エンジェルツアーハッピークイズ

エンジェルツアーハッピークイズ』は、1988年から2000年3月まで山陰中央テレビ岡山放送テレビ新広島テレビ山口の4局で放送されたテレビ新広島製作のクイズ番組である。中国電力の一社提供。後に『エネルギアの旅ハッピークイズ』→『おもしろ学園ハッピークイズ』と改題した。

目次

概要編集

それまでテレビ新広島で金曜の夜(他局では別の時間帯)に放送されていた『クイズクロス5』の後番組として放送開始。ただし、放送日時は日曜午前に変更された。

この番組は原則として、中国地方各地を番組用に作ったバス(芸陽バス)で巡り、そこでクイズやゲームをして楽しむという形式で進行。初期には日本テレビの『アメリカ横断ウルトラクイズ』のようにクイズに間違うと失格になり、敗者復活戦に勝たない限り、それ以降のクイズに参加できないシステムだった。ただし、『アメリカ横断ウルトラクイズ』のように現地に置き去りにされることはなく、勝利者と一緒に最終目的地まで連れて行ってもらえた。後に3人1組のチーム制になり、合計得点で優勝を選ぶシステムになり、全員が決勝戦まで進めるようになった。

収録は基本的に中国電力の電力が送られているエリアで行われており、中国5県のほかに、香川県小豆島与島愛媛県大三島のような中国電力が配電している瀬戸内海の島でもロケが行われていた。『おもしろ学園ハッピークイズ』時代になると、中国電力のエリア外である香川県本土や愛媛県本土、さらには兵庫県高知県福岡県でも収録が行われていた。

山陰中央テレビ・岡山放送・テレビ新広島の3局ではこの番組が放送されていた関係で、『東映不思議コメディーシリーズ』およびその後継のアニメ番組は時差ネット(放送時間は各局により異なる)もしくは未放送となった。

番組は2000年3月をもって12年間の歴史に幕を下ろしたが、その後も中国電力提供のテレビ新広島製作ブロックネット番組は『ラピュタ伝説』→『みんなの挑戦物語』→『人気もん!』→『そ〜だったのかンパニー』と脈々と続いている。なお、山口県でのネット状況に関しては、『人気もん!』放送時に編成上の都合からネット局が山口放送に変更されたこともあるが、基本的にはテレビ山口がネット局になっている。

司会編集

題名変遷について編集

  • エンジェルツアーハッピークイズ(1988年4月 - 1990年3月)
  • エネルギアの旅ハッピークイズ(1990年4月 - 1996年3月)
  • おもしろ学園ハッピークイズ(1996年4月 - 2000年3月)

放送局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
広島県 テレビ新広島 フジテレビ系列 日曜 09:00 - 09:30 製作局
島根県鳥取県 山陰中央テレビ 同時ネット
岡山県香川県 岡山放送
山口県 テレビ山口 TBS系列 日曜 11:00 - 11:30

備考編集

CMは中国電力のほか、ますやみそ福留ハムなどがスポンサードネットで15秒間のヒッチハイクを流していた。

関連項目編集

テレビ新広島 中国電力提供枠・中国地方ブロック枠
前番組 番組名 次番組
ハッピークイズシリーズ
テレビ新広島 日曜9時台前半枠
不明
ハッピークイズシリーズ
ラピュタ伝説