold the Wing Loong, an armed drone, to several countries in Africa and the Middle East, including Nigeria, Egypt, and the United Arab Emirates.”
  15. ^ UAE revealed as Wing Loong II launch customer”. IHS Jane's 360 (2018年1月26日). 2018年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月26日閲覧。
  16. ^ Egypt shows Wing Loong UAV”. IHS Jane's 360 (2018年10月19日). 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月30日閲覧。
  17. ^ Serbia confirms procurement of Chinese UAVs”. IHS Jane's 360 (2018年9月21日). 2018年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月23日閲覧。
  18. ^ Indonesia acquires four Wing Loong I UAVs from China”. IHS Jane's 360 (2018年2月25日). 2018年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月10日閲覧。

参考文献編集

  • Martin Streetly (2018). IHS Jane's All The World's Aircraft:Unmanned 2018-2019. IHS Markit. ISBN 978-0710632777.