メインメニューを開く

カルロス・ゴメス (野球)

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴメス第二姓(母方の)はペーニャです。

カルロス・アルヘリス・ゴメス・ペーニャCarlos Argelis Gómez Peña, 1985年12月4日 - )は、ドミニカ共和国サンティアゴ州出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ傘下所属。

カルロス・ゴメス
Carlos Gómez
ニューヨーク・メッツ (マイナー)
Carlos Gomez With the Tampa Bay Rays in 2018.jpg
タンパベイ・レイズ時代
(2018年4月3日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンティアゴ州
生年月日 (1985-12-04) 1985年12月4日(34歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 アマチュアFA
初出場 2007年5月13日
年俸 $4,000,000 (2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称は、姓名を略して「カーゴ/CarGo」、またはスピード感あふれるプレー・スタイルから「ゴーゴー」とも呼ばれている[2]。代理人はスコット・ボラス

経歴編集

プロ入りとメッツ時代編集

 
ニューヨーク・メッツ時代
(2007年3月11日)

2002年7月27日、ドラフト外(アマチュアフリーエージェント)でニューヨーク・メッツとの契約が成立。

2003年、1年目は傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・メッツに所属し、58試合に出場[3]

2005年は、A級ヘイガーズタウン・サンズ英語版において120試合に出場して、打率.275・出塁率.331・64盗塁を記録。A級両リーグ最多、マイナー全体でも2位という盗塁数を叩き出し、一躍脚光を浴びる(1位はトッド・ドノバンの65個[4])。サウス・アトランティックリーグのオールスターに出場した他、メッツのファーム組織内最優秀選手を称えるスターリング賞に輝いた[3][5]。11月11日、メッツ内の有望株リストで6位にランクされ、ファステスト・ベースランナーとベスト・アウトフィールド・アームの2部門に選定[6]

2006年はAA級ビンガムトン・メッツで120試合に出場の上、打率.281、出塁率.350、41盗塁。翌2007年1月8日にメッツ内の有望株リストで3位にランクされ、ファステスト・ベースランナーとベスト・アスリート、ベスト・ディフェンシブ・アウトフィルダーとベスト・アウトフィールド・アームの4部門に選定されるなど[7]、着実に進歩・成長を遂げる。

2007年はAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで36試合に出場して、リーグ1位の17盗塁を記録すると、5月13日にメジャー初昇格を果たし[8]、同日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で「八番右翼手」として先発出場し、クリス・カプアーノからキャリア初安打となる二塁打を放つなど、4打数2安打1盗塁2得点の好結果でデビュー戦を飾った。6月10日のデトロイト・タイガース戦では、ジェイソン・グリーリから初本塁打となる3点本塁打を記録し、16日と24日には1試合3安打を放っている[8][9]。その後、左手を骨折して7月5日から9月7日まで故障者リスト入りし、56試合を休場[8][10]。アクシデントに見舞われたものの、主に八・九番打者として58試合に出場し[9]、新人としてはリーグ2位[11]の12盗塁(成功率80%)を記録するなど経験を積んだ。11月9日、前年に引き続きメッツ内の有望株リストで3位に入り、ファステスト・ベースランナー、ベスト・アスリート、ベスト・ディフェンシブ・アウトフィルダー、ベスト・アウトフィールド・アームの4部門に選定[12]

ツインズ時代編集

 
ミネソタ・ツインズ時代
(2009年5月7日)

2008年2月3日にヨハン・サンタナとのトレードで、フィリップ・ハンバーデオリス・ゲラケビン・マルベイ英語版と共にミネソタ・ツインズへ移籍した。

開幕戦から一番中堅手として先発出場を果たし、開幕後10試合中9試合で安打を放ち、マルチヒット4回(3安打1回)、5盗塁と好調なスタートを切った[13]。しかし12試合目で出塁率が2割台に落ち込み、その後も低調な成績が続き、7月22日からはもっぱら九番を務めることが多くなった[13]。閉幕間際の9月9日から14日にかけては6試合連続打点を挙げ、特に13日のダブルヘッダーでは合計6打点を叩き出し、週間MVPを受賞している[14]。この年は初めて規定打席に到達し、レギュラーの座を確保したものの、出塁率はリーグ・ワースト2位、OPSは同3位と課題を残した[14]。その一方、バント安打数(30)は両リーグ1位[15]、内野安打数(18[16])と三塁打数(7)はリーグ6位、盗塁数(33)は同7位[17]プラス・マイナス・システム(+32)[18]はいずれも中堅手部門両リーグ1位と、マイナー時代から定評のある俊足ぶりを発揮[19]

