サルヴァトーレ・スキラッチ

イタリアのサッカー選手

サルヴァトーレ・スキラッチ(Salvatore Schillaci, 1964年12月1日-)は、イタリアパレルモ出身のサッカー選手。選手時代のポジションはフォワード。「トト」のニックネームで親しまれた。イタリア語の発音により近づけた表記は「スキッラーチ」(「ッ」は「ラ」の前)となる。元イタリア代表。

サルヴァトーレ・スキラッチ Football pictogram.svg
Salvatore Schillaci.jpg
名前
愛称 トト
ラテン文字 Salvatore SCHILLACI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1964-12-01) 1964年12月1日(56歳)
出身地 パレルモ
身長 171cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1981-1982 イタリアの旗 AMATパレルモ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1989 イタリアの旗 メッシーナ 219 (61)
1989-1992 イタリアの旗 ユヴェントス 90 (26)
1992-1994 イタリアの旗 インテル・ミラノ 30 (11)
1994-1997 日本の旗 ジュビロ磐田 78 (56)
代表歴
1990-1991 イタリアの旗 イタリア 16 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

選手時代編集

1981年に地元のアマチュアクラブ、AMATパレルモでデビュー。翌シーズンにACRメッシーナへ移籍し、クラブのセリエB昇格に貢献。自身も1988-89シーズンのセリエB得点王になり、その活躍が認められてセリエAユヴェントスへ移籍し、1989-90シーズンのリーグ戦で15得点を挙げる活躍[1]、また同シーズンのUEFAカップ優勝に貢献した。

この活躍によりイタリア代表に選出され1990年3月31日スイス戦で代表デビューを果たし[2] 、その2か月後に開催された地元でのイタリアW杯ではグループリーグ初戦のオーストリア戦で後半75分過ぎから出場し、決勝ゴールを奪い[2]、第3戦のソビエト戦からは以降不調のカルネヴァーレに代わって先発出場し、3位決定戦となったイングランド戦でも1ゴール1アシストを決め[2]、イタリアを3位へ導いた。グループリーグ第2戦以外の全ての試合でゴールを決め[2]、7試合で6得点を記録し得点王となると共にゴールデンボール賞を受賞、この時の活躍で「トト」[3]と渾名された。この活躍で1990年のバロンドール投票では第2位になった[4]

しかし、その後は故障などもあって不調に陥り、1992-93シーズン、インテル・ミラノへ移籍、そのシーズンはリーグ戦6ゴールに終わった[1]。1993-94シーズン、開幕から3試合連続ゴールを決めるなど好調なスタートを切ったが[1]、11月から故障のため長期離脱[5]、3月に復帰し、第28節のミラノダービーでは途中出場から同点ゴールを決め[5][1]、第29節のジェノア戦でも2試合連続にしてセリエAでのラストゴールを決めた[1]。チームはUEFAカップで勝ち上がっていたものの、中山雅史が負傷を抱えていたこと、開幕前に契約したアリ・ダエイが3ヶ月経ってもイランからの出国を許可されない状態であったため、ジュビロが強く要望し[5]、契約期間を半年前倒ししてチームを離れた[5]

1994年、4月15日にメデカルチェックを受け、チームと契約[5]、4月18日に入団会見が行われジュビロ磐田に入団した[5]。1994年4月30日のヴェルディ川崎戦でJリーグ初ゴールを決めた[6]。1995年シーズンは同年6月28日の柏レイソル戦でハットトリックを達成するなど[7]福田正博に次ぐ31得点を挙げた。1996年5月15日のベルマーレ平塚戦でもハットトリックを達成した[7]1997年4月19日のセレッソ大阪戦でゴールを決めたが[8]、その試合以降腰痛が悪化して帰国。そのまま磐田を退団して現役を引退した。

引退後編集

引退後は地元のパレルモでサッカースクールを開設している。

2008年、中田英寿が主催した特別試合「+1 FOOTBALL MATCH(プラスワンフットボールマッチ)」に参戦。11番FWとして試合に先発した。またユベントスレジェンドの一員としてチャリティーマッチに参加した。

個人成績編集

クラブでの成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1981-82 パレルモ
1982-83 メッシーナ セリエC2 26 3
1983-84 セリエC1 26 4
1984-85 31 4
1985-86 31 11
1986-87 セリエB 33 3
1987-88 37 13
1988-89 35 23
1989-90 ユヴェントス セリエA 30 15
1990-91 29 5
1991-92 31 6
1992-93 インテル・ミラノ 21 6 0 0
1993-94 9 5 3 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1994 磐田 - J 18 9 4 5 1 0 23 14
1995 34 31 - 0 0 34 31
1996 23 15 8 3 0 0 31 18
1997 11 3 1 2 1 0 0 5 2
通算 イタリア セリエA
イタリア セリエB
イタリア セリエC1
イタリア セリエC2
日本 J 78 56 14 9 1 0 93 65
総通算

代表での成績編集

出典[9]


イタリア代表国際Aマッチ
出場得点
1990 12 6
1991 4 1
通算 16 7

タイトル編集

クラブ編集

メッシーナ
ユヴェントス

個人編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e Salvatore Schillaci All goals”. www.transfermarkt.com. 2020年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d Salvatore Schillaci National team”. www.transfermarkt.com. 2020年8月20日閲覧。
  3. ^ 幸運、救世主、などの意。
  4. ^ Ballon d’Or Winners-liveabout.com
  5. ^ a b c d e f  週刊サッカーマガジン 1994年5月11日/18日号 no454 p。24-25
  6. ^ スキラッチ”. data.j-league. 2020年4月9日閲覧。
  7. ^ a b ハットトリック一覧-Jleague Data site 2018年2月10日
  8. ^ 1997Jリーグ 1stステージ 第3節”. data.j-league. 2020年4月9日閲覧。
  9. ^ Schillaci, Salvatore”. National-Football-Teams.com. 2017年7月9日閲覧。

外部リンク編集