ゲンナジー・ゴロフキン 対 サウル・アルバレス第3戦

ゲンナジー・ゴロフキン 対 サウル・アルバレス第3戦(ゲンナジー・ゴロフキン たい サウル・アルバレスたい3せん)は、2022年9月17日にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスT-モバイル・アリーナで開催されたプロボクシングの試合。WBAWBCIBFWBO世界スーパーミドル級統一王者のアルバレスと、WBAIBFIBO世界ミドル級統一王者のゴロフキンが行うタイトルマッチ。過去2戦はミドル級での対戦であったが、第3戦はアルバレスが持つスーパーミドル級王座全てを掛けての対戦となった。イベント名はTRILOGY(トリロギー:完結編)で興行はマッチルーム・スポーツ・USAとカネロ・プロモーションズとGGGプロモーションズの合同興行として行われ[3]、試合はDAZNが5月に続けてアメリカとカナダ、今回からアイルランドとイギリス、ニュージーランドとオーストラリアの6ヶ国に拡大してのペイ・パー・ビュー放送された(日本を含めたその他の配信国は通常通りの放送となった)[4]

TRILOGY
ゲンナジー・ゴロフキン 対 サウル・アルバレス第3戦
開催日 2022年9月17日
認定王座 WBAWBCIBFWBOリングマガジン世界スーパーミドル級タイトルマッチ
開催地 アメリカ合衆国ラスベガス
会場 T-モバイル・アリーナ
観衆 19519人[1]
リングアナ デビッド・ディアマンテ
放送局 DAZN(アメリカとカナダがサウル・アルバレス 対 ディミトリー・ビボル戦に続いて、アイルランドとイギリスにニュージーランドとオーストラリアがペイ・パー・ビュー(その他の国は通常通り配信)[2])
実況・解説 トッド・グリシャム(実況)
セルヒオ・モラ(解説)
ダニエル・ジェイコブス(解説)
クリス・マニック(アナリスト、リポーター)
ケイト・アボド(特設スタジオ進行役)
ジェシカ・マッキャスキル(特設スタジオ解説)
ショーン・ポーター(特設スタジオ解説)
主催 エディー・ハーンマッチルーム・スポーツ・USA
サウル・アルバレス(カネロ・プロモーションズ)
ゲンナジー・ゴロフキン(GGGプロモーションズ)
本田明彦帝拳プロモーション)

サウル・アルバレス 対 ゲンナジー・ゴロフキン
Canelo(カネロ) GGG(トリプルG)
比較データ
32歳 年齢 40歳
ハリスコ州グアダラハラ 出身地 カラガンダ州カラガンダ
61戦 57勝 (39KO) 2敗 2分 戦績 44戦 42勝 (37KO) 1敗 1分
173cm 身長 179cm
167.4 lb (75.9 kg) 体重 167.8 lb (76.1 kg)
179cm リーチ 178cm
オーソドックス 特徴 オーソドックス
エディ・レイノソ 指導者 ジョナサン・バンクス
WBA世界スーパーミドル級スーパー王者WBC世界スーパーミドル級王者・IBF世界スーパーミドル級王者・WBO世界スーパーミドル級王者・リングマガジン世界スーパーミドル級王者・世界4階級制覇王者 評価 WBA世界ミドル級スーパー王者IBF世界ミドル級王者・IBO世界ミドル級王者

結果 アルバレスの12回判定勝ち(3-0)
主審 ラッセル・モーラ
副審 デーブ・モレッティ
スティーブ・ワイスフェルド
デイビッド・サザーランド

試合までの経緯編集

第2戦以前の動向は「ゲンナジー・ゴロフキン 対 サウル・アルバレス第1戦」「ゲンナジー・ゴロフキン 対 サウル・アルバレス第2戦」を参照

第2戦からアルバレスの王座獲得及び防衛まで編集

2018年10月3日、ゴロフキンはキエフで開かれたWBC年次総会でアルバレス第2戦の判定に不服を示し、WBCにアルバレスとの即時の再戦を指令するよう要望する文書を提出するも、WBCはこれを却下して、アルバレスに選択試合を認め、ゴロフキンにはアルバレスへの挑戦権を懸けて同級暫定王者のジャーモール・チャーロと対戦するよう指令を出した[5][6]

