メインメニューを開く

マヘシュ・シュリーニヴァース・ブパシMahesh Shrinivas Bhupathi, タミル語:மகேஷ் சீனிவாஸ் பூபதி, 1974年6月7日 - )は、インド・マドラス(現チェンナイ)出身の男子プロテニス選手。長年にわたり、ダブルスの名手として活躍してきた。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで52勝を挙げ、4大大会でも男子ダブルス4勝、混合ダブルス8勝を挙げた。そのうち、1997年全仏オープン混合ダブルスでは平木理化とペアを組み、1999年全米オープンでは杉山愛と組んで優勝したことから、日本でもよく知られた選手である。身長185cm、体重88kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

マヘシュ・ブパシ
Mahesh Bhupathi
Tennis pictogram.svg
Bhupathi RG13 (2) (9384907768).jpg
マヘシュ・ブパシ
基本情報
フルネーム Mahesh Shrinivas Bhupathi
国籍 インドの旗 インド
出身地 同・チェンナイ
生年月日 (1974-06-07) 1974年6月7日(45歳)
身長 185cm
体重 88kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2016年(最終出場年)
ツアー通算 52勝
シングルス 0勝
ダブルス 52勝
生涯通算成績 687勝392敗
シングルス 10勝28敗
ダブルス 687勝364敗
生涯獲得賞金 $6,665,907
4大大会最高成績・シングルス
全豪 シングルス出場なし
全仏 シングルス出場なし
全英 1回戦(1997・98・2000)
全米 1回戦(1995)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1999・2009・11)
全仏 優勝(1999・2001)
全英 優勝(1999)
全米 優勝(2002)
優勝回数 4(仏2・英1・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(2006・09)
全仏 優勝(1997・2012)
全英 優勝(2002・05)
全米 優勝(1999・2005)
優勝回数 8(豪2・仏2・英2・米2)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 217位(1998年2月2日)
ダブルス 1位(1999年4月26日)

名前について編集

日本では「マヘシュ・ブパシ」の表記で最もよく知られるが、原語のタミル語表記における長短母音を区別するならば、「マヘーシュ・シュリーニヴァース・ブーパティ」というカタカナ表記になる。特に名前の最後の音節「-thi」は、日本では一般的に(誤って)英語風の無声歯摩擦音(/θ/)として読まれ、標記されてしまうことも多いが、実際には無声歯破裂音(/t̪/)である。

来歴編集

アメリカミシシッピ大学の選手として2年間活動した後、1995年にプロ入り。ブパシのダブルスでの活躍は、1997年全仏オープンから始まる。全仏オープンは5月末に開幕するが、平木理化は大会会場でダブルスのパートナーを探していたところで、急遽ブパシと混合ダブルスのペアを組むことになった。身長185cmのブパシと157cmの平木は「凹凸ペア」と呼ばれたが、2人は6月7日に混合ダブルス部門の決勝でパトリック・ガルブレイス/リサ・レイモンド組を6-4, 6-1で破り、優勝。日本人選手を含むペアが4大大会のダブルスで優勝したのは、1975年ウィンブルドン選手権女子ダブルスで優勝した沢松和子/アン清村組以来22年ぶりだった。1999年全米オープン混合ダブルスで、ブパシは杉山愛とペアを組み、キンバリー・ポー/ドナルド・ジョンソン組を破って優勝した。

その後も混合ダブルスでの強さは健在で、2005年ウィンブルドン選手権マリー・ピエルス全米オープンダニエラ・ハンチュコバと組んで優勝している(ハンチュコバはこれで混合ダブルスのキャリア・グランドスラムを達成)。2006年全豪オープン混合ダブルスで、ブパシは現役復帰を果たしたマルチナ・ヒンギスとペアを組んで優勝した。こうして、ブパシも混合ダブルスのキャリア・グランドスラムを達成した。2009年全豪オープン2012年全仏オープンでもサニア・ミルザと組んで優勝し、4大大会混合ダブルス8勝目を挙げた。

ブパシの男子ダブルスのタイトルは、同じインドリーンダー・パエスとペアを組んで獲得したものが最も多い。男子国別対抗戦デビスカップのみならず、4大大会でも2人のペアは抜群の強さを発揮してきた。2001年3月26日、ブパシとパエスはインドの最高名誉賞である「パドマ・シュリー賞」(Padma Shri)を政府から授与された。

