メインメニューを開く

ゲガール・ムサシ

総合格闘家

ゲガール・ムサシGegard Mousasi1985年8月1日 - )は、オランダ男性総合格闘家イランテヘラン州テヘラン出身。北ホラント州アムステルダム在住。チーム・ムサシ所属。元Bellator世界ミドル級王者。元Strikeforce世界ライトヘビー級王者。元DREAMライトヘビー級王者。元DREAMミドル級王者。

ゲガール・ムサシ
Gegard Mousasi.jpg
基本情報
本名 ゲガール・モサシアン
(Geghard Movsesian)
通称 拳豪
若きバガボンド
ザ・ドリームキャッチャー
(The Dreamcatcher)
ジ・アルメニアンアサシン
(The Armenian Assassin)
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1985-08-01) 1985年8月1日(34歳)[1]
出身地 イランの旗 イラン
テヘラン州テヘラン[1]
所属 ジュロージンジム
レッドデビル・インターナショナル
→チーム・ムサシ
身長 188cm
体重 84kg
リーチ 193cm
階級 ミドル級ライトヘビー級
バックボーン ボクシングキックボクシング柔道
テーマ曲 Ara Gevorgian(Artsakh)
Pitchin'(Hi-Gate)
Barber`s Adagio For String(William Orbit)
総合格闘技戦績
総試合数 55
勝ち 46
KO勝ち 26
一本勝ち 12
判定勝ち 8
敗け 7
引き分け 2
テンプレートを表示

概要

ボクシングをバックボーンに持ち、パンチキックのコンビネーション、打撃を得意とするストライカータイプの選手であるが、レッドデビル・インターナショナルに移籍してからは、寝技の技術も向上し、穴の無いオールラウンダーとなった。ムサシという名前に加えて「MMAルールでも立ち技ルールでも戦える」ということもあって、伝説の二刀流剣士宮本武蔵にならって「拳豪」「若きバガボンド」とも呼ばれている。UFCBellator MMAStrikeforcePRIDEDREAMと多くの総合格闘技メジャー団体への参戦経験を持ち、50戦を越えるキャリアを有する。

来歴

アルメニア人の両親が亡命したイランテヘランで生まれるが、イラン・イラク戦争に遭ったため、4歳の時にオランダアムステルダム郊外のライデンへと移住した[2]

両親の薦めで8歳から柔道を2年間学び、15歳の時にボクシングを学び始める。ボクシング世界王者を目指して本格的に取り組み、2001年にはオランダジュニア王者になり、ナショナルチームメンバーに選出されるなど活躍していた。

しかし、オランダではボクシングよりもキックボクシングの方が盛んで環境も整っていたため、キックボクシングに転向。

その後、レスリングをやっていた兄が総合格闘技に転向したのをきっかけに、兄の薦めで総合格闘技に転向。

副業として用心棒の仕事をしながら、2003年に2 Hot 2 Handleでプロデビュー。

2005年12月2日、DEEP初参戦となったDEEP 22 IMPACTで栗原強と対戦し、1R開始10秒に顔面への膝蹴りでKO勝ち。

2006年4月11日、DEEP 24 IMPACTで入江大和と対戦し、マウントパンチによるタオル投入でTKO勝ち。

PRIDE

2006年6月4日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の十一-のウェルター級(-83kg)グランプリ1回戦で瀧本誠と対戦。瀧本に腕を極められそうになるも脱出し、バックマウントからのパンチで瀧本の右目を腫れ上がらせ、1Rにドクターストップ勝ち。同年8月26日、PRIDE 武士道 -其の十二-の2回戦で郷野聡寛と対戦し、終了間際に腕ひしぎ十字固めで2R一本負け。

2006年11月5日、PRIDE 武士道 -其の十三-のグランプリリザーブマッチでヘクター・ロンバードと対戦し、3-0の判定勝ち。

2006年12月9日、CWFCミドル級王座決定戦でグレゴリー・ブーシェラゲムと対戦し、パウンドで1RTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年2月1日、Hardcore Championship Fightingエヴァンゲリスタ・サイボーグと対戦し、パウンドで1RTKO勝ち。

