素敵なバーディー (NO NO BIRDY)

サザンオールスターズの33枚目シングル

素敵なバーディー (NO NO BIRDY)」(すてきなバーディー ノー・ノー・バーディー)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の33作目のシングルとして、タイシタレーベルから8cmCD1993年7月21日に発売された。

素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『HAPPY!
B面 遙かなる瞬間(とき)
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐(#1)
松田弘(#2)
プロデュース サザンオールスターズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1993年8月度月間5位(オリコン)
  • 1993年度年間56位(オリコン)
サザンオールスターズ シングル 年表
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA

涙のキッス
1992年
エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
(1993年)
クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)
(1993年)
HAPPY! 収録曲
HAIR
(6)
素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
(7)
悲しみはメリーゴーランド
(8)
テンプレートを表示

1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[2][3]

背景編集

前年に引き続き、に同日2枚のシングル発表となり、本作は「エロティカ・セブン」も同時発売である。

本作のタイトルはサブタイトルの「NO NO BIRDY」も含まれたものが正しい表記であり、この後収録された作品などでも省かれず表記されている。2000年バラードベストバラッド3 〜the album of LOVE〜』収録時には、「素敵なバーディー 〜No No Birdy〜」と表記されているが、「素敵なバーディー (NO NO BIRDY)」との表記が正しい。

制作編集

本作も引き続きベース関口和之が休養中のため、記名のみでレコーディングには不参加であり、ジャケット写真やMVにも姿を見せていない。本作では2曲ともキーボードミュージックシーケンサーによる打ち込みでベースを収録している。本作は「エロティカ・セブン」同様2曲ともオリジナルアルバム未収録である。

1990年前後は小林武史編曲プロデュースでサザンに大きく関わっていた時期だが今作には参加していない。

収録曲編集

  • 収録時間:9:43
  1. 素敵なバーディー (NO NO BIRDY) (5:09)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 編曲補:片山敦夫)
    本作のミュージック・ビデオの監督は当時まだ無名だった岩井俊二であり、江ノ島電鉄を借り切って撮影された。MVはサザンのといったイメージに沿った演出がなされている。2004年発売のMV集『ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』に収録されている。
    島本理生はこの曲で決定的にサザンファンになったという[4]
  2. 遥かなる瞬間(とき) (4:33)
    (作詞・作曲:松田弘 編曲:サザンオールスターズ 編曲補:片山敦夫)
    1982年の「チャコの海岸物語」のカップリング曲「翔(SHOW) 〜鼓動のプレゼント」以来となるドラム松田弘ボーカル曲。この曲は初の自身の作詞曲によるものである。桑田は雑誌のインタビューで、作曲者としての認識を新たに共有できたことの喜びを語っていた。

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

※斜字は廃盤作品。

ミュージック・ビデオ収録作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。

出典編集

  1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1993年8月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧
  2. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  3. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  4. ^ 文藝春秋 2018年10月号 P179より。

関連項目編集

外部リンク編集