メインメニューを開く

ウェルキャブ(Welcab)は、トヨタ自動車福祉改造車両。TECS(Toyota Excellent Conversion Series)と称するメーカー完成特装車(一部メーカーオプション設定やインライン架装がある)にあたる。主な架装メーカーにトヨタ車体関東自動車工業などがある。

名前の由来編集

「Welfare(福祉)」「Well(健康)」「Welcome(温かく迎える)」と「Cabin(客室)」を合わせた造語。以前は「ハンディキャブ」と呼ばれていたが、1996年に誰もが親しみやすい名前として変更された。

種類編集

介護タイプ編集

 
サイドアクセス車(ポルテ)
 
車いす仕様車 リフト式(ハイエース)
 
車いす仕様車 スロープ式(アルファード)
助手席回転スライドシート車
助手席が手動で回転して車外へスライドするタイプ。おもに全高が低い車に設定されている。ラウムでは「フレンドリーシート」としてメーカーオプション設定されている。
助手席回転リフトアップシート車
助手席が電動で車外へスライドしさらに下降するタイプ。近年のコンパクト設計により、いろいろな車両に搭載されている。
サイドリフトアップシート車
セカンドシートが電動で車外へスライドし下降するタイプ。シートが下降するタイプに加え、シートが車いすとして使用できる脱着タイプがある。またメーカーオプション設定のタイプもある。
サイドアクセス車
助手席が専用の車いすになるタイプ。
  • ポルテ
後席回転シート車
後部座席が手動で回転するタイプ。
車いす仕様車
一般的な車いすのまま車内へ乗り込めるタイプ。リフト車とスロープ車の2種類がある。主に、福祉施設や福祉タクシーとして使用されている。
リフトタイプ
スロープタイプ
  • アルファード
  • ヴェルファイア
  • ヴォクシー
  • シエンタ
  • ノア
  • ラクティス - 日本の車いす仕様車初の型式指定車(タイプI・助手席側リアシート付)。

自操タイプ編集

フレンドマチック取付用専用車
手動運転補助装置は設定されていないため、自分の好みの手動運転装置が取り付けられるタイプ。架装のベース車両として購入される。軽い操作力で動かせるパワーステアリングや専用のシートなどが設定されている。また、車いすからの移動や格納を車いす使用者が独力で可能にする各種アシスト機能(ウェルライド・ウェルキャリー)が用意されているものも有る。
  • アリオン
  • プリウス
  • プレミオ
  • アクア
  • ヴィッツ
  • ラクティス
  • カローラフィールダー
  • プリウスα
  • アルファード
  • WISH
  • ヴェルファイア
  • ヴォクシー
  • エスティマ
  • シエンタ
  • ノア

展示場編集

ハートフルプラザ編集

ウェルキャブ車専用の展示場。全国10ヶ所に専用の展示場があり、常に10台以上の福祉車両車が展示されていて体感できる。また、カスタマイズの相談もしている。

ウェルキャブステーション編集

全国のトヨタ販売店が福祉車両を充実させた展示場のこと。バリアフリーを導入した展示場で、商品知識が豊富なスタッフがいる。

その他編集

MEGAWEBアムラックス、トヨタウェルモール、第44回東京モーターショーなどでも展示している。

外部リンク編集