カレーの王様(カレーのおうさま)とは、株式会社プラスゲートジャパン(大阪市)が運営する、カレーライス店のフランチャイズチェーンである。元はエスビー食品の完全子会社(株式会社エスビーカレーの王様)で[1]2012年4月1日にエスビー食品より事業譲渡を受けた。

概要編集

1973年に、エスビー食品のアンテナショップとして銀座で創業した。創業当初には、当時肉類が高価だったためチキンボールを入れた「王様カレー」という人気商品があった[2]

エスビーが運営していた当時は首都圏各所、並びに愛知県新城パーキングエリア)、三重県亀山パーキングエリア)、兵庫県権現湖パーキングエリア)の高速道路パーキングエリア内の合計11箇所に店舗を展開していた。

エスビーが『カレーの王様』の経営をプラスゲートに譲渡して撤退してからは規模が縮小。2012年5月までにPA内の全店舗が閉鎖され、東京都内の市ヶ谷青山西新宿後楽園大手町の5箇所のみが継続して運営するようになった。2014年2月に浅草橋店がオープン、2014年4月1日にオリナス錦糸町店(フードコート内)がオープンしたが、2015年10月に両店とも閉店した。その後、青山店、大手町店も閉店し、現在は市ヶ谷、西新宿、後楽園の3店舗で営業している。

エスビー食品のカレールー・レトルトカレーのブランドに「カレーの王子さま」があるが、こちらは1983年からの発売で[3]、店名が同ブランドにあやかったというのは誤りである。

現在のメニューは、公式サイトを参照のこと。

脚注編集

出典

外部リンク編集