メインメニューを開く

ジョーダン・EJ12 (Jordan EJ12) は、ジョーダン・グランプリ2002年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2002年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。デザイナーはエグハル・ハミディ

ジョーダン・EJ12
JordanEJ12HCH.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー エグハル・ハミディ
ゲイリー・アンダーソン
先代 ジョーダン・EJ11B
後継 ジョーダン・EJ13
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー
エンジン ホンダ RA002E V10 NA
トランスミッション ジョーダン製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム DHL ジョーダン ホンダ
ドライバー 9. ジャンカルロ・フィジケラ
10. 佐藤琢磨
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2002年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

開発の方針編集

1996年以来チームのタイトルスポンサーであったベンソン&ヘッジスが支援を縮小。代わりにDHLがタイトルスポンサーとなった。

2001年シーズンからの向上を狙い、フロントノーズを高く持ち上げて空力を有効活用するマシンに仕上げたが、それがあだとなり前方の視界が悪く、フロントサスペンションロアアームは大型のツインキールを介して装着されていたが、強度が不足気味だった。そのため、車高変化による空力的な面やセッティング面において敏感なマシンになってしまった。テクニカルディレクターのハミディはシーズン序盤に更迭され、チームに復帰したゲイリー・アンダーソンが改良作業を行った。

フロントウィングは当初、EJ11と同様の段差のついたタイプを使用していたが、シーズン途中で全体が湾曲したタイプに変更された。

ドライバーはジョーダンへ復帰したジャンカルロ・フィジケラと、テストドライバーからF1デビューを果たした佐藤琢磨。2002年シーズンの関心は、同じホンダエンジンを搭載するB・A・Rとのランキング争いになった。フィジケラは粘りの走りで4度のポイント獲得。佐藤はマレーシアGPでフィジケラに追突、モナコGPでフィジケラに順位を譲ろうとしてクラッシュ、オーストリアGPではスピンしたニック・ハイドフェルドに突っ込まれてマシンが大破するなどアクシデントが続いたが、最終戦日本GPで5位初入賞し、チームのランキング6位浮上に貢献した。しかし、この年限りでホンダエンジンを失うことになった。

スペック編集

 
アメリカGPにてフィジケラがドライブするEJ12

シャーシ編集

エンジン編集

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
2002年 9   ジャンカルロ・フィジケラ Ret 13 Ret Ret Ret 5 5 5 Ret 7 WD Ret 6 Ret 8 7 Ret 9 6位
10   佐藤琢磨 Ret 9 9 Ret Ret Ret Ret 10 16 Ret Ret 8 10 11 12 11 5
  • 決勝最高位5位4回 予選最高位5位2回(2002年)
  • コンストラクターズランキング6位。
  • ドライバーズランキング11位(ジャンカルロ・フィジケラ
  • ドライバーズランキング15位(佐藤琢磨

参照編集