ジェラルド・グリーン

アメリカのバスケットボール選手 (1986 - )

ジェラルド・アンソニー・グリーン・ジュニアGerald Anthony Green, Jr. , 1986年1月26日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロバスケットボール選手。2005年のマクドナルド・オール・アメリカンのスラムダンクコンテストと2007年のNBAスラムダンクコンテストで優勝、2008年のNBAスラムダンクコンテストでは準優勝し、スラムダンク王に輝いた経歴を持つ[1]。ポジションはシューティングガードスモールフォワードを兼ねるスウィングマン

ジェラルド・グリーン
Gerald Green
Gerald Green 2017 v Wizards.jpg
ボストン・セルティックス時代のグリーン (2017年)
リオグランデバレー・バイパーズ  No.14
ポジション SG / SF
所属リーグ NBAGリーグ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1986-01-26) 1986年1月26日(36歳)
出身地 テキサス州の旗 テキサス州ヒューストン
身長 198cm (6 ft 6 in)
体重 93kg (205 lb)
キャリア情報
高校 ガルフショアーズ・アカデミー高校英語版
NBAドラフト 2005年 / 1巡目 / 全体18位[1]
プロ選手期間 2005年–現在
経歴
選手時代:
2005-2007ボストン・セルティックス
2006フェイエットビル・ペイトリオッツ英語版
2006フロリダ・フレイム
2007–2008ミネソタ・ティンバーウルブズ
2008ヒューストン・ロケッツ
2008–2009ダラス・マーベリックス
2009-2010ロコモティブ・クバン英語版
2010-2011クラースニェ・クリリア英語版
2011広州ロング=ライオンズ
2011-2012ロサンゼルス・ディーフェンダーズ
2012ニュージャージー・ネッツ
2012–2013インディアナ・ペイサーズ
2013-2015フェニックス・サンズ
2015–2016マイアミ・ヒート
2016–2017ボストン・セルティックス
2017-2020ヒューストン・ロケッツ
2022-リオグランデバレー・バイパーズ
コーチ時代:
2021–2022ヒューストン・ロケッツ(選手育成)
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

経歴編集

中学からバスケやアメフトをプレーした。高校では一度留年を経験するなど、グリーンのバスケット生活はしばしば学業に足を引っ張られた。グリーンが高校4年生の時には平均33得点12リバウンド7アシスト3ブロックの成績を残し、マクドナルド後援のオールアメリカンチームに選出された。

大学には進学せず、2005年のNBAドラフトボストン・セルティックスから1巡目18位で指名を受けてNBA入りを果たすものの、すぐにDリーグ送りとなり、シーズンの半分以上をフェイエットビル・ペイトリオッツで過ごした。そして2006年2月3日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で初めてNBAのコートを踏む。ルーキーイヤーは32試合に出場し、5.2得点1.3リバウンドの成績に終わった。

2006-2007シーズンには81試合に出場し、平均22.0分で10.5得点2.6リバウンドの成績を残し、2007年4月10日のアトランタ・ホークス戦では自身初の30得点以上となる33得点をあげた。1月にチームのエースであるポール・ピアースが怪我でチームを離れた際には先発に起用され、主に得点面で活躍したものの、チームは悪夢の18連敗を記録する。またスラムダンクコンテストに出場し、前スラムダンク王のネイト・ロビンソンを手で目隠しをして飛び越えてダンクを決めるなどのパフォーマンスを披露し、優勝を果たした。同年7月31日、ケビン・ガーネットとのトレードにより、グリーンを含む5選手と共にミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍した。

ウルブズでは満足のいく出場時間を得られぬまま、07-08シーズン途中に生まれ故郷の、ヒューストン・ロケッツに放出され、わずか1試合で解雇、08-09シーズンダラス・マーベリックスでプレーしたのち、NBAを離れる。

その後ロシア、中国を経てNBA、ニュージャージー・ネッツに加入しNBA復帰。

11-12シーズン3月には、ブレイク・グリフィンレブロン・ジェームズらを抑え年間ベストダンクに選ばれた、驚異的な跳躍力を駆使したアリウープを披露。

2012年7月12日、インディアナ・ペイサーズに移籍した。

2013年7月27日、マイルス・プラムリー2014年のドラフト1巡指名権とともに、ルイス・スコラとの交換でフェニックス・サンズに移籍した[2]2013-14シーズンは全82試合に出場し、平均28.4分で15.8得点を記録するなど自己最高の成績を残した。チームとしては48勝のカンファレンス9位で惜しくもプレーオフには出場できなかった。

