メインメニューを開く

デビッド・シェリー・ダンカンDavid Shelley Duncan, 1979年9月29日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身の元プロ野球選手一塁手外野手)。右投右打。2019年シーズンよりMLBトロント・ブルージェイズでフィールドコーディネイターを務める。

シェリー・ダンカン
Shelley Duncan
トロント・ブルージェイズ フィールドコーディネイター
Shelley Duncan on April 17, 2013.jpg
レイズでの現役時代(2013年4月17日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州ツーソン
生年月日 (1979-09-29) 1979年9月29日(39歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2001年 MLBドラフト2巡目
初出場 2007年7月20日
最終出場 2013年
年俸 $550,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

父のデーブ・ダンカン英語版は元捕手のメジャーリーガー(後に投手コーチ)、弟もクリス・ダンカンという野球一家[2]

目次

経歴編集

プロ入り前編集

アリゾナ大学時は大学オールアメリカン、PAC-10オールスターに選ばれるなど活躍した。

プロ入りとヤンキース時代編集

2001年MLBドラフト2巡目(全体62位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。

2005年、AA級トレントン・サンダーでリーグトップの32本塁打、92打点を記録した。イースタンリーグのオールスターゲームにも出場し、ホームランダービーで優勝している。翌2006年打率.351、19本塁打と好成績を残す。

2007年、AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースで打率.296、25本塁打、長打率.577(336打席)と好成績を残す。ジェイソン・ジアンビの故障などのチーム事情もあり、シーズン途中でメジャー昇格を果たす。7月20日のタンパベイ・デビルレイズ戦に指名打者としてメジャーデビュー。初安打・初打点を記録すると、翌日の試合では初本塁打、翌々日には2本塁打を放つ。昇格後10試合で5本塁打と、当時通算500号本塁打を前に金縛り状態にあったアレックス・ロドリゲスを尻目にチームを救う活躍をみせた。

2008年はレギュラー候補として期待されていたが、3月12日のタンパベイ・レイズとのオープン戦で二塁を守る岩村明憲に対して危険なスライディングを行って両軍入り乱れての乱闘となり、3試合の出場停止処分を科された。

2009年インターナショナルリーグMVP英語版に選ばれるなどAAA級スクラントン・ウィルクスバリでは活躍したが、メジャーでは結果を残せなかった。

インディアンス時代編集

2010年1月4日、クリーブランド・インディアンスと契約した[3]。開幕を傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズで迎えたが、その後、昇格。

インディアンスでは2010年から2年連続で二桁本塁打を放っている。

2012年8月29日にDFAとなった[4]後は傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ配属された。レギュラーシーズン終了後の10月9日にFAとなった[5]

レイズ時代編集

2013年1月22日にレイズとマイナー契約を結んだ。開幕ロースター入りを果たしたが、4月30日にDFAとなった後は傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ配属された。レギュラーシーズン終了後の10月11日にFAとなった[5]

レッズ傘下時代編集

2014年1月21日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだが、3月24日に放出された。

その後、5月8日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。傘下のAAA級ルイビル・バッツでプレーしていたが、6月18日に自由契約となった[5]。この年が現役最後のシーズンとなった。

引退後編集

引退翌年の2015年よりアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下のマイナーであるA-級ヒルズボロ・ホップス英語版[6]とA+級バイセイリア・ローハイド[7]の2球団でそれぞれ2年間監督を務めた。

2019年シーズンからはトロント・ブルージェイズでフィールドコーディネイターを務める[8]

人物編集

現役時代、ダッグアウトに戻った際のハイファイブやチェストバンプ(胸を突き合う)といったアクションが熱血的で激しく、笑いの対象にもなっている。そこから付いたニックネームは"Slam"。2007年当時にヤンキースの監督であったジョー・トーリは、『ダンカンがチームメイトに出迎えられるだろう時はいつも、(私には危険だから)彼を避けようとしているんだ』と語っている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2007 NYY 34 83 74 16 19 1 0 7 41 17 0 0 1 0 20 0 0 8 2 .257 .329 .554 .883
2008 23 65 57 7 10 3 0 1 16 6 0 0 0 1 15 0 0 13 1 .175 .262 .281 .543
2009 11 15 15 1 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .200 .200 .200 .400
2010 CLE 85 259 229 29 53 10 0 11 96 36 1 0 0 1 26 2 3 76 4 .231 .317 .419 .736
2011 76 247 223 29 58 17 0 11 108 47 0 1 0 2 19 1 3 56 7 .260 .324 .484 .808
2012 81 264 232 29 47 10 0 11 90 31 1 2 0 3 28 1 1 59 9 .203 .288 .388 .676
2013 TB 20 64 55 6 10 1 0 2 17 6 0 0 0 0 9 0 0 14 4 .182 .297 .309 .606
MLB:7年 330 997 885 117 200 42 0 43 371 144 2 3 1 7 97 4 7 243 28 .226 .305 .419 .724

表彰編集

MiLB

背番号編集

  • 17(2007年 - 2008年)
  • 28(2009年)
  • 47(2010年 - 2012年)
  • 15(2013年)

脚注編集

  1. ^ Shelley Duncan Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月12日閲覧。
  2. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ http://yankees.lhblogs.com/2010/01/04/shelley-duncan-signs-with-the-indians/
  4. ^ http://www.cleveland.com/tribe/index.ssf/2012/08/cleveland_indians_dfa_shelley.html
  5. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2019年1月31日閲覧。
  6. ^ 2015 Coaching Staff Announced” (英語). MiLB.com (2015年1月7日). 2019年1月31日閲覧。
  7. ^ Rawhide announce 2017 coaching staff” (英語). Visalia Times Delta (2017年2月6日). 2019年1月31日閲覧。
  8. ^ Gregor Chisholm (2018年11月28日). “Montoyo's staff set with collaboration a priority” (英語). MLB.com. 2019年1月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集