2018年12月15日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで、当時ミドル級王者だったアルバレスが階級を上げてWBA世界スーパーミドル級正規王者ロッキー・フィールディングと対戦し、3回2分38秒TKO勝ちを収め、王座を獲得し3階級制覇に成功した[7]

2019年10月7日、アルバレスがメキシコのTVアステカのインタビューにおいて「私は既にプロモーターに伝えている。もし私をゴロフキンと戦わせたいのであれば、それはいくらかのビジネスにすぎず、チャレンジではない。私は彼に勝った。24ラウンドも与えて、彼は何もできなかった」とコメントし、ゴロフキンとの第3戦には否定的であることを明らかにした[8]

2020年5月6日、ビッグマッチを組みたいDAZNの意向と、2試合で決着はついたとこれまで対戦を渋っていたサウル・アルバレスが考えを変えたため、9月12日に第3戦目を行う案が浮上するが、ゴロフキンは、アルバレス陣営から前年9月とこの年の5月の2度に渡って対戦を拒否されたので、アルバレスの意向に合わせるのではなく、元々の計画だったカミル・シェレメタとのIBF指名戦を優先させ、9月にはアルバレスと対戦するつもりはないとする旨のコメントを発表した[9]

2020年12月6日、アルバレスがインタビューでゴロフキンとの第3戦について「ゴロフキンが望んでいる唯一の戦いが私との試合であることは知っている。私たちはパンデミックが始まる前にゴロフキン陣営と対戦交渉をしていたが、残念ながらパンデミックが起き、すべてがキャンセルとなってしまった」「168ポンドでタイトルを統一して歴史を作りたい。ゴロフキンはそのあとに考えたい」とコメントし、現段階ではスーパーミドル級4団体統一を目標としており、ゴロフキンとの第3戦はその後考えたいと表明した[10]

2020年12月19日、テキサス州サンアントニオアラモドームで、アルバレスがWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミスとWBA王座団体内統一戦並びにWBC世界スーパーミドル級王座決定戦で対戦し、12回3-0(117-111、119-109×2)の判定勝ちを収め、WBAは王座統一による初防衛、空位だったWBC王座の獲得、スミスが保持していたリングマガジン認定王座の獲得にも成功した[11]

2021年2月28日、フロリダ州マイアミハードロック・スタジアムで、アルバレスがWBC世界スーパーミドル級1位で指名挑戦者アブニ・イルディリムと対戦し、3回終了TKO勝ちを収めWBA王座は2度目、WBC王座の初防衛に成功した。試合後に5月8日にWBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースとの3団体王座統一戦が発表された[12]

2021年5月8日、テキサス州のAT&Tスタジアムで、アルバレスがWBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースと3団体王座統一戦を行い、8回終了TKO勝ちを収めWBA王座は3度目、WBC王座の2度目の防衛と、WBO王座の獲得に成功し3団体王座統一を果たした[13]

2021年11月6日、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで、アルバレスがIBF世界スーパーミドル級王者カレブ・プラントと4団体王座統一戦を行い、11回1分5秒TKO勝ちを収め、WBA王座は4度目、WBC王座は3度目、WBO王座の初防衛及びIBF王座を獲得し、史上7人目となる主要4団体統一に成功しスーパーミドル級では初の4団体統一王者になった[14]

2022年3月19日、ゴロフキンがゴールデンボーイ・プロモーションズオスカー・デ・ラ・ホーヤを相手取り、2018年9月に行われたサウル・アルバレス第2戦に関連しての未払い分があるとして、300万ドル(約3億9千万円)以上の損害賠償を求め提訴した[15][16]