2009年も137試合に出場したが、打率は自身最低の.229という数字に留まり、3本塁打、28打点、14盗塁はいずれも2008年よりも少ない数字であった。一方、前年に高い能力を示した守備面では、レンジファクターが3.18でメジャーリーグ全体2位に位置する[20]を記録した。

ブルワーズ時代編集

 
ミルウォーキー・ブルワーズ時代
(2014年8月1日)

2009年11月6日にJ.J.ハーディとのトレードで、ブルワーズへ移籍した[21]

2010年1月19日にブルワーズと110万ドルの1年契約に合意[22]。出場試合数は97試合で3年ぶりに100試合を下回った。打撃面では打率.247・5本塁打・24打点という成績を記録した。走塁面では高い盗塁成功率で18盗塁を決めた(盗塁成功率85.7%)。

2011年、2年連続での90試合台となる94試合に出場。打率は.225まで低下してしまった。しかし走塁面では16盗塁ながら88.9%という高い成功率であった。2010年との2年間で、34盗塁を決めた。

2012年1月10日にブルワーズと1年契約に合意[23]。3年ぶりとなる137試合に出場した。打率.260、19本塁打、51打点という打撃成績を記録し、打率と本塁打は自己最高の数値だった。また打率の上昇も手伝い、出塁率は自身初の.300超えとなった。走塁面でも自己最多の37盗塁を記録。

2013年1月17日にブルワーズと430万ドルの1年契約に合意し[24]、3月13日に総額2400万ドルの3年契約を結んだ[25][26]。この年は実に自身5年ぶりに規定打席到達し、打率.284、24本塁打、73打点、40盗塁はいずれも自己最高となる成績。盗塁はリーグ4位、三塁打(10本)はリーグ2位。20本塁打と40盗塁を同時に達成したのは、ブルワーズの選手としては史上初であった[27]

2014年、148試合に出場し、いずれも前年と同数値の打率.284・73打点に加え、2年連続で20本塁打と30盗塁の好成績だった。

2015年、引き続き中堅手のレギュラーを務めたが、過去2シーズンほどの勢いは見られず、74試合の出場で打率.262、8本塁打、43打点という打撃成績に留まった。

アストロズ時代編集

 
ヒューストン・アストロズ時代
(2015年8月25日)

2015年7月30日にドミンゴ・サンタナブレット・フィリップスジョシュ・ヘイダーエイドリアン・ハウザーとのトレードで、マイク・ファイヤーズと共にヒューストン・アストロズへ移籍した。

移籍後は41試合に出場して打率.242、4本塁打、13打点という成績に終わった。一方で走塁面では調子を取り戻し、成功率77%で10盗塁を決めた。守備面での調子も上がり、守備率.990・DRS + 4という安定した成績を残した。ブルワーズとの通算では115試合に出場して打率.255、12本塁打、56打点、17盗塁を記録した。

2016年8月10日に戦力外となり[28]、18日に自由契約となった[29]。85試合の出場で、打率.210、5本塁打、29打点、13盗塁に留まった。

レンジャーズ時代編集

 
テキサス・レンジャーズ時代
(2017年7月18日)

2016年8月20日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ配属された[30]。8月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[29]。レンジャーズ合流後は33試合に出場し、打撃面で調子を取り戻して打率.284、8本塁打、24打点、5盗塁という素晴らしい成績を記録した。2球団合計で118試合に出場し、アストロズ時代の不振が響いて打率.231、13本塁打、53打点、18盗塁だった。ただ、2桁本塁打と2桁盗塁の同時記録は5年連続で継続した。