2015年7月9日、マイアミ・ヒートと1年契約を結んだ。

2016年7月23日、ボストン・セルティックスと契約した。

2017年9月22日、ミルウォーキー・バックスとトレーニングキャンプに関する契約を結んだ[3]が、シーズン開幕直前に解雇された。

2017年12月28日、ヒューストン・ロケッツと契約[4]、2018年1月3日のオーランド・マジック戦で27得点、4日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦では29得点を記録、先発出場した4月11日のサクラメント・キングス戦では31得点の活躍だった[5]プレーオフでは自身初めてチームの全試合に出場し、怪我のクリス・ポールを欠いたカンファレンスファイナル第7戦まで重要な戦力として奮闘した。

2020年2月5日、グリーンは4チーム間のトレードでデンバー・ナゲッツに放出され[6]、ナゲッツは後にTwitterを通じて、グリーンを解雇したと発表した[7]

2020年12月1日、再びロケッツと非保証の1年契約を締結[8]。しかし、シーズン開幕前に解雇された。

2021年10月22日、現役引退を表明し、ロケッツの選手育成担当コーチに就任したことが発表された[9]

2022年1月8日、NBAGリーグリオグランデバレー・バイパーズと契約し、現役復帰した[10]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2005–06 BOS 32 3 11.7 .478 .300 .784 1.3 .6 .4 .1 5.2
2006–07 81 26 22.0 .419 .368 .805 2.6 1.0 .5 .3 1.4
2007–08 MIN 29 0 12.3 .331 .385 .829 2.1 1.0 .3 .1 5.1
HOU 1 0 4.0 1.000 .000 .000 2.0 .0 .0 .0 6.0
2007-08計 30 0 12.1 .344 .385 .829 2.1 1.0 .3 .1 5.1
2008–09 DAL 38 12 9.9 .439 .304 .844 1.4 .4 .3 .1 5.2
2011–12 NJN 31 2 25.2 .481 .391 .754 3.5 1.1 .9 .5 12.9
2012–13 IND 60 7 18.0 .366 .314 .800 2.4 .8 .3 .4 7.0
2013–14 PHO 82 48 28.4 .445 .400 .848 3.4 1.5 .9 .5 15.8
2014–15 74 4 19.5 .416 .354 .825 2.5 1.2 .6 .2 11.9
2015–16 MIA 69 14 22.6 .392 .323 .783 2.4 .8 .6 .3 8.9
2016–17 BOS 47 0 11.4 .409 .351 .805 1.8 .7 .2 .1 5.6
2017–18 HOU 41 2 22.7 .407 .369 .850 3.2 .6 .6 .4 12.1
2018–19 73 0 20.2 .400 .354 .838 2.5 .5 .5 .4 9.2
通算 658 118 19.8 .417 .361 .818 2.5 .9 .5 .3 9.7

NBAプレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009 DAL 6 0 4.3 .286 .200 .500 .3 .0 .2 .0 1.8
2013 IND 9 0 11.7 .420 .333 1.000 1.3 .3 .0 .1 6.1
2016 MIA 12 0 9.2 .327 .286 .800 1.4 .1 .3 .1 3.3
2017 BOS 13 7 14.8 .472 .467 .889 1.5 .7 .2 .1 7.5
2018 HOU 17 0 16.0 .394 .375 .857 2.9 .1 .2 .4 6.3
2019 11 0 8.8 .300 .345 1.000 1.1 0.1 .3 .3 3.5
通算 68 7 11.8 .389 .374 .844 1.7 0.2 .2 .2 5.1

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Robinson, Jon (2005年9月29日). “Gerald Green: Color of Money” (英語). en:IGN. 2020年12月3日閲覧。
  2. ^ Suns Make Important Trade for Future”. NBA.com (2013年6月27日). 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ Gerald Green to sign a non-guaranteed deal with Bucks
  4. ^ Gerald Green”. Basketball Reference.com. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ Gerald Green 2017-18 Game Log”. Basketball Reference.com. 2018年6月5日閲覧。
  6. ^ Denver Nuggets Acquire Bates-Diop, Napier, Vonleh, Green and First-Round Pick in Four-Team Trade”. NBA.com (2020年2月5日). 2020年2月6日閲覧。
  7. ^ We have waived Gerald Green.”. Denver Nuggets on Twitter.com (2020年2月7日). 2020年2月7日閲覧。
  8. ^ Rockets Sign Free Agent Gerald Green” (英語). nba.com (2020年12月1日). 2020年12月3日閲覧。
  9. ^ 2007年のダンクコンテスト王者、ジェラルド・グリーンが現役を引退しロケッツの育成コーチへ”. バスケットカウント (2021年10月23日). 2021年10月23日閲覧。
  10. ^ @RGVVipers (2022年1月8日). "The Rio Grande Valley Vipers announce the signing of guard/small forward Gerald Green.Welcome to The Valley's Tea…" (ツイート). Twitterより2022年1月8日閲覧

外部リンク編集