2022年5月7日、ラスベガス・T-モバイル・アリーナでWBA世界ライトヘビー級スーパー王者ディミトリー・ビボルと対戦するが、12回0-3(113-115×3)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[17]。試合後、アルバレスは次戦をビボルとの再戦を希望していたが[18]、「私たちは既にゴロフキン戦の契約を結んでいる。始めたことは進めていかなければならない。私たちには2つの大きな戦いがある。それはゴロフキン戦とビボルとの再戦だ」とESPNのインタビューに応じ次戦がゴロフキンとの第3戦が濃厚であると報じられた[19]

第3戦決定から試合まで編集

2022年5月24日、アルバレスとゴロフキンの第3戦が9月17日にスーパーミドル級タイトルマッチとして第2戦から4年振りに再戦することが発表された[20]

2022年6月21日、アルバレスVSゴロフキン第3戦の試合会場が過去2戦と同じT-モバイル・アリーナで行われることが発表された[21]

2022年6月24日、アルバレスVSゴロフキン第3戦の記者会見がロサンゼルスで行われた。アルバレスは「あいつはいつもいい人のフリをしている。私はいい人のフリをするのは好きではない」と激しくゴロフキンを挑発するも、ゴロフキンは通訳を通じて「挑発的な質問には答えたくない」と回答し、大人の態度でアルバレスの挑発をスルーしたが[22]、「もし、彼が一度でも間違ったことをしたのであれば、それを完全に忘れ去ることはできない。悪事の後、クリーンなままではいられない。それは彼にいつまでもついてまわることになるよ」と以前のアルバレスの薬物騒動を皮肉った[23]

2022年6月27日、ロサンゼルスに引き続きニューヨークで第3戦の記者会見が行われ、同日ヤンキー・スタジアムで行われたMLBニューヨーク・ヤンキースVSオークランド・アスレチックス戦の始球式にアルバレスが背番号『9』、ゴロフキンが背番号『17』のユニフォームを着て登場し、「9月17日決戦」をファンにアピール、それぞれ同時にファーストピッチを行い、試合の前の景気を盛り立てた[24]

2022年7月11日、アンダーカードでWBC世界スーパーフライ級王者ジェシー・ロドリゲスがWBC世界スーパーフライ級10位イスラエル・ゴンサレスと防衛戦を行うことが発表された[25]

2022年9月13日、アルバレスとゴロフキンがラスベガスに到着。MGMグランドでプレゼンテーションを行い、アルバレスは「ベストのゴロフキンを想定している。皆さんに素晴らしいファイトをお見せする」とコメントし、ゴロフキンは「引退を考えた時期もあったけど、これからも世界チャンピオンとして長いキャリアを送りたい」と意気込みを明かした[26]

2022年9月16日、前日計量が行われ、アルバレスが167.4ポンド、ゴロフキンが167.8ポンドを計測し両者とも一発で計量をパスした[27]

2022年9月17日、T-モバイル・アリーナで行われたWBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチに於いて、アルバレスが12回3-0(116-112、115-113×2)の判定勝ちを納めWBA王座は5度目、WBC王座は4度目、WBO王座は2度目、IBF王座の初防衛に成功した[28]。試合後の会見で、アルバレスは左手首の靭帯損傷を明らかにし長期離脱の可能性があることを表明した[29]

対戦カード編集

階級 契約 vs. 結果 ラウンド 時間 Notes
スーパーミドル級 168 lbs.   サウル・アルバレス (c)   ゲンナジー・ゴロフキン 3-0 12R - Note 1
スーパーフライ級 115 lbs.   ジェシー・ロドリゲス (c)   イスラエル・ゴンサレス 3-0 12R - Note 2
スーパーミドル級 168 lbs.   アリ・アフメドフ   ガブリエル・ロサド 3-0 10R - Note 3
ミドル級 160 lbs.   オースティン・ウィリアムス   キーロン・コンウェイ 3-0 10R - Note 4
ミドル級 160 lbs.   ディエゴ・パチェコ   エンリケ・コラーゾ TKO 5R 2:29 Note 5