2017年4月29日のロサンゼルス・エンゼルス戦で2008年5月7日以来自身2度目のサイクル安打を記録した[31]。レンジャーズの選手としては史上10人目[32]。オフの11月2日にFAとなった[33]

レイズ時代編集

2018年2月21日にタンパベイ・レイズと年俸400万ドルで契約に合意し[34]、3月3日に正式に契約を結んだ[35]。この年は118試合に出場して打率.208、9本塁打、32打点、12盗塁を記録した。オフの10月29日にFAとなった[29]

メッツ復帰編集

2019年3月7日にメッツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[36]。開幕は傘下のAAA級シラキュース・メッツ[37]で迎え、5月13日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[38]。6月29日に戦力外となり[39]、7月1日にマイナー契約でAAA級シラキュースへ配属された[29]

選手としての特徴編集

 
打席でのゴメス

2013年に24本塁打・40盗塁ゴールドグラブ賞を同時に記録するなど、走攻守が揃う5ツールプレイヤー。しかし、拙いコンタクトと三振数の多さ、四球を選べない選球眼の甘さと低水準な出塁率など、課題が山積している。「打席内ではよりセレクティブなアプローチが必要だ」と指摘する声も多い[2][10][19][40][41][42][43][44]。俊足を生かして守備範囲が広く、デビューから2018年までに13回の本塁打強奪キャッチを記録したが、これは直近15年間ではMLBで最多であった[45]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2007 NYM 58 139 125 14 29 3 0 2 38 12 12 3 0 3 8 2 3 27 0 .232 .288 .304 .592
2008 MIN 153 614 577 79 149 24 7 7 208 59 33 11 3 2 25 0 7 142 7 .258 .296 .360 .657
2009 137 349 315 51 72 15 5 3 106 28 14 7 7 1 22 0 4 72 1 .229 .287 .337 .623
2010 MIL 97 318 291 38 72 11 3 5 104 24 18 3 6 0 17 1 4 72 10 .247 .298 .357 .655
2011 94 258 231 37 52 11 3 8 93 24 16 2 8 2 15 0 2 64 2 .225 .276 .403 .679
2012 137 452 415 72 108 19 4 19 192 51 37 6 6 3 20 1 8 98 6 .260 .305 .463 .768
2013 147 590 536 80 152 27 10 24 271 73 40 7 1 6 37 2 10 146 11 .284 .338 .506 .843
2014 148 644 574 95 163 34 4 23 274 73 34 12 1 3 47 0 19 141 10 .284 .356 .477 .833
2015 74 314 286 42 75 20 1 8 121 43 7 6 0 0 23 0 5 70 4 .262 .328 .423 .751
HOU 41 163 149 19 36 9 0 4 57 13 10 3 3 1 8 1 2 31 1 .242 .288 .383 .670
'15計 115 477 435 61 111 29 1 12 178 56 17 9 3 1 31 1 7 101 5 .255 .314 .409 .724
2016 85 323 295 27 62 16 1 5 95 29 13 2 3 0 21 2 4 100 11 .210 .272 .322 .594
TEX 33 130 116 18 33 6 0 8 63 24 5 3 0 0 13 0 1 36 0 .284 .362 .543 .905
'16計 118 453 411 45 95 22 1 13 158 53 18 5 3 0 34 2 5 136 11 .231 .298 .384 .682
2017 105 426 368 51 94 23 1 17 170 51 13 5 3 5 31 0 19 127 3 .255 .340 .462 .802
2018 TB 118 408 360 42 75 15 2 9 121 32 12 3 2 0 25 0 21 103 6 .208 .298 .336 .634
MLB:11年 1427 5128 4638 665 1172 233 41 142 1913 536 264 73 43 26 312 9 109 1229 72 .253 .313 .412 .726
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF) 二塁(2B)
















