DREAM

2008年4月29日、DREAM初参戦となったDREAM.2のミドル級グランプリ1回戦でデニス・カーンと対戦し、三角絞めで1R一本勝ち。同年6月15日、DREAM.4の2回戦でユン・ドンシクと対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年9月23日、DREAM.6のミドル級グランプリ準決勝でメルヴィン・マヌーフと対戦。1R早々にテイクダウンを奪い、マウントから反転した際に三角絞めへ移行して一本勝ち。決勝ではホナウド・ジャカレイと対戦。序盤にテイクダウンを奪われるも、下からの顔面への蹴り上げで1RTKO勝ち。グランプリ優勝を果たし、初代DREAMミドル級王者に認定された。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜K-1ルールで武蔵と対戦し、1Rで3度のダウンを奪ってKO勝ち。

2009年、身体の成長に伴う減量苦によりDREAMミドル級王座を返上。5月26日、DREAM.9にて無差別級のスーパーハルクトーナメント1回戦でマーク・ハントと対戦し、自身よりも大柄なハントを物ともせず、ストレートアームバーで1R一本勝ち。

Strikeforce

2009年8月15日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Carano vs. CyborgのStrikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者レナート・ババルに挑戦し、パウンドで1RKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]。当初は8月1日のAffliction: Trilogyでババルと対戦予定であったが、大会が消滅し[4]、Strikeforceにスライドされる形となった。

2009年8月28日、M-1 Globalで当時チームメイトだったエメリヤーエンコ・ヒョードルとのエキシビションマッチを行った[5]

2009年10月6日、DREAM.11の準決勝でソクジュと対戦予定であったが、左肩関節腱板損傷により欠場となった[6]。同年11月7日、Strikeforce: Fedor vs. Rogersソクジュと改めて対戦し、パウンドで2RTKO勝ちを収めた[7]

2010年4月17日、Strikeforce: NashvilleのStrikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチで挑戦者のキング・モーと対戦。モーのテイクダウンを切ることができず、終始苦戦を強いられて0-3の5R判定負け。王座の初防衛に失敗し、王座から陥落した[8]

2010年7月10日、DREAM.15のライトヘビー級王座挑戦者決定戦でジェイク・オブライエンと対戦し、開始31秒にフロントチョークで一本勝ち。オブライエンはライトヘビー級規定の93kgをオーバーし96kgまでしか落とせず、ファイトマネーの10%没収およびイエローカードが提示された状態での試合開始となった[9]

2010年9月25日、DREAM.16のライトヘビー級王座決定戦で水野竜也と対戦し、グラウンドで圧倒して裸絞めで1R一本勝ち。DREAMミドル級王座に続いてDREAMライトヘビー級王座の獲得に成功し、DREAM2階級制覇を果たした[10]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜でK-1ヘビー級王者の京太郎とK-1ルールで対戦。2Rに右フックでダウンを奪い、3-0の判定勝ちを収めた[11]

2011年4月9日、Strikeforce: Diaz vs. Daleyキース・ジャーディンと対戦し、1-0の判定ドロー[12]

2011年7月16日、DREAM JAPAN GP FINALのライトヘビー級タイトルマッチで泉浩と対戦。スタンドの打撃で圧倒し、最後はタオル投入によるTKO勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

2011年12月17日、Strikeforce: Melendez vs. Masvidalオヴィンス・サンプルーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[13]

2012年3月に膝前十字靭帯の手術を行った[14]

2013年1月12日、Strikeforceの最終興業となったStrikeforce: Marquardt vs. Saffiedineでマイク・カイルと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本勝ち。

UFC

2013年、StrikeforceがUFCに統合され、UFCと契約。同年4月6日、UFC on Fuel TV 9イリル・ラティフィと対戦し、3-0の判定勝ち。UFCは白星デビューとなった。当初はアレクサンダー・グスタフソンと対戦予定であったが、グスタフソンが練習中の顔の怪我で一週間前に欠場。代役にグスタフソンのチームメイトであるラティフィが抜擢された。ムサシも試合前から怪我をしていたことを明かし、試合後に膝の手術を受けている。

