サントリービバレッジソリューション

ジャパンビバレッジから転送)

サントリービバレッジソリューション株式会社(SUNTORY BEVERAGE SOLUTION LIMITED.)は、自動販売機での飲料水の販売、自動販売機の維持と管理、ファウンテン事業を行う企業。サントリーグループの企業であり、サントリー食品インターナショナルの子会社。

サントリー
ビバレッジソリューション株式会社
SUNTORY BEVERAGE SOLUTION LIMITED.
ロゴ
本社が入居する住友不動産新宿グランドタワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿8-17-1
住友不動産新宿グランドタワー11階
設立 2010年11月
(株式会社ジャパンビバレッジ東京)
業種 食料品
法人番号 9010001136651
事業内容 自動販売機による各種食品飲料の販売
代表者 代表取締役社長 及川剛
資本金 8000万円
純資産 3億4523万8000円
(2020年12月期)[1]
総資産 16億6585万1000円
(2020年12月期)[1]
決算期 12月31日
主要株主 サントリー食品インターナショナル
外部リンク https://www.suntory.co.jp/group/sbs/
特記事項:2022年1月1日に株式会社ジャパンビバレッジから商号変更。
テンプレートを表示

本項では、2022年1月1日に株式会社ジャパンビバレッジ、サントリービバレッジサービス株式会社、サントリービバレッジソリューション株式会社(初代)を経営統合して発足した2代目法人に関して記述する。

概要 編集

サントリーグループにおける自動販売機事業並びにファウンテン事業は、長年にわたりジャパンビバレッジ、サントリービバレッジサービス、サントリービバレッジソリューション(初代)などのグループ会社によって手掛けてきた。母体となるジャパンビバレッジは、ジャパンビバレッジの持株会社化に伴うジャパンビバレッジホールディングス発足に伴い、2010年11月に株式会社ジャパンビバレッジ東京として設立された。

サントリー食品インターナショナルは2021年5月19日に、自動販売機等に関する事業の再編を行う事、ジャパンビバレッジが手掛けている事業、サントリービバレッジサービスが手掛ている自動販売機関連事業、サントリービバレッジソリューション株式会社(初代)が手掛けている法人営業部門・ファウンテン事業を2022年1月1日付で経営統合すること、サントリービバレッジソリューション(初代)が手掛けている自動販売機オペレーター向け販売をサントリーフーズへ集約させることをそれぞれ発表した[2][3][4]。同年10月15日に経営統合の概要が発表された[5][6]

2022年1月1日付で、ジャパンビバレッジを存続会社として、ジャパンビバレッジが手掛けていた事業、サントリービバレッジサービスが手掛けていた自動販売機関連事業、サントリービバレッジソリューション株式会社(初代)が手掛けていた法人営業部門・ファウンテン事業の経営統合を実施。同時に株式会社ジャパンビバレッジからサントリービバレッジソリューション株式会社(2代)へ変更した。経営統合後は、サントリーフーズ製品(ペプシBOSSなど)をサントリー食品インターナショナルから直接仕入れた上でサントリーの自動販売機やコンビ機にて販売する他[3]キリンビバレッジアサヒ飲料大塚製薬ポッカサッポロフード&ビバレッジのサントリーグループ外の製品もジャパンビバレッジホールディングスから仕入れた上でコンビ機にて販売する[3]

サントリービバレッジソリューション(2代)は、3社に分かれていた事業を統合することで、サントリーグループにおける自動販売機事業の強化などを図る[7]

主要事業所 編集

事業エリアは鳥取県島根県佐賀県鹿児島県を除く43都道府県を事業エリアとしている。

沿革 編集

  • 2010年11月 - 株式会社ジャパンビバレッジ(初代)の持株会社化に伴い、株式会社ジャパンビバレッジ東京として設立。
  • 2021年1月1日 - 株式会社ジャパンビバレッジ北海道、株式会社ジャパンビバレッジ東北、株式会社ジャパンビバレッジイースト、株式会社ジャパンビバレッジセントラル、株式会社ジャパンビバレッジウエスト、株式会社ジャパンビバレッジ中四国、株式会社ジャパンビバレッジ九州、株式会社ジャパンビバレッジ沖縄、エースター株式会社の9社を吸収合併したと同時に、ジャパンビバレッジ東京の商号を株式会社ジャパンビバレッジ(2代)へ変更[8]
  • 2022年1月1日 - 株式会社ジャパンビバレッジ(2代)を存続会社として、株式会社ジャパンビバレッジ(2代)、サントリービバレッジサービス株式会社、サントリービバレッジソリューション株式会社(初代)の経営統合を実施。同時に株式会社ジャパンビバレッジ(2代)の商号をサントリービバレッジソリューション株式会社(2代)へ変更。
  • 2023年4月1日 - 株式会社オリエンタル商事を吸収合併。
  • 2024年4月1日 - サントリーフーズから、オペレーター向け自動販売機事業を移管[9]

レスリング部 編集

ジャパンビバレッジ時代から活動している。2022年に実施された経営統合により、名称がジャパンビバレッジレスリング部からサントリービバレッジソリューションレスリング部へ変更された。

現在の所属選手

関連会社 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 2020年12月期決算公告ジャパンビバレッジ
  2. ^ 連結子会社との会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせサントリー食品インターナショナル 2021年5月19日
  3. ^ a b c 国内飲料自動販売機等事業に関するグループ会社再編のお知らせサントリー食品インターナショナル 2021年5月19日
  4. ^ サントリー食品が自販機事業を改革。収益拡大を狙う「AIコラミング」とは?ニュースイッチ 2021年6月23日
  5. ^ 主要グループ会社 組織変更と役員人事のお知らせサントリー食品インターナショナル 2021年10月15日
  6. ^ ≪新生≫サントリービバレッジソリューション株式会社の概要についてサントリービバレッジサービス 2021年10月15日
  7. ^ サントリー2022年 自販機ビジネスに注力 従業員7000人規模の新会社が始動 自販機を小売業・サービス業として強化食品新聞 2021年12月31日
  8. ^ 合併公告ジャパンビバレッジホールディングス 2020年10月30日
  9. ^ 国内飲料自動販売機事業に関するグループ会社再編のお知らせサントリー食品インターナショナル 2023年8月30日

外部リンク 編集