サンポット株式会社: Sunpot Co., Ltd.)は、岩手県花巻市に本社を置き、暖房器具などの製造販売をおこなう企業である。

サンポット株式会社
Sunpot Co., Ltd.
Sunpot logo.png
種類 株式会社
市場情報
東証2部 3428
2003年6月18日 - 2007年6月26日
本社所在地 日本の旗 日本
025-0301
岩手県花巻市北湯口第二地割1番地26号
設立 1965年4月1日
業種 金属製品
法人番号 1400001005717
事業内容 暖房器具などの製造、販売
代表者 眞賀幸八(代表取締役社長
資本金 9億6,220万円
(2018年12月期)
売上高 103億9,343万4千円
(2018年12月期)
営業利益 2億5,934万7千円
(2018年12月期)
経常利益 2億8,128万6千円
(2018年12月期)
純利益 1億8,335万3千円
(2018年12月期)
純資産 68億1,736万5千円
(2018年12月期)
総資産 99億6,755万2千円
(2018年12月期)
従業員数 296名
(2019年3月31日現在)
決算期 12月31日
会計監査人 仰星監査法人
主要株主 長府製作所 (100%)
主要子会社 サンポットエンジニアリング (100%)
外部リンク http://www.sunpot.co.jp/
特記事項:経営指標は2018年12月期第55期貸借対照表・損益決算書
テンプレートを表示
学校の教室に設置されたサンポット製FF式石油ファンヒーター本体(左)および灯油タンク(右)

概要編集

同社はもともと東京瓦斯トーメン(現・豊田通商)が共同出資して設立した、関東ガス器具(ガスター)の石油ストーブ部門がルーツとなっている。設立当初からポット燃焼(石油に点火した後に空気を混ぜて燃焼させ、排気ガスを煙突で屋外に排気する)方式の石油暖房器具を専門としており、寒冷地域である北海道、および青森岩手秋田各県での販売シェアが高い。学校の教室や、公共施設などの大きめの部屋向けの、業務用のFF暖房機などを中心に製造している。

三洋電機の石油暖房機撤退後は家庭用クラスでは唯一のロータリー式ファンヒーターの供給メーカーである。2018-2019シーズンは同業者であるトヨトミより同社のポット式燃焼バーナー(レーザーバーナー)の特許権の供給を受け、「ハイブリッドバーナー」の自社名称で製造し、ロータリー式は一旦全てカタログ落ちしたが、2019-2020シーズンからは気化器の駆動系を一新した「リニアロータリーバーナー」搭載の製品を投入予定。

沿革編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ “長府製作所、サンポットを株式交換で完全子会社化”. ロイター (トムソン・ロイター). (2007年5月18日). https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-26030220070518 2020年1月24日閲覧。 

外部リンク編集