メインメニューを開く

クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)

サザンオールスターズの34枚目シングル
サザンオールスターズ > サザンオールスターズのディスコグラフィ > クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)

クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)」(クリスマスラブ なみだのあとにはしろいゆきがふる)は、サザンオールスターズの34枚目のシングル1993年11月20日発売。発売元はタイシタレーベル

クリスマス・ラブ
(涙のあとには白い雪が降る)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『HAPPY!
B面 ゆけ!!力道山
リリース
規格 8cmCD('93,'98)
カセットテープ('93)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1993年8月 - 10月
猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(2週連続、オリコン
  • 1993年12月度月間3位(オリコン)
  • 1994年度年間52位(オリコン)
サザンオールスターズ シングル 年表
エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
(1993年)
クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)
(1993年)
マンピーのG★SPOT
1995年
HAPPY! 収録曲
東京サリーちゃん
(14)
クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)
(15)
Ya Ya (あの時代を忘れない)
(16)
テンプレートを表示

1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。

背景・制作編集

サザンオールスターズのシングル表題曲としては、初となるクリスマスを意識した作品になっている[2]

本作も引き続きベース関口和之が休養中のため、記名のみでレコーディングには不参加である。そのため本作では「クリスマス・ラブ」は根岸孝旨がサポートメンバーとして参加、「ゆけ!! 力道山」はミュージックシーケンサーによる打ち込みでベースを収録している。

小林武史とのタッグはサザンでは本曲が最後となり、活動再開後はセルフプロデュースへ戻り、桑田ソロにおいても後に発売されたアルバム『孤独の太陽』ではキーボードとしての参加のみとなる等、小林との関わりは少なくなる[3]

サザンとしては本作を最後に1985年以来2度目の活動休止となり、1995年の「マンピーのG★SPOT」まで約1年半の間桑田佳祐のみソロ活動に入る[4]

収録曲編集

  1. クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る) (5:51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    丸井「'93 ○|のクリスマス」キャンペーンCMソング
    レコーディングエンジニアなどの話によると、桑田はこの曲に対して「現代(制作当時)のレコーディング技術を使ってフィル・スペクターをやりたい」という意向で制作をしたが、苦労した挙句、「できないんだ!」という結論でレコーディングが終わったことが語られている[5][6]
    ミュージック・ビデオでは、函館市周辺(清水美砂が、朝市・赤レンガ倉庫群と旧市立函館病院前の坂を自転車で漕いでいる)が収録されている。
  2. ゆけ!! 力道山 (4:02)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 英語補作詞:Tommy Snyder 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    ファンクのバックアレンジに仕上がっており[7]力道山他、昭和30年代から40年代に活躍した日米のプロレスラーの実名やプロレスの技名が登場する。

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

※斜字は廃盤作品。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。

出典編集

  1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1993年12月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧
  2. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p150
  3. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p147-150,166-175,184
  4. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p62-63
  5. ^ SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] p49 – 52より。
  6. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p60
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p150

外部リンク編集