スピード・キング (ディープ・パープルの曲)

スピード・キング」(Speed King) は、イギリスロックバンドであるディープ・パープルによって1969年に書かれ、1970年6月にスタジオ・アルバムディープ・パープル・イン・ロック』の冒頭の曲として発表されたリフを強調したハードロックの楽曲で、シングルも出された。「スピード・キング」は、ディープ・パープルが潮流を生み出した重要な曲のひとつであり、スピードメタルスラッシュメタルなどの後のメタル系のスタイルを形成した曲と考えられている[2]

スピード・キング
ディープ・パープルシングル
初出アルバム『ディープ・パープル・イン・ロック
B面 イン・トゥ・ザ・ファイア (Into The Fire)
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1970年
ジャンル
ハードロック
時間
レーベル Harvest Records
作詞・作曲 リッチー・ブラックモア
イアン・ギラン
ロジャー・グローヴァー
ジョン・ロード
イアン・ペイス
テンプレートを表示

音楽雑誌eclipsed』は、「スピード・キング」の導入部について「ブラックモアはわずか50秒でビート時代の共通の慣習を破り、60年代ポップ・ミュージックの歴史を作った」と述べている[3]。雑誌『Ultimate Classic Rock』は、ディープ・パープルの楽曲トップ10の3位にこの曲を挙げた[4]

原形編集

「スピード・キング」は1969年から1970年にかけて作成された。リフは、ジミ・ヘンドリックスの曲「ファイア (Fire)」へのリッチー・ブラックモアの愛情に基づくものである[5]。当初「Kneel & Pray」と仮に呼ばれていたこの曲は[6]、アルバムのリリース前から様々なライブの機会にディープ・パープルによって演奏され、最終的なバージョンが仕上げられた。初期のバージョンのひとつは、ライブ・アルバム『Live in Montreux 69』に収録されている。

「スピード・キング」は特定の曲のカバーではないが、歌詞は人気のあるオールディーズのいろいろな曲、具体的には「リップ・イット・アップ (Rip It Up)」、「グッド・ゴーリー・ミス・モーリー (Good Golly, Miss Molly)」、「トゥッティ・フルッティ (Tutti Frutti)」、「火の玉ロック (Great Balls of Fire)」、「The Battle of New Orleans」から断片的に言葉が集められている。この曲の歌詞は、ボーカリストのイアン・ギランが初めて書いたものだったが、彼はエルヴィス・プレスリーリトル・リチャードチャック・ベリーの曲から、思いつくままに歌詞の断片を混ぜ合わせ歌詞を書いた。ギランはインタビューで、「最初に思い浮かんだのがチャック・ベリーとリトル・リチャードの言葉だったんで、そいつを盗んだってわけさ」と述べている[7]

スタイル、成功、遺されたもの編集

この曲はハードロックディープ・パープルの両方と同義語とみなされており、イアン・ギランのルーツといえる1950年代ロックンロールのルーツと急成長するヘヴィ・ロックのスタイルを組み合わせたものである。ヴェルナー・ファルスティッヒドイツ語版は、著書『Die Kultur der siebziger Jahre』(「70年代の文化」の意)で、ハードロックの典型例としてこの曲を示し、「この作品は、野生的なロック・ギターと穏やかなオルガンの両者が対戦者として紹介されるインストゥルメンタルの導入部から始まる。両者の基本的な旋律とそのコントラストは、70年代のロック・ミュージック全体によって示される、ハード対ソフトの対立そのものである。」と述べている[8]。その後もディープ・パープルは、「ファイアボール (Fireball)」、「スペース・トラッキン (Space Truckin')」、「ミストゥリーテッド (Mistreated)」[9]、「嵐の使者 (Stormbringer)」など他の曲においてもリフを借用している[10]1983年ブラック・サバスイアン・ギランをボーカルに迎えて「トラッシュド (Trashed)」を発表したが、ジョエル・マクアイヴァー英語版は、この曲に「スピード・キング」との並行性を見出している[11]1987年、ディープ・パープルはスタジオ・アルバムハウス・オブ・ブルー・ライト (The House of Blue Light)』を発表したが、このタイトルは「スピード・キング」の歌詞の一節から採られたものである[12]