ブパシはキャリアを通じて、シングルスの出場がほとんどなく、2003年以後はすべての活動をダブルスのみに絞っている。2016年5月のムチュア・マドリード・オープンが最後の公式戦出場になっている。

ブパシは2014年から開始されたインターナショナル・プレミア・テニス・リーグの創設者である。2017年にはデビスカップインド代表の監督に就任している。

ATPツアー決勝進出結果編集

ダブルス: 96回 (52勝44敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1997年4月14日   チェンナイ ハード   リーンダー・パエス   オレグ・オゴロドフ
  イヤル・ラン
7–6, 7–5
優勝 2. 1997年5月5日   プラハ クレー   リーンダー・パエス   ペトラ・ルクサ
  ダヴィド・シュコフ
6–1, 6–1
準優勝 1. 1997年7月28日   ロサンゼルス ハード   リック・リーチ   セバスチャン・ラルー
  アレックス・オブライエン
6–7, 4–6
優勝 3. 1997年8月4日   モントリオール ハード   リーンダー・パエス   セバスチャン・ラルー
  アレックス・オブライエン
7–6, 6–3
優勝 4. 1997年8月18日   ニューヘイブン ハード   リーンダー・パエス   セバスチャン・ラルー
  アレックス・オブライエン
6–4, 6–7, 6–2
優勝 5. 1997年10月6日   北京 ハード
(室内)
  リーンダー・パエス   ジム・クーリエ
  アレックス・オブライエン
7–5, 7–6
優勝 6. 1997年10月13日   シンガポール カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   リック・リーチ
  ジョナサン・スターク
6–4, 6–4
準優勝 2. 1997年11月23日   ハートフォード カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   リック・リーチ
  ジョナサン・スターク
3–6, 4–6, 6–7
優勝 7. 1998年1月12日   ドーハ ハード   リーンダー・パエス   オリビエ・ドレートル
  ファブリス・サントロ
6–4, 3–6, 6–4
優勝 8. 1998年2月16日   ドバイ ハード   リーンダー・パエス   ドナルド・ジョンソン
  フランシスコ・モンタナ
6–2, 7–5
優勝 9. 1998年4月13日   チェンナイ ハード   リーンダー・パエス   オリビエ・ドレートル
  マックス・ミルヌイ
6–7, 6–3, 6–2
優勝 10. 1998年5月18日   ローマ クレー   リーンダー・パエス   エリス・フェレイラ
  リック・リーチ
6–4, 4–6, 7–6
優勝 11. 1998年10月12日   上海 カーペット (室内)   リーンダー・パエス   トッド・ウッドブリッジ
  マーク・ウッドフォード
6–4, 6–7, 7–6
準優勝 3. 1998年10月19日   シンガポール カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   トッド・ウッドブリッジ
  マーク・ウッドフォード
2–6, 3–6
準優勝 4. 1998年11月2日   シュトゥットガルト ハード
(室内)
  リーンダー・パエス   セバスチャン・ラルー
  アレックス・オブライエン
3–6, 6–3, 5–7
優勝 12. 1998年11月9日   パリ カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   ヤッコ・エルティン
  ポール・ハーフース
6–4, 6–2
準優勝 5. 1999年2月1日   全豪オープン ハード   リーンダー・パエス   ヨナス・ビョルクマン
  パトリック・ラフター
3–6, 6–4, 4–6, 7–6, 4–6
優勝 13. 1999年4月13日   チェンナイ ハード   リーンダー・パエス   ウェイン・ブラック
  ネヴィル・ゴドウィン
4–6, 7–5, 6–4
優勝 14. 1999年6月7日   全仏オープン クレー   リーンダー・パエス   ゴラン・イワニセビッチ
  ジェフ・タランゴ
6–2, 7–5
優勝 15. 1999年7月5日   ウィンブルドン   リーンダー・パエス   ポール・ハーフース
  ジャレッド・パーマー
6–7, 6–3, 6–4, 7–6
準優勝 6. 1999年9月13日   全米オープン ハード   リーンダー・パエス   セバスチャン・ラルー
  アレックス・オブライエン
6–7, 4–6
準優勝 7. 1999年11月15日   ハートフォード カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   セバスチャン・ラルー