2007 NYM 4 4 0 0 0 1.000 27 46 2 1 1 .980 22 35 1 2 0 .947 -
2008 MIN 151 436 9 8 4 .982 - - -
2009 1332 297 3 1 0 .997 - - -
2010 MIL 75 152 2 5 0 .969 5 2 0 0 0 1.000 2 3 0 0 0 1.000 -
2011 87 183 5 0 1 1.000 - - -
2012 128 255 9 5 4 .981 - - -
2013 145 391 12 5 2 .988 - - -
2014 145 355 7 5 2 .986 - - -
2015 72 172 2 6 1 .967 - - 1 0 0 0 0 .---
HOU 39 97 3 1 2 .990 - - -
'15計 111 269 5 7 3 .975 - - 1 0 0 0 0 .---
2016 78 157 7 1 1 .994 - - -
TEX 7 8 0 0 0 1.000 28 53 0 0 0 1.000 6 7 0 1 0 .875 -
'16計 85 165 7 1 1 .994 28 53 0 0 0 1.000 6 7 0 1 0 .875 -
2017 102 229 5 4 1 .983 - - -
2018 TB 4 10 0 0 0 1.000 - 100 191 5 7 2 .966 1 0 0 0 0 .---
通算 1191 2781 65 42 18 .985 73 110 3 1 1 .991 137 250 6 10 2 .962 2 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 27(2007年、2010年 - 2015年途中、2018年)
  • 22(2008年 - 2009年)
  • 30(2015年途中 - 2016年途中)
  • 14(2016年途中 - 2017年)
  • 91(2019年)