2014年2月15日、ミドル級復帰初戦となったUFC Fight Night: Machida vs. Mousasiでミドル級ランキング4位のリョート・マチダと対戦し、0-3の5R判定負け。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年5月31日、UFC Fight Night: Munoz vs. Mousasiでミドル級ランキング7位のマーク・ムニョスと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年9月5日、UFC Fight Night: Jacare vs. Mousasiでミドル級ランキング4位のホナウド・ジャカレイと約6年ぶりに再戦し、ギロチンチョークで3R一本負け。リベンジを許した。

2015年1月24日、UFC on FOX 14でミドル級に転向したライトヘビー級ランキング9位のダン・ヘンダーソンとミドル級契約で対戦し、開始1分余りにパウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。同年5月16日、UFC Fight Night: Edgar vs. Faberでミドル級ランキング12位のコンスタンティノス・フィリッポウと対戦し、3-0の判定勝ち。

2015年5月17日、ブリヂストンとスポンサー契約を結び、ブランドアンバサダーに就任した[15]

2015年9月27日、UFC Fight Night: Barnett vs. Nelsonユライア・ホールと対戦。1Rはグラウンドで優勢に試合を進めたが、2R序盤にホールのスピンキックが顔面を直撃し、ぐらついたところに追い討ちの飛び膝蹴りでダウンを奪われ、パウンドで2RTKO負け。キャリア45戦目で初となるTKO負けを喫した。

2016年2月27日、UFC Fight Night: Silva vs. Bispingでミドル級ランキング10位のターレス・レイチと対戦し、3-0の判定勝ち。

2016年7月9日、UFC 200でミドル級ランキング15位のチアゴ・サントスと対戦し、右フックからのパウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年10月8日、UFC 204でミドル級ランキング5位のビクトー・ベウフォートと対戦し、マウントパンチで2RTKO勝ち。

2016年11月19日、UFC Fight Night: Mousasi vs. Hall 2でミドル級ランキング10位のユライア・ホールと再戦し、パウンドで1RTKO勝ちを収め、約1年2か月越しのリベンジを果たした。

2017年4月8日、UFC 210でミドル級ランキング4位のクリス・ワイドマンと対戦。2Rに膝蹴りを当てるが反則である4点ポジションでの膝蹴りと判断されたため中断。しかしインスタントリプレイ(ビデオ判定)を確認するとギリギリ4点ポジションではなかったためムサシのTKO勝ちとなった[16]。試合後両者共に再戦を希望した[17]

Bellator

2017年7月10日、UFCを離脱し、Bellatorと契約を結んだことが発表された[18]。UFCでは5連勝を収め王座を狙える位置にいたが、UFCの待遇に不満を抱えていたために離脱したことを明かしている[19]

2017年10月20日、Bellator 185で元Bellator世界ミドル級王者のアレキサンダー・シュレメンコと対戦。1Rにシュレメンコの左フックを受けて右目が塞がってしまい苦戦を強いられたが、3Rを戦い抜き3-0の判定勝ちを収めた。

2018年5月25日、Bellator 200のBellator世界ミドル級タイトルマッチで王者ハファエル・カルバーリョに挑戦し、パウンドで1RTKO勝ちを収め王座獲得に成功した[20]

2018年9月29日、Bellator 206のBellator世界ミドル級タイトルマッチで1階級下のBellator世界ウェルター級王者ローリー・マクドナルドの挑戦を受け、2Rにマウントポジションを奪うと、肘打ちとパンチの連打でTKO勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。

2019年6月22日、Bellator 223のBellator世界ミドル級タイトルマッチで挑戦者のハファエル・ロバト・ジュニアと対戦し、0-2の5R判定負け。2度目の防衛に失敗し、王座から陥落した。同年9月28日、Bellator 228でリョート・マチダと再戦し、僅差で2-1の判定勝ち。約4年半越しのリベンジを果たした。

