メインメニューを開く

エドウィン・イファニー

カメルーンのサッカー選手

エドウィン・イファニーEdwin Ifeanyi, 1972年4月28日 - )は、カメルーン出身の元同国代表の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーフォワード

エドウィン・イファニー Football pictogram.svg
名前
本名 エドウィン・イファニー
愛称 エド
ラテン文字 Edwin Ifeanyi
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1972-04-28) 1972年4月28日(46歳)
出身地 カメルーン
身長 178cm[1]
体重 72kg[1]
選手情報
ポジション MF[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
プレヴォヤンス・ヤウンデ
スメンニル
1995-1997 東京ガス 72 (16)
1998 ヴェルディ川崎 2 (0)
1999 大宮アルディージャ 10 (0)
1999 大分トリニータ 18 (1)
2000 モンテディオ山形 32 (3)
2004 バフーサム
2005 MCFC
代表歴
1992-1994 カメルーンの旗 カメルーン 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

1995年に訪日し、ジャパンフットボールリーグを戦う東京ガスサッカー部(現・FC東京)に入団。この時点では、後にJリーグで大活躍するパトリック・エムボマの訪日前でもあり、日本では珍しいカメルーン人プレイヤーとして注目された。左右のサイドハーフやトップ下に入り、攻撃的MFとして運動量とチャンスメイクで貢献[2]。ほぼ通年で出場し安定した活躍を見せた。1997年末の天皇杯ベスト4入りを最後に「カメルーン代表に復帰するため」[3] チームを離れた。

1998年、Jリーグ・ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)へ移籍。しかし層が厚いV川崎では出場機会に恵まれず、これ以後J2のチームを渡り歩いた。1999年には大宮アルディージャの背番号10を託され、序盤はトップ下に配されていたが、故障もあってシーズン途中でJ1昇格を古巣のFC東京と争う大分トリニータへと移籍。最後の最後にJ1昇格を逃すという目まぐるしい1年を過ごした。2000年のモンテディオ山形でのプレー[1] を最後に離日。フランクかつ真面目な好漢であり、ファンに親しまれた。エドウィンの日本でのプレー期間中に兄弟も日本に居住し、日本で料理店を開店している。

その後カメルーンへ戻り、2004年はラシン・クラブ・バフーサム[4]、2005年はマウント・カメルーンFC[5] に所属していた。

代表編集

1992年7月11日、南アフリカ代表との親善試合でカメルーン代表デビューを果たした[6]。1994年5月3日、韓国代表戦で2キャップ目を記録[7]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 東京ガス 28 旧JFL 15 1 - 0 0 15 1
1996 29 7 - 3 2 32 9
1997 12 28 8 - 5 1 33 9
1998 V川崎 14 J 2 0 3 0 0 0 5 0
1999 大宮 10 J2 10 0 2 0 - 12 0
大分 14 18 1 - 0 0 18 1
2000 山形 11 32 3 - 1 3 33 6
通算 日本 J1 2 0 3 0 0 0 5 0
日本 J2 60 4 2 0 1 3 63 7
日本 旧JFL 72 16 - 8 3 80 19
総通算 134 20 5 0 9 6 148 26


カメルーン代表国際Aマッチ
出場得点
1992 1 0
1993 0 0
1994 1 0
通算 2 0

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f エドウィン選手獲得について - ウェイバックマシン(2000年12月13日アーカイブ分) モンテディオ山形 (2001年4月11日)
  2. ^ 荒川裕治『FC東京の挑戦』小学館、2001年、80頁。
  3. ^ 荒川裕治『FC東京の挑戦』小学館、2001年、115頁。
  4. ^ Cameroon 2004
  5. ^ Mount Cameroon F.C Will Go For African Titles - President
  6. ^ South Africa - International Matches 1992-1995
  7. ^ 1994 MATCHES

外部リンク編集