  アレックス・オブライエン
3–6, 2–6, 2–6
優勝 16. 2000年5月29日   ザンクト・ペルテン クレー   アンドリュー・クラッツマン   アンドレア・ガウデンツィ
  ディエゴ・ナルギソ
7–6, 6–7, 6–4
準優勝 8. 2000年6月19日   ハレ   ダヴィド・プリノジル   ニクラス・クルティ
  ミカエル・ティルストロム
6–7, 6–7
優勝 17. 2000年10月16日   東京 ハード   リーンダー・パエス   マイケル・ヒル
  ジェフ・タランゴ
6–4, 6–7, 6–3
準優勝 9. 2000年12月17日   バンガロール ハード
(室内)
  リーンダー・パエス   ドナルド・ジョンソン
  ピート・ノーバル
6–7, 3–6, 4–6
優勝 18. 2001年4月30日   アトランタ クレー   リーンダー・パエス   リック・リーチ
  デビッド・マクファーソン
6–3, 7–6
優勝 19. 2001年5月7日   ヒューストン クレー   リーンダー・パエス   ケビン・キム
  ジム・トーマス
7–6, 6–2
優勝 20. 2001年6月11日   全仏オープン クレー   リーンダー・パエス   ペトル・パラ
  パベル・ビズネル
7–6, 6–3
優勝 21. 2001年8月13日   シンシナティ ハード   リーンダー・パエス   マルティン・ダム
  デビッド・プリノジル
7–6, 6–3
準優勝 10. 2001年8月20日   インディアナポリス ハード   セバスチャン・ラルー   マーク・ノールズ
  ブライアン・マクフィー
6–7, 7–5, 4–6
準優勝 11. 2001年10月8日   モスクワ カーペット
(室内)
  ジェフ・タランゴ   マックス・ミルヌイ
  サンドン・ストール
3–6, 0–6
準優勝 12. 2001年10月29日   バーゼル カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   エリス・フェレイラ
  リック・リーチ
6–7, 4–6
準優勝 13. 2001年11月5日   パリ カーペット
(室内)
  リーンダー・パエス   エリス・フェレイラ
  リック・リーチ
6–3, 4–6, 3–6
優勝 22. 2002年1月7日   チェンナイ ハード   リーンダー・パエス   トマーシュ・ツィブレツ
  オタ・フカーレク
5–7, 6–2, 7–5
優勝 23. 2002年5月6日   マヨルカn クレー   リーンダー・パエス   ユリアン・ノール
  ミヒャエル・コールマン
6–2, 6–4
優勝 24. 2002年5月20日   ハンブルク クレー   ジャン=マイケル・ギャンビル   ヨナス・ビョルクマン
  トッド・ウッドブリッジ
6–2, 6–4
準優勝 14. 2002年6月17日   ロンドン   マックス・ミルヌイ   ウェイン・ブラック
  ケビン・ウリエット
5–7, 3–6
準優勝 15. 2002年8月12日   シンシナティ ハード   マックス・ミルヌイ   ジェームズ・ブレーク
  トッド・マーティン
5–7, 3–6
準優勝 16. 2002年8月19日   インディアナポリス ハード   マックス・ミルヌイ   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
6–7, 7–6, 4–6
優勝 25. 2002年8月26日   ロングアイランド ハード   マイク・ブライアン   ペトル・パラ
  パベル・ビズネル
6–3, 6–4
優勝 26. 2002年9月6日   全米オープン ハード   マックス・ミルヌイ   イジー・ノバク
  ラデク・ステパネク
6–3, 3–6, 6–4
準優勝 17. 2002年10月21日   マドリード ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
3–6, 5–7, 0–6
準優勝 18. 2003年1月13日   シドニー ハード   ジョシュア・イーグル   ポール・ハンリー
  ネイサン・ヒーリー
6–7, 4–6
優勝 27. 2003年4月14日   エストリル クレー   マックス・ミルヌイ   ルーカス・アーノルド・カー
  マリアノ・オード
6–1, 6–2
優勝 28. 2003年4月21日   モンテカルロ クレー   マックス・ミルヌイ   ミカエル・ロドラ
  ファブリス・サントロ
6–4, 3–6, 7–6
準優勝 19. 2003年5月19日   ハンブルク クレー   マックス・ミルヌイ   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
4–6, 6–7