人物・エピソード

  • リングネームについては、本人曰く「アルメニアでの名前はモサシアンだったので、オランダに移った時に読みやすくするために、縮めてムサシに変えた」という[21]
  • PRIDE武士道に初参戦が決定した際に、フジテレビすぽると!ではゲガール・ムサシに「倒せる方のムサシ」というキャッチコピーを付けて紹介した。これはK-1ファイターの武蔵のKO率が低かったことを揶揄して付けられた[22]
  • 20歳の大学生の時にPRIDEという大舞台でデビューしたが、試合中もインタビューを受ける時も落ち着いた物腰であることで知られている。
  • 石井慧はチームメイトであったムサシにあやかり、自身の息子の名前を孟沙孜(むさし)と命名している[23]
  • オランダの元ボクシングアマチュア王者であったムサシはロンドンオリンピックにボクシングでの出場資格取得を目指し代表チームにも参加するが、手術を受けるほどの前十字靭帯の怪我と重なり断念した[24][14]

戦績

総合格闘技

総合格闘技 戦績
55 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
46 26 12 8 0 2 0
7 1 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
リョート・マチダ 5分3R終了 判定2-1 Bellator 228: Pitbull vs. Archuleta 2019年9月28日
× ハファエル・ロバト・ジュニア 5分5R終了 判定0-2 Bellator 223: Mousasi vs. Lovato Jr.
【Bellator世界ミドル級タイトルマッチ】
2019年6月22日
ローリー・マクドナルド 2R 3:23 TKO(パウンド) Bellator 206: Mousasi vs. Macdonald
【Bellator世界ミドル級タイトルマッチ】
2018年9月29日
ハファエル・カルバーリョ 1R 3:35 TKO(パウンド) Bellator 200: Carvalho vs. Mousasi
【Bellator世界ミドル級タイトルマッチ】
2018年5月25日
アレキサンダー・シュレメンコ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 185: Mousasi vs. Shlemenko 2017年10月20日
クリス・ワイドマン 2R 3:31 TKO(膝蹴り連打) UFC 210: Cormier vs. Johnson 2 2017年4月8日
ユライア・ホール 1R 4:37 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Mousasi vs. Hall 2 2016年11月19日
ビクトー・ベウフォート 2R 2:43 TKO(マウントパンチ) UFC 204: Bisping vs. Henderson 2 2016年10月8日
チアゴ・サントス 1R 4:32 TKO(右フック→パウンド) UFC 200: Tate vs. Nunes 2016年7月9日
ターレス・レイチ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Silva vs. Bisping 2016年2月27日
× ユライア・ホール 2R 0:25 TKO(跳び膝蹴り→パウンド) UFC Fight Night: Barnett vs. Nelson 2015年9月27日
コスタ・フィリッポウ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Edgar vs. Faber 2015年5月16日
ダン・ヘンダーソン 1R 1:10 TKO(右フック→パウンド) UFC on FOX 14: Gustafsson vs. Johnson 2015年1月24日
× ホナウド・ジャカレイ 3R 4:30 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Jacare vs. Mousasi 2014年9月5日
マーク・ムニョス 1R 3:57 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Munoz vs. Mousasi 2014年5月31日
× リョート・マチダ 5分5R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Machida vs. Mousasi 2014年2月15日
イリル・ラティフィ 5分3R終了 判定3-0 UFC on Fuel TV 9: Mousasi vs. Latifi 2013年4月6日
マイク・カイル 1R 4:09 リアネイキドチョーク Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedine 2013年1月12日
オヴィンス・サンプルー 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Melendez vs. Masvidal 2011年12月17日
泉浩 1R 3:29 TKO(タオル投入) DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【DREAMライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年7月16日
キース・ジャーディン 5分3R終了 判定1-0 Strikeforce: Diaz vs. Daley 2011年4月9日
水野竜也 1R 6:10 裸絞め DREAM.16
【DREAMライトヘビー級王座決定戦】
2010年9月25日
ジェイク・オブライエン 1R 0:31 フロントチョーク DREAM.15
【DREAMライトヘビー級王座挑戦者決定戦】
2010年7月10日
× キング・モー 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Nashville
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年4月17日
