メインメニューを開く

ブライアン・コーディ・ランサムBryan Cody Ransom , 1976年2月17日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州メサ出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

コーディ・ランサム
Cody Ransom
Lions Cody Ransom.JPG
埼玉西武ライオンズ時代
(2014年4月2日 QVCマリンフィールドにて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州メサ
生年月日 (1976-02-17) 1976年2月17日(43歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1998年 9巡目(全体278位)
初出場 MLB / 2001年9月5日
NPB / 2014年3月28日
最終出場 MLB / 2013年8月31日
NPB / 2014年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

アマチュア時代編集

チャンドラー高校を卒業した1995年に43巡目でクリーブランド・インディアンスに指名されるが拒否し、サウス・マウンテン短大に進学。在学中に2人の死者を出す交通事故に巻き込まれるが、助かった。1998年からはグランド・キャニオン大学に移り、大学野球で.330、8本塁打、48打点の活躍をする。

ジャイアンツ時代編集

1998年ドラフト9巡目(全体278位)でサンフランシスコ・ジャイアンツに指名され契約を結びプロ入りを果たした。

2001年9月5日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビューを果たした。ジャイアンツ時代は主に守備固めで起用され、マイナーとメジャーの往復が続いた。

2002年9月29日のシーズン最終ヒューストン・アストロズ戦でメジャー初スタメン出場を果たし、第1打席にロイ・オズワルトからメジャー初安打を記録する。第3打席にはブランドン・パッファーから安打してメジャー初打点を記録。この際、二塁から生還した同僚・新庄剛志の走塁に感謝し、同じく同試合でメジャー初打点を挙げた際の新庄の一塁から生還する走塁に感謝した若手の同僚・トレイ・ランスフォードと共に、試合後の新庄へ礼を述べた[1]

2003年8月8日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でビセンテ・パディーヤからメジャー初本塁打を放った。

2004年12月21日にFAとなった。

レンジャーズ・カブス時代編集

2005年1月20日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。3月30日、金銭トレードでテキサス・レンジャーズへ移籍した。AAA級オクラホマ・レッドホークスでプレーするも、5月25日に放出された。2日後の27日にカブスと再契約を結び、シーズンの残りをアイオワ・カブスでプレーした。10月15日にFAとなった。

アストロズ時代編集

2006年1月27日にシアトル・マリナーズと契約した。スプリングトレーニングでは19試合に出場し、打率.219だった。マイナーへ合流したのち、3月30日にヒューストン・アストロズへ金銭トレードで移籍した。このシーズンはAAA級ラウンドロック・エクスプレスでプレーした。

2007年、3年ぶりにメジャー昇格を果たし、9月16日のピッツバーグ・パイレーツ戦ではポール・マホームからメジャー復帰後初の本塁打を放った。

ヤンキース時代編集

2007年11月27日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ。2008年8月15日にメジャー昇格。球団史上初となる移籍後初打席から2打席連続本塁打を放った[2]。1本目は8月17日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦、2本目は8月22日のボルチモア・オリオールズ戦であった。9月21日のオリオールズ戦ではブライアン・ロバーツが放った打球を一塁へ素早く投げアウトにした。これがこの年限りで閉鎖となるヤンキースタジアムの歴史上最後の刺殺となった[2]。9月26日のボストン・レッドソックス戦では自身初の1試合2本塁打を放った[2]

2009年アレックス・ロドリゲスが右臀部の手術で開幕が間に合わないため、三塁手で自身初の開幕スタメンを果たした[3]。しかし、4月25日自身も四頭筋を故障しDL入りとなった[4]。8月5日にDFAとなり[5]、同月7日に放出された。しかし、その3日後の10日にヤンキースとマイナー契約を結んだ。内野のユーティリティーとして重宝された。11月9日にFAとなった。

フィリーズ時代編集

 
フィリーズ時代(2010年7月9日)

2009年12月14日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ。2010年は怪我で離脱したチェイス・アトリープラシド・ポランコの穴を埋めるために三塁手のほかに、二塁手や一塁手でのスタメン出場もあった。11月6日にFAとなった。

ダイヤモンドバックス時代編集

2011年1月19日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約。ダイヤモンドバックスでは遊撃手と三塁手として起用された。10月10日にFAとなったが、12月11日にマイナー契約を結んだ。

2012年の開幕はAAAで過ごすも、クリス・ヤングが故障者リスト入りしたことに伴い、4月18日に昇格した[6]。しかし5月21日にDFAとなった[7]

ブルワーズ時代編集

2012年5月23日にウェーバーでミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[8]。7月13日のピッツバーグ・パイレーツ戦で自身初の満塁本塁打を放った[9]。主に遊撃手のスタメンとして起用された。ブルワーズでは自己最多の6本塁打を放つも打率.196と確実性を欠き、再びDFAとなった。

ダイヤモンドバックス復帰編集

2012年8月31日にウェーバーでダイヤモンドバックスへ復帰した[10]。11月3日にFAとなった。

パドレス時代編集

2012年12月21日、サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ[11]

2013年チェイス・ヘッドリーローガン・フォーサイスがスプリングトレーニングで故障したため、自身3度目の開幕ロースターに入り、自身2度目の開幕スタメンをはたした[12]。しかし4月12日にDFAとなった。

カブス時代編集

2013年4月16日にウェーバーでシカゴ・カブスへ移籍した。9月8日にDFAとなり、同月16日に放出された。

西武時代編集

2013年12月20日埼玉西武ライオンズが獲得したと発表した[13]