準優勝 20. 2003年6月16日   ロンドン   マックス・ミルヌイ   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
7–5, 4–6, 6–7
準優勝 21. 2003年7月7日   ウィンブルドン   マックス・ミルヌイ   ヨナス・ビョルクマン
  トッド・ウッドブリッジ
6–3, 3–6, 6–7, 3–6
優勝 29. 2003年8月11日   モントリオール ハード   マックス・ミルヌイ   ヨナス・ビョルクマン
  トッド・ウッドブリッジ
6–3, 7–6
優勝 30. 2003年10月6日   モスクワ カーペット (室内)   マックス・ミルヌイ   ウェイン・ブラック
  ケビン・ウリエット
6–3, 7–5
準優勝 22. 2003年10月13日   ウィーン ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   イブ・アレグロ
  ロジャー・フェデラー
6–7, 5–7
優勝 31. 2003年10月20日   マドリード ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   ウェイン・ブラック
  ケビン・ウリエット
6–2, 2–6, 6–3
優勝 32. 2004年1月12日   オークランド ハード   ファブリス・サントロ   イジー・ノバク
  ラデク・ステパネク
4–6, 7–5, 6–3
優勝 33. 2004年3月8日   ドバイ ハード   ファブリス・サントロ   ヨナス・ビョルクマン
  リーンダー・パエス
6–2, 4–6, 6–4
優勝 34. 2004年5月10日   ローマ クレー   マックス・ミルヌイ   ウェイン・アーサーズ
  ポール・ハンリー
2–6, 6–3, 6–4
優勝 35. 2004年7月12日   ボースタード クレー   ヨナス・ビョルクマン   シーモン・アスペリン
  トッド・ペリー
4–6, 7–6, 7–6
優勝 36. 2004年8月2日   トロント ハード   リーンダー・パエス   ヨナス・ビョルクマン
  マックス・ミルヌイ
6–4, 6–2
準優勝 23. 2004年10月18日   モスクワ カーペット
(室内)
  ヨナス・ビョルクマン   イーゴリ・アンドレエフ
  ニコライ・ダビデンコ
6–3, 3–6, 4–6
準優勝 24. 2005年1月10日   チェンナイ ハード   ヨナス・ビョルクマン   盧彦勳
  ライナー・シュットラー
5–7, 6–4, 6–7
優勝 37. 2005年1月16日   シドニー ハード   トッド・ウッドブリッジ   アルノー・クレマン
  ミカエル・ロドラ
6–3, 6–3
優勝 38. 2006年9月18日   北京 ハード   マリオ・アンチッチ   ミヒャエル・ベラー
  ケネス・カールセン
6–4, 6–3
優勝 39. 2006年10月2日   ムンバイ ハード   マリオ・アンチッチ   ロハン・ボパンナ
  Mustafa Ghouse
6–4, 6–7, [10–8]
準優勝 25. 2007年3月5日   ドバイ ハード   ラデク・ステパネク   ファブリス・サントロ
  ネナド・ジモニッチ
5–7, 7–6, [7–10]
優勝 40. 2007年8月12日   モントリオール ハード   パベル・ビズネル   ポール・ハンリー
  ケビン・ウリエット
6–4, 6–4
優勝 41. 2007年8月25日   ニューヘイブン ハード   ネナド・ジモニッチ   マリウシュ・フィルステンベルク
  マルチン・マトコフスキ
6–3, 6–3
優勝 42. 2008年3月2日   メンフィス ハード
(室内)
  マーク・ノールズ   サンチャイ・ラティワタナ
  ソンチャット・ラティワタナ
7–6, 6–2
優勝 43. 2008年3月8日   ドバイ ハード   マーク・ノールズ   マルティン・ダム
  パベル・ビズネル
7–5, 7–6
準優勝 26. 2008年3月26日   マイアミ ハード   マーク・ノールズ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
2–6, 2–6
準優勝 27. 2008年4月27日   モンテカルロ クレー   マーク・ノールズ   ラファエル・ナダル
  トミー・ロブレド
3–6, 3–6
準優勝 28. 2008年6月15日   スヘルトーヘンボス   リーンダー・パエス   マリオ・アンチッチ
  ユルゲン・メルツァー
6–7, 3–6
準優勝 29. 2008年8月23日   ニューヘイブン ハード   マーク・ノールズ   マルセロ・メロ
  アンドレ・サ
5–7, 2–6
準優勝 30. 2008年10月12日   マドリード ハード
(室内)
  マーク・ノールズ   マリウシュ・フィルステンベルク
  マルチン・マトコフスキ
4–6, 2–6
