メインメニューを開く

ガンフロンティア』(GUN FRONTIER、海外名"Gun & Frontier")は、1990年タイトーが制作・稼働したアーケード用ジャンルは縦スクロールシューティングゲームである[1]

ガンフロンティア
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 タイトー
発売元 タイトー
プロデューサー 仙波隆綱
デザイナー 仙波隆綱
堀崇真
小川貴之
黒木尚也
BRODY TADASHI
永井寛保
渡部恭久
プログラマー 堀崇真
黒木尚也
音楽 福森秀敏
美術 仙波隆綱
小川貴之
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
稼働時期 日本 1991011991年1月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
システム基板 F2システム
CPU MC68000 (@ 12 MHz)
サウンド Z80 (@ 4 MHz)
YM2610 (@ 8 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
320×224ピクセル
60.00Hz
パレット4096色
テンプレートを表示

自機「デスペラード」を操作し、宇宙海賊「ワイルドリザード」を倒すのを目的としている。

後に日本国内では、セガサターン用ソフト『アーケードギアーズ Vol.2 ガンフロンティア』(1997年)として移植された他、PlayStation 2用ソフト『タイトーメモリーズ 下巻』(2005年)に収録された。北米および欧州ではPlayStation 2ならびにXboxWindows用ソフト『Taito Legends 2』(2006年)に収録された。

アーケード版はゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第5回ゲーメスト大賞」(1991年度)において、大賞7位、ベストシューティング賞5位、ベスト演出賞5位、ベストグラフィック賞3位、ベストVGM賞8位、編集部特別賞を獲得した。

目次

概要編集

本作は、その演出面において現在でも特に評価が高い。当時のシューティングゲームとしては珍しかったストーリー性、西部開拓時代を彷彿とさせる舞台設定、リボルバー拳銃をモチーフにしたメカニックデザインといった独特の世界観が展開されている。またゲーム中においても、印象的なBGM効果音に加えて、各ステージボスの派手な登場・撃破シーンなど、数々の意欲的かつ斬新な演出が盛り込まれていた。これらが後続に与えた影響は非常に大きく、本作で用いられた手法は、その後の様々な作品において窺うことができる。特に1996年ライジングが発表した『バトルガレッガ』は、製作者が「ガンフロンティアのようなゲームを作りたかった」と公言している通り、本作のオマージュと言える外見の作品となっている[2]。また、本作における弾丸をかたどった棒状の敵弾は、その進行方向が直感的に判別しやすいため、後の弾幕系シューティングにおいて「針弾」として多く採用されている。

1990年当時の作品としては弾幕が厚くかつ当たり判定が大きく、またショットの同時発射数に制限があることや、様々な要因でランクが上昇していくシステムなどから、ゲームとしての難易度はかなり高かった。

ゲーム内容編集

  • 8方向レバー(移動)と2ボタン(ショット、ボム)を用いて自機を操作する。エネルギーなしの残機制、二人同時プレイ可能、全6ステージ×1周。
  • ショットは、特定の敵を倒すと出現するアイテムを5つ集める毎に1段階ずつ、第6段階までパワーアップする。また、画面内に同時に存在できるショットの数が限られている。
  • ボムは、地上物を破壊すると出現する金塊を25個集める毎に1個追加され、最高5個までストックできる。金塊が25個集められていない時点でもボムを発射することは可能だが、威力や射程距離は著しく低下する。発射すると、まず自機前方に向かって衝撃波が高速で飛んだ後、それに続いて衝撃波の進路に沿って爆風が走り、敵を破壊する。衝撃波の進路はプレイヤーの手で操作できるため(レバー入力と逆方向に進行)、緊急回避としてだけでなく、攻撃の手段として戦略的にボムを使うことも可能になっている。
  • 本作ではショットの連射速度やスコア等、プレイ内容に応じて内部ランク(難易度)が上昇する様になっている。尚、プレイヤーの間では長らく「自機の発射したショットが命中せず画面外に出るとランクが上昇する」と言われてきたが、これに関しては後にスタッフが否定している[3]
  • 最終面は実質ボーナスステージの扱いでありボス戦までは自機は無敵状態。なお最終面開始前に残機、ボムは没収されボーナス点に精算される。
  • 最終ボス戦は通常戦闘とは違い、6発の弾数制限の下で一対一の決闘となっている。これに敗北すると、強制的にバッドエンディングに突入する[4]

ストーリー編集

22世紀初頭、宇宙開拓時代を迎えた人類は、ゴールドラッシュの流れに乗って、辺境の惑星へ次々と移民していった。そんな開拓惑星のひとつグロリアでは、開拓団の人々が夢と希望に胸を膨らませながら平和に暮らしていた。しかしそんなある日、宇宙海賊ワイルドリザードが大軍団を引き連れて突如襲来。多くの住民が殺害され、残った人間も奴隷として過酷な生活を強いられていった。