2014年、開幕戦に7番・三塁で先発出場[14]したが、38試合の出場で打率.212、2本塁打12打点と打撃が不調だった[15]7月27日に球団より戦力外通告を受け、翌28日にウエーバー公示にかけられることが発表された[16]

西武退団後編集

2015年2月24日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結ぶ。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2001 SF 9 7 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .000 .000 .000 .000
2002 7 4 3 2 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 1 0 1 0 .667 .750 .667 1.417
2003 20 28 27 7 6 1 0 1 10 1 0 0 0 0 1 0 0 11 0 .222 .250 .370 .620
2004 78 78 68 13 17 6 0 1 26 11 2 2 3 0 6 0 1 20 2 .250 .320 .382 .702
2007 HOU 19 46 35 9 8 2 0 1 13 3 0 0 0 0 9 1 2 9 1 .229 .413 .371 .784
2008 NYY 33 51 43 9 13 3 0 4 28 8 0 0 1 0 6 0 1 12 0 .302 .400 .651 1.051
2009 31 86 79 11 15 9 1 0 26 10 2 0 0 0 7 0 0 25 3 .190 .256 .329 .585
2010 PHI 22 46 42 6 8 0 0 2 14 5 1 0 1 0 3 0 0 11 0 .190 .244 .333 .577
2011 ARI 12 37 33 3 5 2 0 1 10 4 1 0 0 0 3 0 1 9 3 .152 .243 .303 .546
2012 26 88 78 11 21 7 0 5 43 16 0 0 0 0 7 0 3 30 1 .269 .352 .551 .903
MIL 64 194 168 18 33 7 0 6 58 26 0 1 3 0 23 0 0 79 5 .196 .293 .345 .638
'12計 90 282 246 29 54 14 0 11 101 42 0 1 3 0 30 0 3 109 6 .220 .312 .411 .723
2013 SD 5 11 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .000 .000 .000 .000
CHC 57 182 158 21 32 10 1 9 71 20 0 0 1 0 22 0 1 57 4 .203 .304 .449 .753
'13計 62 193 169 21 32 10 1 9 71 20 0 0 1 0 22 0 1 62 4 .189 .286 .420 .706
2014 西武 38 138 118 8 25 8 0 2 39 12 0 1 1 0 18 1 1 49 1 .212 .321 .331 .652
MLB:11年 383 858 752 111 160 47 2 30 301 105 6 3 9 0 88 2 9 274 19 .213 .303 .400 .703
NPB:1年 38 138 118 8 25 8 0 2 39 12 0 1 1 0 18 1 1 49 1 .212 .321 .331 .652
  • 2014年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 1 (2001年、2011年 - 2012年途中、2012年途中 - 同年終了、2013年)
  • 2 (2002年 - 2004年)
  • 10 (2007年)
  • 29 (2008年 - 同年途中)
  • 60 (2008年途中 - 同年終了)
  • 12 (2009年 - 2010年)
  • 21 (2012年途中 - 同年途中)
  • 6 (2014年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 書籍 『SHINJO 夢をありがとう―新庄剛志と過ごしたアメリカ滞在記・北海道観戦記』 小島克典 (廣済堂出版 2007年3月) 198 - 200ページ
  2. ^ a b c Chuck, Bill. 100 random things about the Red Sox, Rays, and Yankees, The Boston Globe. Published April 2, 2009. Retrieved May 2, 2009.
  3. ^ Smith, Tim. In A-Rod's absence, Cody Ransom making the most of opportunity with Yankees, New York Daily News. Published March 31, 2009. Retrieved May 2, 2009.
  4. ^ Carig, Marc. Chien-Ming Wang (hip flexors), Cody Ransom (quad), to go on disabled list, Brian Bruney to get checked out as injuries pile up for New York Yankees, The Star-Ledger. Published April 25, 2009. Retrieved May 2, 2009.
  5. ^ http://yankees.lhblogs.com/2009/08/05/game-107-yankees-at-blue-jays/
  6. ^ Strittmatter, Dan (2012年4月18日). “Cody Ransom Called Up To D-backs; Chris Young to DL”. AZ Snake Pit. SBNation. 2013年4月6日閲覧。
  7. ^ D'Backs Designate Cody Ransom For Assignment MLBTraderumors.com Retrieved 21 May 2012
  8. ^ Pouliot, Matthew (2012年5月23日). “Brewers pick up Cody Ransom on waivers from Arizona”. Hardball Talk. NBC Sports. 2013年4月6日閲覧。
  9. ^ http://scores.espn.go.com/mlb/recap?gameId=320713108
  10. ^ Gilbert, Steve (2012年8月31日). “D-backs claim Ransom off waivers from Brewers”. MLB.com. 2013年4月6日閲覧。
  11. ^ Nicholson-Smith, Ben (2012年12月21日). “Padres sign Cody Ransom”. MLBTradeRumors. 2013年4月6日閲覧。
  12. ^ Lin, Dennis (2013年3月30日). “Ransom ready for Opening Day”. The San Diego Union-Tribune. http://www.utsandiego.com/news/2013/mar/30/padres-cody-ransom-opening-day/ 2013年4月6日閲覧。 
  13. ^ 埼玉西武ライオンズ公式サイト - チームニュース 12月20日
  14. ^ 2014年3月28日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs東北楽天)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年5月26日閲覧。
  15. ^ 西武 ランサムに戦力外通告 2本塁打に終わるスポーツニッポン2014年7月27日配信
  16. ^ 埼玉西武ライオンズ選手契約について西武球団公式サイト2014年7月27日配信

関連項目編集

外部リンク編集