エラノス会議(エラノスかいぎ、Eranos)は、宗教学神話学深層心理学神秘主義などをめぐり、東西の研究者が参集して開いた学際的会議の名称である。人間精神性を中心の問題とし、開催地と主題との関係もあって、カール・グスタフ・ユングの思想と学説(分析心理学)が大きな流れを主導した。

概説編集

「エラノス」という名前は古典ギリシア語の晩餐会に由来し、これは幾人かの客たちが自前で食べ物を持ってきて、互いに頒ち合い、食卓を囲んで談笑しあう会食を意味する。1933年にオランダ系イギリス人女性の神秘家・オルガ・フレーベ・カプタイン (Olga Froebe-Kapteyn) によってこのグループが設立された。それ以来スイスアスコナ近くのマッジョーレ湖岸にある彼女が私有する屋敷で毎年会議が開催された。60年以上の間、このイベントは異なる知の領域からなるざまな思想家たちが人間精神に関するさまざまな事柄を討議するための接点として貢献した。

各々の大会は8日にわたって行われるが、その間、すべての参加者は食事、睡眠、生活をともにすることによって、議論の雰囲気は促進され、相互理解が深まる。毎年、新しいテーマに取り組み、各々の思想家が主題についての2時間の講義を行い、このアイデアの晩餐会への彼(女)の貢献によって、参加している多種多様な思想家は生産的で知的な談話に移っていく。

エラノス会議の起源編集

Froebe-Kapteynは、著名なドイツの宗教史研究家ルドルフ・オットーの提案によりこのグループを設立した。Froebe-Kapteynは、円卓会議のオランダの愛好家であり、初期には、スピリチュアリストがこの会議の発足に関係していた。エラノスは精神の起源の問題に関心があった。最初のテーマ『東と西のヨガと瞑想』は、1930年代初期において実際に先駆的なテーマであった。エラノスはその設立初期において本質的にカール・ユングの思想と関連するようになった。ユングはエラノスの正規参加者だったので、彼の神話元型の概念はエラノスの基礎理論となった。

参考文献編集

  • 『エラノスへの招待 回想と資料 エラノス叢書 別巻』、桂芳樹 ほか訳、平凡社、1995.11。ISBN 4-582-73332-8
    マーティン・グリーン、アドルフ・ポルトマン、R. リッツェマ、井筒俊彦、上田閑照、河合隼雄、高山宏、種村季弘 ほか

関連項目編集

参加者編集

関連事項編集

外部リンク編集