脚注編集

  1. ^ Carlos Gomez Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 出野哲也「2008後半戦 チーム別総点検 ミネソタ・ツインズ」『月刊スラッガー No.125 , 2008年9月号』日本スポーツ企画出版社、41頁。
  3. ^ a b Highlights:2003,2004,2005” (英語). MiLB.com. 2008年3月19日閲覧。
  4. ^ 2005 Batting Leaders for Stolen Bases” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年1月27日閲覧。
  5. ^ 2005 Career Highlights:” (英語). twinsbaseball.com. 2009年1月27日閲覧。
  6. ^ Matt Meyers (2005年11月11日). “Top Ten Prospects: New York Mets, Best Tools” (英語). baseball america.com. 2008年3月19日閲覧。
  7. ^ Matt Meyers (2007年1月8日). “Top 10 Prospects: New York Mets, Best Tools” (英語). baseball america.com. 2008年3月19日閲覧。
  8. ^ a b c 2007 Career Highlights:” (英語). twinsbaseball.com. 2009年1月27日閲覧。
  9. ^ a b Carlos Gomez 2007 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2009年1月27日閲覧。
  10. ^ a b Carlos Gomez - Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensions” (英語). sportsnet.ca. 2008年3月19日閲覧。
  11. ^ MLB Player Batting Stats: 2007” (英語). ESPN. 2009年1月28日閲覧。
  12. ^ John Manuel (2007年11月9日). “Top 10 Prospects: New York Mets, Best Tools” (英語). Baseball America. 2008年3月19日閲覧。
  13. ^ a b Carlos Gomez 2008 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2009年1月28日閲覧。
  14. ^ a b スラッガー編集部 「2008 500人の通信簿 - Player of the Week winners/週間MVP受賞者」『月刊スラッガー No.128 , 2008年12月号』日本スポーツ企画出版社、53頁。
  15. ^ Major League Leaderboards ≫ 2008 ≫ Batters ≫ Batted Ball Statistics” (英語). FanGraphs. 2009年1月28日閲覧。※BUH(bunt hit、バント・ヒット)をクリック。
  16. ^ American League Leaderboards ≫ 2008 ≫ Batters ≫ Batted Ball Statistics” (英語). FanGraphs. 2009年1月28日閲覧。※IFH(infield hit、内野安打)をクリック。
  17. ^ MLB Player Fielding Stats: 2008” (英語). ESPN. 2009年1月28日閲覧。
  18. ^ 2008 Plus/Minus Leaders” (英語). Fielding Bible. 2009年1月28日閲覧。
  19. ^ a b スラッガー編集部 「守備力の新基準 - Fielding Bible 2008 /ゴールド・グラブはもう古い」『月刊スラッガー No.130 , 2009年2月号』日本スポーツ企画出版社、40-42頁。
  20. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、362頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  21. ^ “Brewers acquire outfielder Carlos Gomez from Twins” (プレスリリース), MLB.com (Milwaukee Brewers), (2009年11月6日), http://milwaukee.brewers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20091106&content_id=7631226&vkey=pr_mil&fext=.jsp&c_id=mil 2014年7月27日閲覧。 
  22. ^ Adam McCalvy (2010年1月19日). “Weeks, Gomez agree to deals with Crew”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。
  23. ^ Adam McCalvy (2012年1月10日). “Gomez back in Milwaukee on one-year deal”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。
  24. ^ Adam McCalvy (2013年1月17日). “Brewers, Gomez avoid arbitration with one-year deal”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。
  25. ^ “Brewers sign outfielder Carlos Gomez to a three-year extension” (プレスリリース), MLB.com (Milwaukee Brewers), (2013年3月13日), http://milwaukee.brewers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130313&content_id=42699834&vkey=pr_mil&c_id=mil 2014年7月27日閲覧。 
  26. ^ Adam McCalvy (2013年3月13日). “Brewers, Gomez agree on three-year extension”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。
  27. ^ 出野哲也、「2013年"準MVP"10人」『月刊スラッガー』2013年12月号、雑誌15509-12、13頁
  28. ^ Jake Kaplan (2016年8月10日). “Astros cut ties with Carlos Gomez”. Houston Chronicle. 2016年8月19日閲覧。
  29. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年7月1日閲覧。
  30. ^ Carlos Gomez to Rangers: Latest Contract Details, Comments, Reaction”. Bleacher Report (2016年8月25日). 2016年8月20日閲覧。
  31. ^ ゴメス、自身2度目のサイクル達成 ダル3勝目を援護”. スポニチアネックス (2017年4月30日). 2017年4月30日閲覧。
  32. ^ Gomez's cycle backs hard-working Darvish” (英語). MLB.com (2017年4月29日). 2017年5月2日閲覧。
  33. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2018年3月6日閲覧。
  34. ^ FA市場の外野2選手が契約 C・ゴメスはレイズ ラスマスはオリオールズとマイナー契約”. スポーツニッポン新聞社 (2018年2月22日). 2018年3月6日閲覧。
  35. ^ Bill Chastain (2018年3月3日). “Gomez signing official; Rays DFA Schimpf” (英語). MLB.com. 2018年3月6日閲覧。
  36. ^ Dan Martin (2019年3月8日). “Carlos Gomez: It’s a ‘dream’ to be back with the Mets” (英語). NY post. 2019年3月11日閲覧。
  37. ^ 2019年にシラキュース・チーフスより球団名変更及びメッツ傘下
  38. ^ Christina De Nicola (2019年5月17日). “Full circle: Carlos Gomez rejoins Mets” (英語). MLB.com. 2019年5月18日閲覧。
  39. ^ Anthony DiComo (2019年6月30日). “Mets designate Gomez as Syndergaard returns” (英語). MLB.com. 2019年7月1日閲覧。
  40. ^ Carlos Gomez - Pecota” (英語). baseball prospectus.com. 2008年3月19日閲覧。
  41. ^ 津川晋一 「2008 MLB選手名鑑 ミネソタ・ツインズ」『月刊スラッガー No.120 , 2008年4月号』日本スポーツ企画出版社、42-43頁。
  42. ^ 大富真一郎 「アメリカン・リーグの新人王候補」『月刊メジャー・リーグ 2008年5月号』ベースボール・マガジン社、40-41頁。
  43. ^ Kevin Goldstein (2006年12月14日). “Future Shock: New York Mets Top Ten Prospects” (英語). Baseball Prospectus. 2009年1月28日閲覧。
  44. ^ 2007 Top Prospects - NL East” (英語). Minor League Baseball. 2009年1月28日閲覧。
  45. ^ イチローは10回で3位 米メディアが最近15年の本塁打"強奪"ランキング発表”. Full-Count (2018年4月6日). 2019年5月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集