^Note 1 WBAWBCIBFWBOリングマガジン世界スーパーミドル級タイトルマッチ
^Note 2 WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
^Note 3 IBF北米スーパーミドル級王座決定戦・WBC世界スーパーミドル級シルバー王座決定戦
^Note 4 WBAインターナショナルミドル級王座決定戦
^Note 5 WBC全米スーパーミドル級王座決定戦

採点表編集

ネバダ州アスレチック・コミッション
公式採点表
王座:WBAスーパーWBCIBFWBOリングマガジン世界スーパーミドル級タイトルマッチ   主審:ラッセル・モーラ   立会人:ヒルベルト・メンドーサ・ジュニア(WBA:パナマ,WBA会長)
マウリシオ・スレイマン(WBC:メキシコ,WBC会長)
カルロス・オルティス・ジュニア(IBF:アメリカ合衆国,チャンピオンシップチェアマン)
フランシスコ・バルカルセル(WBO:プエルトリコ,WBO会長)
開催日:2022年9月17日 会場:ネバダ州ラスベガスT-モバイル・アリーナ 主催:マッチルーム・スポーツ・USA
カネロ・プロモーションズ
GGGプロモーションズ
サウル・アルバレス ゲンナジー・ゴロフキン サウル・アルバレス ゲンナジー・ゴロフキン サウル・アルバレス ゲンナジー・ゴロフキン
RS TS TS RS RS TS TS RS RS TS TS RS
10 1 9   9 1 10   9 1 10
10 20 2 18 9 10 19 2 19 9 10 19 2 19 9
10 30 3 27 9 10 29 3 28 9 10 29 3 28 9
10 40 4 36 9 10 39 4 37 9 10 39 4 37 9
10 50 5 45 9 10 49 5 46 9 10 49 5 46 9
9 59 6 55 10 10 59 6 55 9 10 59 6 55 9
10 69 7 64 9 10 69 7 64 9 10 69 7 64 9
9 78 8 74 10 9 78 8 74 10 9 78 8 74 10
10 88 9 83 9 10 88 9 83 9 9 87 9 84 10
9 97 10 93 10 9 97 10 93 10 10 97 10 93 9
10 107 11 102 9 9 106 11 103 10 9 106 11 103 10
9 116 12 112 10 9 115 12 113 10 9 115 12 113 10
116 112   115 113   115 113
副審:デーブ・モレッティ 副審:スティーブ・ワイスフェルド 副審:デイビッド・サザーランド
処分:無し 減点:無し 結果:アルバレス12回3-0の判定勝ち