ライブ・アルバムへの収録編集

公式にリリースされたライブ音源で「スピード・キング」が収録されている初期の例としては、『Live in Montreux 69』(1969年演奏)[13]、『Scandinavian Nights』(1970年演奏)[14]があり、その後も『In the Absence of Pink』(1985年演奏)[15]、『ライヴ・紫の閃光 (Come Hell or High Water)』(1993年演奏)[16]、『紫神転生〜ライブ・アット・ジ・オリンピア'96 (Live at The Olympia '96)』、『Live at Montreux 1996』(1996年演奏)[17]、『トータル・アバンダン (Total Abandon: Australia '99)』(1999年演奏)[18]、『The Soundboard Series』(2001年演奏)[19]にこの曲が収録されているが、いずれもイアン・ギランがボーカリストであった時期のものである。演奏時間は6-7分程度か、10分を超える場合が多く、また同じタイトルのライブ・アルバムでもバージョンによって演奏時間が異なる場合がある。

1972年にリリースされ、ディープ・パープルにとって代表的なライブ・アルバムとなった『ライヴ・イン・ジャパン (Made in Japan)』の場合、オリジナルのLP盤では「スピード・キング」は収録されていなかった[20]。この年の日本公演で「スピード・キング」はアンコールとして演奏されており、音源が残されていたため、その後に出た再編集盤には、8月17日大阪フェスティバルホールにおける演奏や、8月15日日本武道館における演奏が収録されている。

脚注編集

  1. ^ Deep Purple – Speed King - Discogs
  2. ^ Claudia Jusits: Urbaner Pesthauch. Die Geschichte des Speed/Thrash Metal. Bei: evolver.at.
  3. ^ Zitiert nach: Jürgen Roth, Michael Sailer: Deep Purple. Die Geschichte einer Band. Hannibal, Höfen 2005, ISBN 3-85445-251-9, S. 13.
  4. ^ Top 10 Deep Purple Songs. Bei: UltimateClassicRock.com.
  5. ^ Dave Thompson: Smoke on the Water. The Deep Purple Story. S. 74.
  6. ^ Jerry Bloom: Black Knight. Ritchie Blackmore. S. 132.
  7. ^ ProgSheet - Ian Gillan Interview”. progsheet1.hypermart.net. 2019年9月14日閲覧。
  8. ^ Werner Faulstich: Die Kultur der siebziger Jahre. S. 132.
  9. ^ Jürgen Roth, Michael Sailer: Deep Purple. Die Geschichte einer Band. Edition Hannibal, Höfen 2005, ISBN 3-85445-251-9, S. 246.
  10. ^ Jürgen Roth, Michael Sailer: Deep Purple, die Geschichte einer Band. Verlagsgruppe Koch GmbH/Hannibal, 2005. S. 268.
  11. ^ Joel McIver: Sabbath Bloody Sabbath. Omnibus Press, London 2009.
  12. ^ Deep Purple – Speed King Lyrics. Bei: LyricsFreak.com.
  13. ^ Deep Purple – Kneel & Pray / Live In Montreux '69 - Discogs (発売一覧)
  14. ^ Deep Purple – Scandinavian Nights (Live In Stockholm 1970) - Discogs (発売一覧)
  15. ^ Deep Purple – In The Absence Of Pink - Knebworth 85 - Discogs (発売一覧)
  16. ^ Deep Purple – Come Hell Or High Water - Discogs (発売一覧)
  17. ^ Deep Purple – Live At The Olympia '96 - Discogs (発売一覧)
  18. ^ Deep Purple – Total Abandon - Australia '99 - Discogs (発売一覧)
  19. ^ Deep Purple – The Soundboard Series - Australasian Tour 2001 - Discogs
  20. ^ Deep Purple – Made In Japan - Discogs (発売一覧)

外部リンク編集