メインメニューを開く

ケネス・カールセンKenneth Carlsen, 1973年4月17日 - )は、デンマークコペンハーゲン出身の男子プロテニス選手。彼はATPツアーでシングルス3勝を挙げたが、その中には2002年ジャパン・オープン・テニス選手権男子シングルス優勝もある。自己最高ランキングはシングルス41位、ダブルス134位。左利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

ケネス・カールセン
Kenneth Carlsen
Tennis pictogram.svg
Kenneth Carlsen BogForum Forum Copenhagen.JPG
ケネス・カールセン、2008年
基本情報
国籍  デンマーク
出身地 同・コペンハーゲン
生年月日 (1973-04-17) 1973年4月17日(46歳)
身長 190cm
体重 88kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1992年
引退年 2007年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 306勝350敗
シングルス 266勝288敗
ダブルス 40勝62敗
生涯獲得賞金 $2,990,980
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(1993)
全仏 2回戦(1993・95)
全英 3回戦(1993・94・2004)
全米 3回戦(1995)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 出場なし
全仏 1回戦(2005)
全英 1回戦(2004)
全米 2回戦(2005)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 41位(1993年6月7日)
ダブルス 134位(2004年4月5日)

来歴編集

9歳からテニスを始め、1992年にプロ入り。すぐに男子テニス国別対抗戦デビスカップデンマーク代表選手に選ばれ、同年のバルセロナ五輪でオリンピックに初出場を果たすが、シングルス・ダブルスともに1回戦敗退。9月末のクイーンズランド・オープンで初めて準優勝を果たした後、10月のセイコー・スーパー・テニスで初来日する。1993年全豪オープン4大大会にデビューし、いきなりミヒャエル・シュティヒとの4回戦まで進出した。同年6月7日付で、彼は世界ランキング41位となり、ATPランキングで50位以内に入った最初のデンマーク人選手となった。この年は全般的に好調で、ウィンブルドン選手権でもセドリック・ピオリーンとの3回戦に進んでいる。しかし、彼の4大大会挑戦は決して順調ではなかった。

1996年アトランタ五輪で2度目のオリンピックに出場し、シングルス3回戦まで勝ち進んだ。1回戦でマーク・ノールズを、2回戦でジェイソン・ストルテンバーグを破って勝ち進んだ彼は、3回戦で当年度のウィンブルドン選手権準優勝者マラビーヤ・ワシントンに7-6, 0-6, 2-6で逆転負けした。デビスカップでは、デンマーク代表はしばらくの間最上位カテゴリーのワールドグループで1回戦敗退→ワールドグループ・プレーオフ勝利による残留を繰り返していたが、デビスカップ1996ワールドグループ・プレーオフでスペインに1勝4敗で敗れたため、デビスカップ1997からヨーロッパ・アフリカゾーンに転落してしまう。その後、デンマークはいまだワールドグループ復帰を実現させていない。

1998年4月、カールセンは香港オープンシングルス決勝でバイロン・ブラックを6-2, 6-0で破り、ここでツアー初優勝を果たした。これはデンマーク人の男子選手がATPツアーで獲得した最初のシングルスタイトルである。その後左肩の故障に悩み、2000年のシーズンを棒に振る。2度の手術で1年8ヶ月のブランクを経験し、2001年6月にようやくツアー復帰を果たした。2002年ジャパン・オープン・テニス選手権で、カールセンは決勝でマグヌス・ノーマンを7-6, 6-3で破り、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。この優勝により、カールセンは世界ランキングを65位まで戻した。2004年ウィンブルドン選手権で10年ぶり3度目の3回戦進出を果たす。2005年全米国際インドアテニス選手権決勝でマックス・ミルヌイを破り、ツアー3勝目を達成した。

2006年全仏オープン1回戦敗退を最後に、カールセンは4大大会の本戦出場から遠ざかる。2007年6月、彼は当年度限りでの現役引退を表明し、10月のストックホルム・オープンとデンマークのコルディングでのチャレンジャー大会を最後に、16年間の現役生活に終止符を打った。最後の年には、2003年以来4年ぶりのデビスカップに出場し、通算「40勝25敗 (シングルス29勝13敗、ダブルス11勝12敗)」の成績を残した。デビスカップデンマーク代表選手としての通算勝利数とシングルス勝利数は、クルト・ニールセントルベン・ウルリッヒに続くチーム歴代3位記録となった。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 7回 (3勝4敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (2-0)
ATPインターナショナルシリーズ (1–4)
サーフェス別タイトル
ハード (3–2)
クレー (0-0)
芝 (0-1)
カーペット (0-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1992年9月28日   ブリスベン ハード (室内)   ギヨーム・ラウー 4–6, 6–7(10)
準優勝 2. 1996年3月11日   コペンハーゲン カーペット (室内)   セドリック・ピオリーン 2–6, 6–7(7)
準優勝 3. 1997年1月6日   オークランド ハード   ヨナス・ビョルクマン 6–7(7), 0–6
優勝 1. 1998年4月13日   香港 ハード   バイロン・ブラック 6–2, 6–0
準優勝 4. 1999年7月5日   ニューポート   クリス・ウッドルフ 7–6(5), 4–6, 4–6
優勝 2. 2002年10月6日   東京 ハード   マグヌス・ノーマン 7–6(6), 6–3
優勝 3. 2005年2月14日   メンフィス ハード (室内)   マックス・ミルヌイ 7–5, 7–5

ダブルス: 3回 (0勝3敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1997年3月10日   コペンハーゲン カーペット (室内)   フレデリク・フェテレイン   アンドレイ・オルホフスキー
  ブレット・スティーブン
4–6, 2–6
準優勝 2. 1998年9月20日   タシュケント ハード   チャン・シャルケン   ステファノ・ペスコソリド
  ローレンス・ティレメン
5–7, 6–4, 5–7
準優勝 3. 2006年9月11日   北京 ハード   ミヒャエル・ベラー   マリオ・アンチッチ
  マヘシュ・ブパシ
4–6, 3–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 通算成績
全豪オープン A 4R 2R 2R 1R 1R 1R 1R A A 1R 1R 1R 1R 1R LQ 5–12
全仏オープン A 2R 1R 2R 1R 1R 1R 1R A A LQ 1R 1R 1R 1R LQ 2–11
ウィンブルドン A 3R 3R 2R 1R 1R 1R A A 2R 1R 1R 3R 1R LQ LQ 8–11
全米オープン LQ 1R 1R 3R 2R 2R 1R 2R A 1R 2R 2R 1R 1R LQ LQ 7–12

外部リンク編集