スペシャルコント 志村けん in 探偵佐平60歳

スペシャルコント 志村けん in 探偵佐平60歳』(スペシャルコント しむらけん イン たんていさへい60さい)は、NHKエンタープライズ制作の番組。2018年平成30年)1月2日に、NHK総合テレビジョンで放送された[1]樋口有介による小説『木野塚探偵事務所だ』を原作としており、志村けんが同小説の主人公である私立探偵に扮して、難事件の解決に挑む様子をユーモラスに描く[3]

スペシャルコント
志村けん in 探偵佐平60歳
ジャンル コントドラマ形式)[1][2]
原作 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』
脚本 内村宏幸平松政俊戸田幸宏志村康徳(志村けん)
演出 吉田照幸(取材:飯田新、小山悠乃)
出演者 志村けん伊藤沙莉高橋惠子岸本加世子、他
音楽 武田拓也(音響効果)
国・地域 日本の旗 日本
製作
プロデューサー 守屋篤、井澤秀治
撮影地 東京都[3]
編集 新井孝夫
制作 NHKエンタープライズ
放送
映像形式文字多重放送[4]
音声形式ステレオ放送[4]
放送分60[4]
回数1回
本放送
放送局NHK総合テレビジョン
放送期間2018年1月2日
放送時間21:00 - 22:00[5]
再放送
放送局NHK BSプレミアム
放送期間2020年4月5日[4]
放送時間14:30 - 15:30[4]
番組年表
関連番組となりのシムラ
テンプレートを表示

あらすじ編集

木野塚佐平は警視庁で勤続37年、家庭では妻に頭の上がらない、冴えない男[2][6]。60歳での定年退職を機に、長年の憧れだった私立探偵を開業する[6]トレンチコートや帽子を身に着けて[6]フィリップ・マーロウばりのハードボイルドな探偵を夢見るが、実は元警官といっても経理一筋で、刑事経験は一切無い[2]。助手としてグラマーな女性を募集したものの、頭は切れるが理想とは程遠い、梅谷桃世を助手として雇うことになる[6]。そんな彼のもとに、往年の大女優である高峰和子から、誘拐されたキンギョの捜索の依頼が舞い込む[2][7]。佐平は事件解決を目指して、桃世と共に迷推理と珍捜査を繰り広げる[7]

キャスト編集

他に平泉成津田寛治堀内敬子堀部圭亮野間口徹大悟千鳥)、井出卓也広岡由里子中上サツキ大津尋葵らが出演[4][9]

テーマ曲編集

スタッフ編集

製作編集

一話完結のストーリーであり、主演の志村けんは「木野塚佐平」という一つの役を演じる[2]。『志村けんのバカ殿様』以外では、ほぼ初めてというその試みに、志村は「一つ一つのコントが独立している場合とは違い、“前にこういうことがあったから、次がこうなる”というフリが効いてくるのが面白いです[* 1]」と語っていた[2]。「この落ちで終わり」との区切りがあるショートコントと異なって1時間という長尺の番組だが、場面ごとに落ちがあるように作られており、通常のコントと大きな違いが無いように構成されている[6][10]

制作は、志村が座長を務めるNHKのコント番組『となりのシムラ』チームが行い、脚本には志村も参加した[10]。志村は「ここはこうしよう」「ああしよう」と、何度も監督と練ったといい[6][10]、笑いあり、涙ありの展開で構成されている[2]

共演者である岸本加世子伊藤沙莉は、志村とは『となりのシムラ』でも共演経験がある[2]。特に伊藤について志村は、『となりのシムラ』での演技を「さらっと演じるな、うまいなと思っていました[* 1]」と語った[2]。本作での志村自身の役柄は駄目な探偵であり、探偵事務所の運営や事件の謎解きに関して、伊藤の演じる助手がすべて先を越すという設定についても、志村は伊藤を「彼女がしっかりしているという設定なのですが、その辺がうまいですね[* 2]」と絶賛した[6]

NHK BSプレミアムにて2020年令和2年)に2度再放送が行われている。4月5日には前月に急逝した志村への追悼として放送(14:30 - 15:29)[4][7]。また、8月29日にも21:00 - 21:59の枠で放送された[11]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b TVガイド 2017より引用。
  2. ^ TV LIFE 2018より引用。

出典編集

  1. ^ a b 「年末年始テレビでゆったり 各局力作勢ぞろい 日テレおなじみ「ガキ使」NHK時代劇で笑い テレ朝早くも「君の名は。」」『中日新聞中日新聞社、2017年12月23日、朝刊、17面。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 志村けんがハードボイルドな探偵に転身…!? ドラマ仕立てのコントに「フリが効いてくるのが面白いです」」『週刊TVガイド東京ニュース通信社、2017年12月30日。2020年5月16日閲覧。オリジナルの2020年5月15日時点におけるアーカイブ。
  3. ^ a b 志村けんがハードボイルドな“迷探偵”に、小説原作コント番組」『お笑いナタリーナターシャ、2017年11月14日。2020年5月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h スペシャルコント 志村けん in 探偵佐平60歳”. NHK BSプレミアム. 日本放送協会 (2020年). 2020年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  5. ^ 昭和のヒーローが主演! 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』、なんと映像化”. Webミステリーズ!. 東京創元社 (2017年12月8日). 2020年5月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 志村けん「一つの役でずっと1時間は初めて」SPコント『志村けんin探偵佐平60歳』1・2放送」『TV LIFE学研プラス、2018年1月1日。2020年5月16日閲覧。
  7. ^ a b c NHK、志村けんさんしのび『となりのシムラ』『探偵佐平60歳』再放送」『マイナビニュースマイナビ、2020年4月2日。2020年5月16日閲覧。
  8. ^ 志村けん in 探偵佐平60歳(バラエティ)志村けん in 探偵佐平60歳”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2020年5月16日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 古崎康成. “探偵佐平 60歳 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2020年5月16日閲覧。
  10. ^ a b c 志村けん“初体験”60分長尺コント「前フリ効くおもしろさ」NHK「探偵佐平60歳」」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2018年1月2日。2020年5月16日閲覧。
  11. ^ スペシャルコント 志村けん in 探偵佐平60歳”. NHK BSプレミアム (2020年). 2020年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月27日閲覧。

関連項目編集