脚注編集

  1. ^ Canelo vs. GGG 3”. Tapology.com. 2022年9月24日閲覧。
  2. ^ Canelo vs. Golovkin Trilogy Official For September 17, DAZN PPV”. BoxingScene.com. 2022年5月24日閲覧。
  3. ^ Canelo Indicates Golovkin Trilogy Is Next, Then Bivol Rematch”. BoxingScene.com. 2022年5月23日閲覧。
  4. ^ Canelo vs. Golovkin Trilogy Official For September 17, DAZN PPV”. BoxingScene.com. 2022年5月24日閲覧。
  5. ^ Golovkin Not Happy With WBC's Decision on Canelo's Title”. Boxing Scene.com (2018年10月6日). 2018年10月9日閲覧。
  6. ^ WBCがカネロに選択防衛戦認める チャーロ兄とゴロフキンに挑戦者決定戦を指令”. デイリースポーツ (2018年10月4日). 2018年10月9日閲覧。
  7. ^ カネロ3回TKOで3階級制覇 次戦は5月4日と明言 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月16日
  8. ^ カネロ「新しい挑戦したい」ゴロフキン第3戦は否定的 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年10月8日
  9. ^ Golovkin is Firm on Canelo: He Avoided Trilogy, I'm Fighting Szeremeta!”. Boxing Scene.com (2020年5月6日). 2020年6月22日閲覧。
  10. ^ 12.19スミス戦のカネロ S・ミドル級統一を希望 ミドル級ゴロフキンとの第3戦は後回し Boxing News(ボクシングニュース) 2020年12月7日
  11. ^ カネロがスミスを圧倒 S・ミドル級2冠を手中 キャリアのベストファイトをアピール Boxing News(ボクシングニュース) 2020年12月20日
  12. ^ カネロが楽々3回TKO勝ち 5.8サンダースと3団体統一戦発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2021年2月28日
  13. ^ カネロは8回終了TKO勝ち S・ミドル級3団体統一 秋に4団体制覇目指す Boxing News(ボクシングニュース) 2021年5月8日
  14. ^ カネロに新たな勲章 プラントを11回TKOでS・ミドル級4冠統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2021年11月7日
  15. ^ Golovkin Sues Golden Boy Promotions For At Least $3 Million Owed From Canelo Rematch”. Boxing Scene.com (2022年3月19日). 2022年6月16日閲覧。
  16. ^ Middleweight champ Gennadiy Golovkin sues Golden Boy Promotions for minimum $3 million, says he's still owed money from 2018 Alvarez bout”. ESPN.com (2022年3月21日). 2022年6月16日閲覧。
  17. ^ カネロがメイウェザー戦以来の敗北「体重差を感じた」 ビボルが不利予想覆して勝利 Boxing News(ボクシングニュース)2022年5月8日
  18. ^ ビボルに敗れたカネロの新たな戦略は? ダイレクトリマッチか、ゴロフキンとの第3戦か Boxing News(ボクシングニュース)2022年5月9日
  19. ^ S・ミドル級4団体統一王者カネロ 9月はビボル再戦ではなくゴロフキン第3戦を選択か Boxing News(ボクシングニュース)2022年5月24日
  20. ^ 9.17カネロvs.ゴロフキン3 因縁のビッグマッチ正式発表 S・ミドル級4冠戦はカネロ有利予想 Boxing News(ボクシングニュース)2022年5月25日
  21. ^ カネロvs.ゴロフキン3はTモバイル・アリーナ 9.17スーパー・ミドル級4団体統一戦 Boxing News(ボクシングニュース)2022年6月22日
  22. ^ カネロがゴロフキンに憎悪むき出し「あいつはナイスガイのフリをしてるだけ」 9.17完全決着戦 Boxing News(ボクシングニュース)2022年6月25日
  23. ^ カネロ&GGG第3戦 超異例の1分超フェイスオフに海外仰天「瞬きしないのはどっちだ」 THE ANSWER 2022年6月25日
  24. ^ カネロとゴロフキンがヤンキース戦で始球式 背番号9と17で9.17決戦アピール Boxing News(ボクシングニュース)2022年6月29日
  25. ^ 軽量級スター候補 ジェシー・ロドリゲス 9.17カネロvs.ゴロフキン3でWBC・S・フライ級V2戦 Boxing News(ボクシングニュース)2022年7月12日
  26. ^ 今週末いよいよカネロ&ゴロフキン3 両王者ラスベガス入りでフェイスオフ Boxing News(ボクシングニュース)2022年9月14日
  27. ^ 有利予想のカネロが返り討ちか、ゴロフキンの4年越しの雪辱か 因縁決着戦あすゴング Boxing News(ボクシングニュース)2022年9月17日
  28. ^ スコアカード カネロがゴロフキンに明白決着 S・ミドル級4団体王座守る Boxing News(ボクシングニュース)2022年9月18日
  29. ^ カネロの負傷は左手首靭帯損傷 長期離脱の可能性も 対戦相手候補ベナビデスはバッサリ Boxing News(ボクシングニュース)2022年9月20日

外部リンク編集