そして時は西暦2120年。荒れ果てたグロリアの空に、二機の戦闘機が降り立った。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 アーケードギアーズ Vol.2
ガンフロンティア
  199709251997年9月25日
セガサターン GOO! エクシング CD-ROM T-26109G -
2 タイトーメモリーズ 下巻   200508252005年8月25日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-66092 -
3 Taito Legends 2   200603312006年3月31日
PS2:  200705162007年5月16日
Win:  200707282007年7月28日
PlayStation 2
Xbox
Windows
タイトー   Empire Interactive
  Destineer
DVD-ROM PS2
  SLES-53852
  SLUS-21349
- Xbox版は欧州のみの発売
4 タイトーメモリーズ 下巻
TAITO BEST
  200609072006年9月7日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM TCPS-10164 - 廉価版
5 タイトーメモリーズ 下巻
エターナルヒッツ
  200706282007年6月28日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-66776 - 廉価版
セガサターン版
  • 1997年9月25日、「アーケードギアーズ」シリーズの一作として、エクシングエンタテイメントよりセガサターン移植された。『ゲーメスト』が編集した攻略冊子『ゲーメストギアーズ』が付属している。原作と食い違う部分が多々見られ、完全移植とは言い難い内容であり、移植を担当した中心人物である藤野俊昭もこれを認めている[5]。これに関して、隠しボーナス等の隠し要素に関してはその存在をタイトーから一切知らされなかったので移植できなかったとの事である。
PlayStation 2版

音楽編集

スタッフロールに記載は無いが、BGM作曲は外注スタッフだった福森秀敏である。当時のタイトーでは守秘面から外注作曲者に製作中のゲーム画面を見せずに作曲作業を行わせていたが、その前例を壊し開発室のエレベーター前にダンボールでバリケードを作ってそこにゲーム筐体を置き、福森にプレイして貰った上で作曲を行なってもらったという。[2]

サウンドトラック
  • 1991年にはポニーキャニオン、サイトロンレーベルから『G.S.M.1500シリーズ ルナーク・ガンフロンティア』の音楽CDが発売されている。このCDのライナーノーツには当時『ゲーメスト』編集部に所属していた栗原桃郎の原稿が寄稿されている。

スタッフ編集

  • 原作、プロデュース:仙波隆綱
  • ゲーム・デザイン:仙波隆綱、堀崇真、小川貴之、黒木尚也、BRODY TADASHI、M&F NAGAI(永井寛保)、YACK(渡部恭久
  • アート・ディレクター:仙波隆綱、小川貴之
  • プログラマー:TARABAR(堀崇真)、黒木尚也
  • ハードウェア・デザイナー:真田敏之、BRODY TADASHI、たけだとみお
  • デコレーター:M&F NAGAI(永井寛保)
  • サウンド・ディレクター:YACK(渡部恭久)、OGR(小倉久佳
  • デディケイド:藤本克二郎

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通21/40点 (SS)[6]
Zero      (AC)[7]
SATURN FAN18.8/30点 (SS)[8]
受賞
媒体受賞
第5回ゲーメスト大賞大賞7位[9]
ベストシューティング賞5位[9]
ベスト演出賞5位[9]
ベストグラフィック賞3位[9]
ベストVGM賞8位[9]
年間ヒットゲーム34位[9]
編集部特別賞[9]
アーケード版

ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第5回ゲーメスト大賞」(1991年度)において、大賞7位、ベストシューティング賞5位、ベスト演出賞5位、ベストグラフィック賞3位、ベストVGM賞8位、年間ヒットゲーム34位、編集部特別賞を獲得した[9]。また、本作の音源含めたサウンドトラック『G.S.M.1500シリーズ ルナーク・ガンフロンティア』がベストアルバム賞7位を獲得した[9]

セガサターン版

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では合計21点(満40点)[6]、『SATURN FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.8点(満30点)となっている[8]

項目 キャラクタ 音楽 お買い得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.3 3.5 2.7 3.2 3.2 3.0 18.8

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ GAME Watch - タイトーメモリーズ 下巻
  2. ^ エンターブレイン月刊アルカディア』2011年12月号 88ページ
  3. ^ [1]
  4. ^ 2人プレイ時には2人別々にラスボスと戦い両方共勝利しなければならず、一方が負けるとバッドエンドとなる。
  5. ^ INH『THE SHOOTING LOVE トゥエルブスタッグ&トライジール』ブックレット
  6. ^ a b ガンフロンティア / アーケードギアーズ まとめ [セガサターン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2019年4月30日閲覧。
  7. ^ Gun Frontier for Arcade (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年4月30日閲覧。
  8. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 694頁、 ASIN B00J16900U
  9. ^ a b c d e f g h i 「ゲーメスト大賞11年史」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 16 - 17頁、 ISBN 9784881994290

関連項目編集

  • メタルブラック(1991年) - 「プロジェクトガンフロンティア」の第2作と銘打たれている。演出重視な点やダミーストーリーの繋がりはあるが、直接的なつながりはない。

外部リンク編集