ゲーリー・グッドリッジ 1R 1:34 TKO(パウンド) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日
ソクジュ 2R 3:43 TKO(パウンド) Strikeforce: Fedor vs. Rogers 2009年11月7日
レナート・ババル 1R 1:00 KO(パウンド) Strikeforce: Carano vs. Cyborg
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年8月15日
マーク・ハント 1R 1:19 アームバー DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【スーパーハルクトーナメント 1回戦】
2009年5月26日
ホナウド・ジャカレイ 1R 2:15 TKO(蹴り上げ) DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級グランプリ 決勝】
2008年9月23日
メルヴィン・マヌーフ 1R 1:28 三角絞め DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級グランプリ 準決勝】
2008年9月23日
ユン・ドンシク 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND
【ミドル級グランプリ 2回戦】
2008年6月15日
デニス・カーン 1R 3:10 三角絞め DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ミドル級グランプリ 1回戦】
2008年4月29日
スティーブ・メンシン 1R 2:44 TKO(パウンド) M-1: Slamm 2008年3月2日
エヴァンゲリスタ・サイボーグ 1R 3:42 TKO(パウンド) HCF: Destiny 2008年2月1日
ダミール・ミレニッチ 1R 4:46 TKO(パウンド) HCF: Title Wave 2007年10月19日
ケイシー・ウスコーラ 1R 4:56 TKO(パンチ連打) BodogFight: Vancouver 2007年8月25日
アレクサンドル・ココエフ 2R 肩固め M-1 MFC: Battle on the Neva 2007年7月21日
グレゴリー・ブーシェラゲム 1R 2:20 TKO(パウンド) Cage Warriors: Enter The Rough House
【CWFCミドル級王座決定戦】
2006年12月9日
ヘクター・ロンバード 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十三-
【ウェルター級グランプリ リザーブマッチ】
2006年11月5日
× 郷野聡寛 2R 4:17 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の十二-
【ウェルター級グランプリ 2回戦】
2006年8月26日
瀧本誠 1R 5:36 TKO(ドクターストップ:右目負傷) PRIDE 武士道 -其の十一-
【ウェルター級グランプリ 1回戦】
2006年6月4日
入江大和 2R 1:29 TKO(タオル投入) DEEP 24 IMPACT 2006年4月11日
サンジン・カドゥンク 1R 0:35 TKO(パンチ連打) Future Battle 2006年3月5日
アンドレ・フェイエート 1R TKO(パンチ連打) 2H2H: Mixed Fight 2005年12月17日
栗原強 1R 0:10 KO(膝蹴り) DEEP 22 IMPACT 2005年12月2日
ステファン・クレバー 1R 3:39 TKO(パウンド) Bushido Europe: Rotterdam Rumble 2005年10月9日
チコ・マルティネス 1R 4:39 チョークスリーパー Jaap Edenhal: Holland vs. Russia 2005年4月24日
ジョン・ドネリー 1R 腕ひしぎ十字固め Rings: Bushido Ireland 2005年3月12日
× ペトラス・モリカビュチス 2R 1:49 腕ひしぎ十字固め Fight Festival 13 2005年2月28日
エリック・オガノフ 1R 2:16 チョークスリーパー M-1 MFC: International Fight Night 2005年2月5日
ロディ・トロスト 1R 3:18 TKO(パンチ連打) IMA: Mix Fight 2004年12月19日
ニコ・プハッカ 2R 2:17 チョークスリーパー Fight Festival 11 2004年9月11日
ギルソン・フェレイラ 5分2R終了 ドロー Together Productions: Fight Gala 2003年11月15日
ザンダー・ネル 1R 1:05 TKO(スタンドパンチ連打) IMA: Mixfight Gala 2003年10月12日
ダニエル・スペック 1R 3:40 TKO(パンチ連打) 2H2H: 1st Open Team Mixfight Championships 2003年4月27日

キックボクシング

キックボクシング 戦績
5 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
5 3 2 0 0 0
0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
京太郎 3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日
武蔵 1R 2:32 KO(3ノックダウン:右フック) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
Enrico Grootenhuis 1R 0:35 KO Muay Thai & Mixfight Gala 2004年10月16日
Arno Hilckmann 3R終了 判定3-0 Muay Thai Gala 2004年1月25日
Surinder Baghola 1R 1:04 TKO Muay Thai Warrior 2004年10月16日

