メインメニューを開く

座標: 北緯49度45分00秒 東経142度50分00秒 / 北緯49.750000度 東経142.833300度 / 49.750000; 142.833300

スミルヌイフ (ロシア語Смирных)は、サハリン中央部に位置する町。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代(1905年1945年)の気屯(けとん)にあたる。

日本統治時代の詳細については、「気屯」の項目を参照すること。

概要編集

スミルヌイフは、サハリン中央部の北緯50度線に近い位置にある町 [1]ユジノサハリンスクから北へ約363キロメートル、ポロナイスクから北へ約73キロメートル、北緯49.750000度、東経142.833300度に位置している。人口は、7,214人 (2014年人口調査) [2]

1905年ポーツマス条約により日本に割譲され、「気屯」と呼ばれた。気屯は敷香町に属し、ソ連国境に接するため軍用飛行場などがあった。1945年ソ連が占領、統治することとなった。冷戦期には、スミルヌイフ空軍基地があった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ロシア連邦の地方行政単位で「Посёлок городского типа」に該当する。直訳では「都市型居住地」 あるいは「都市型集落」 だが、ここでは「町」と訳した。
  2. ^ 1989年の人口調査では、9,693人であった。