優勝 44. 2008年10月18日   バーゼル カーペット
(室内)
  マーク・ノールズ   クリストファー・カス
  フィリップ・コールシュライバー
6–3, 6–3
準優勝 31. 2009年1月31日   全豪オープン ハード   マーク・ノールズ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
6–2, 5–7, 0–6
準優勝 32. 2009年4月26日   バルセロナ クレー   マーク・ノールズ   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
3–6, 6–7
優勝 45. 2009年8月15日   モントリオール ハード   マーク・ノールズ   マックス・ミルヌイ
  アンディ・ラム
6–4, 6–3
準優勝 33. 2009年9月13日   全米オープン ハード   マーク・ノールズ   ルーカス・ドロウヒー
  リーンダー・パエス
6–3, 3–6, 2–6
準優勝 34. 2010年4月3日   マイアミ ハード   マックス・ミルヌイ   ルーカス・ドロウヒー
  リーンダー・パエス
2–6, 5–7
準優勝 35. 2010年4月18日   モンテカルロ クレー   マックス・ミルヌイ   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
3–6, 0–2, 途中棄権
準優勝 36. 2010年8月22日   シンシナティ ハード   マックス・ミルヌイ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 4–6
準優勝 37. 2010年11月7日   バレンシア ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   アンディ・マリー
  ジェイミー・マリー
6–7(8), 7–5, [7–10]
優勝 46. 2010年11月14日   パリ ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   マーク・ノールズ
  アンディ・ラム
7–5, 7–5
準優勝 38. 2010年11月28日   ロンドン ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
6–7(6), 4–6
優勝 47. 2011年1月9日   チェンナイ ハード   リーンダー・パエス   ロビン・ハーセ
  デイヴィッド・マーティン
6–2, 6–7(3), [10–7]
準優勝 39. 2011年1月29日   全豪オープン ハード   リーンダー・パエス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 4–6
優勝 48. 2011年4月2日   マイアミ ハード   リーンダー・パエス   マックス・ミルヌイ
  ダニエル・ネスター
6–7(5), 6–2, [10–5]
準優勝 40. 2011年6月12日   ロンドン   リーンダー・パエス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
7–6(2), 6–7(4), [6–10]
優勝 49. 2011年8月21日   シンシナティ ハード   リーンダー・パエス   ミカエル・ロドラ
  ネナド・ジモニッチ
7–6(4), 7–6(2)
優勝 50. 2012年3月3日   ドバイ ハード   ロハン・ボパンナ   マリウシュ・フィルステンベルク
  マルチン・マトコフスキ
6–4, 3–6, [10–5]
準優勝 41. 2012年8月20日   シンシナティ ハード   ロハン・ボパンナ   ロベルト・リンドステット
  ホリア・テカウ
4–6, 4–6
準優勝 42. 2012年10月14日   上海 ハード   ロハン・ボパンナ   リーンダー・パエス
  ラデク・ステパネク
7–6(7), 3–6, [5–10]
優勝 51. 2012年11月4日   パリ ハード
(室内)
  ロハン・ボパンナ   アイサム=ウル=ハク・クレシ
  ジャン=ジュリアン・ロイヤー
7–6(6), 6–3
準優勝 43. 2012年11月12日   ロンドン ハード
(室内)
  ロハン・ボパンナ   マルセル・グラノリェルス
  マルク・ロペス
5–7, 6–3, [3–10]
優勝 52. 2013年3月2日   ドバイ ハード   ミカエル・ロドラ   ロベルト・リンドステット
  ネナド・ジモニッチ
7–6(6), 7–6(6)
準優勝 44. 2013年5月19日   ローマ クレー   ロハン・ボパンナ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
2–6, 3–6

4大大会ダブルス優勝編集

外部リンク編集