獲得タイトル

  • ボクシング オランダアマチュア王者(2001年)
  • 第3代CWFCミドル級王座(2006年)
  • DREAMミドル級グランプリ2008 優勝(2008年)
  • 初代DREAMミドル級王座(2008年)
  • 第3代Strikeforce世界ライトヘビー級王座(2009年)
  • 初代DREAMライトヘビー級王座(2010年)
  • 第5代Bellator世界ミドル級王座(2018年)

表彰

  • 柔道 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)

脚注

  1. ^ a b ゲガール・ムサシ UFC公式サイト
  2. ^ About Gegard ゲガール・ムサシ公式サイト
  3. ^ 【Strikeforce】強すぎたムサシ、僅か1分の王者交代劇 MMAPLANET 2009年8月16日
  4. ^ Affliction cancels Trilogy M-1 Global.com 2009年7月24日
  5. ^ M-1 Breakthrough 格闘王国 2009年8月30日
  6. ^ 【DREAM】10・6ミノワマンVSチェ・ホンマンが決定!横綱・白鵬とホンマン対策 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月9日
  7. ^ 【Strikeforce】幻のハルクトーナメントはムサシの完勝 MMAPLANET 2009年11月8日
  8. ^ 【Strikeforce】テイクダウン連発、キング・モーが王座奪取 MMAPLANET 2010年4月18日
  9. ^ 【DREAM】青木真也が足関節で川尻達也を秒殺!菊野克紀はカルバンに敗れる(1) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月10日
  10. ^ 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  11. ^ 【Dynamite!!】 高谷が王座奪取!長島☆自演乙が青木をKO!石井はバンナに辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日
  12. ^ 【Strikeforce】反則響いたムサシは痛恨のドロー MMAPLANET 2011年4月10日
  13. ^ 【Strikeforce】OSPを相手に仕留めきれないムサシ MMAPLANET 2011年12月18日
  14. ^ a b Strikeforce's Mousasi on mend following ACL surgery, UFC champ Jones on radarMMA Junkie 2012年5月14日
  15. ^ After sponsorship woes, UFC's Gegard Mousasi lands blue-chip brand MMAjunkie 2015年5月17日
  16. ^ UFC 210 results: Gegard Mousasi's TKO win over Chris Weidman embroiled in controversy MMAjunkie 2017年4月9日
  17. ^ 【UFC210】新ルールの解釈の違い、露見。ムサシががぶりからのヒザ蹴りでワイドマンにTKO勝ち MMAPLANET 2017年4月9日
  18. ^ 【Bellator】ゲガールよ、お前もか……。ゲガール・ムサシがUFC離脱→ベラトールと契約 MMAPLANET 2017年7月11日
  19. ^ MMA界引き抜き抗争の象徴カード!UFCを電撃離脱したゲガール・ムサシ、ベラトール初参戦 Abema 格闘TIMES 2017年10月20日
  20. ^ 【Bellator200】ムサシがTKOで王座獲得。カルバーリョに完勝 MMAPLANET 2018年5月26日
  21. ^ 出場全選手インタビュー6・4『PRIDE 武士道 -其の十一-』(ウェルター級編)瀧本誠 & ゲガール・ムサシ PRIDEオフィシャルサイト 2006年6月3日(Internet Archive)
  22. ^ Dynamite!!〜勇気のチカラ2008〜 ゲガールムサシvs武蔵 煽りVTR
  23. ^ 石井慧、長男「孟沙孜(むさし)」命名デイリースポーツ 2015年2月19日
  24. ^ Geghard Movsisian launches qualification process to join Holland’s Olympic teamPAN.am 2011年1月31日

関連項目

外部リンク

前王者
王座新設
初代DREAMミドル級王者

2008年9月23日 - 2009年5月26日(返上)

次王者
N/A
前王者
レナート・ババル
第3代Strikeforce世界ライトヘビー級王者

2009年8月15日 - 2010年4月17日

次王者
キング・モー
前王者
王座新設
初代DREAMライトヘビー級王者

2010年9月25日 - N/A

次王者
N/A
前王者
ハファエル・カルバーリョ
第5代Bellator世界ミドル級王者

2018年5月25日 - 2019年6月22日

次王者
ハファエル・ロバト・ジュニア