メインメニューを開く
イズミ > ゆめマート > ゆめマート北九州

株式会社ゆめマート北九州(ゆめマートきたきゅうしゅう)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、スーパーマーケットをチェーン展開している企業である[1]。旧名称はスーパー大栄(スーパーだいえい)。

株式会社ゆめマート北九州
Youme Mart Kitakyushu Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
福証 9819
1991年3月7日 - 2016年2月15日
本社所在地 日本の旗 日本
807-0823
福岡県北九州市八幡西区中須1丁目1-7[1]
設立 1971年(昭和46年)2月15日[1]
(創業は1962年昭和37年)[1]
業種 小売業
法人番号 8290801010120
事業内容 スーパーマーケットの運営など[1]
代表者 松島三秋(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 226億41百万円(2015年3月期)
純利益 1億2000万円(2019年02月28日時点)[2]
総資産 72億4700万円(2019年02月28日時点)[2]
従業員数 300名(2015年3月31日現在)
決算期 2月末日(2016年2月期より)
主要株主 イズミ 100%
(2016年2月18日現在)
外部リンク https://youme-kitakyushu.co.jp/
テンプレートを表示

福岡県を中心に、大分県および山口県の一部に「ゆめマート」のブランドのスーパーマーケットを33店舗展開しており(2019年3月時点)[注釈 1]ゴルフ練習場の経営も行っている。

目次

沿革編集

現在の店舗編集

過去に存在した店舗編集

「スーパー大栄」時代には、CIマークに「赤いトマト」を用いていた[注釈 2]

福岡県編集

北九州市編集

八幡東区編集
  • 春の町店(1962年(昭和37年)12月開店[1]、店舗面積396m2[1]
  • 祀園店(1963年(昭和38年)9月開店[1]、店舗面積516m2[1]
  • 大蔵店(1966年(昭和41年)5月開店[1]、店舗面積478m2[1]
  • 槻田店(1967年(昭和42年)3月開店[1]、店舗面積175m2[1]
  • 茶屋町店(1968年(昭和43年)3月開店[1]、店舗面積431m2[1]
  • 枝光店(1969年(昭和44年)3月開店[1]、店舗面積445m2[1]
  • 前田店(1987年(昭和62年)6月開店[1]、店舗面積349m2[1]
八幡西区編集
  • 萩原店(1965年(昭和40年)1月開店[1]、店舗面積443m2[1]
  • 上津役店(1970年(昭和45年)4月開店[1]、店舗面積595m2[1]
  • 下津役店(1971年(昭和46年)5月開店[1]、店舗面積420m2[1]
  • 割子川店(1973年(昭和48年)5月開店[1]、店舗面積494m2[1]
  • 高江店(1979年(昭和54年)6月開店[1]、店舗面積507m2[1]
  • 相生店(1980年(昭和55年)5月開店[1]、店舗面積1,027m2[1]
現在、ダイレックス相生店[13]
  • 則松店(1982年(昭和57年)3月開店[1]、店舗面積443m2[1]
現在:ローソン 八幡則松六丁目店[要出典]
  • 陣原店(1984年(昭和59年)4月開店[1]、店舗面積323m2[1]
  • 浅川店(1993年(平成5年)7月開店[1]、店舗面積998m2[1]
門司区編集
  • 東門司店(1973年(昭和48年)12月開店[1]、店舗面積444m2[1]
小倉南区編集
  • 若園店(1974年(昭和49年)7月開店[1]、店舗面積734m2[1]
小倉北区編集
  • 熊谷店(1978年(昭和53年)3月開店[1]、店舗面積988m2[1]
  • 浦生店(1978年(昭和53年)12月開店[1]、店舗面積717m2[1]
  • 真鶴店(1980年(昭和55年)5月開店[1]、店舗面積498m2[1]
  • 木町店(1983年(昭和58年)1月開店[1]、店舗面積460m2[1]
  • 黒原店(1985年(昭和60年)10月開店[1]、店舗面積537m2[1]
若松区編集
  • 小石店(1977年(昭和52年)7月開店[1]、店舗面積1,001m2[1]
  • 若松店(1987年(昭和62年)10月開店[1]、店舗面積487m2[1]
  • 老松店(1992年(平成4年)6月開店[1]、店舗面積418m2[1]

福岡市編集

東区編集
  • 三苫店(1988年(昭和63年)7月開店[1]、店舗面積980m2[1]
早良区編集

中間市編集

  • 通谷店(1981年(昭和56年)4月開店[1]、店舗面積490m2[1]

遠賀郡編集

  • 海老津店(1983年(昭和58年)3月開店[1]、店舗面積892m2[1]
  • 水巻店(1986年(昭和61年)10月開店[1]、店舗面積496m2[1]
  • 遠賀川店(1991年(平成3年)2月開店[1]、店舗面積480m2[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ かつては「スーパー大栄」[1]・「D&D」[1]・「フレッシュ8」[3]「サンディ」[要出典]という屋号も存在した。
  2. ^ 現在ではゆめマートへの転換に伴い店舗ではこのマークは用いられないが、本社の看板には残っている(店舗案内参照)。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt 流通会社年鑑 1998年版, 日本経済新聞社, (1997-12-02), pp. 234-236 
  2. ^ a b 株式会社ゆめマート北九州 第48期決算公告
  3. ^ フレッシュ8 相生店 スーパー大栄 2019年2月24日閲覧。archive版。
  4. ^ 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (1990-11-24), pp. 200 
  5. ^ a b スーパー大栄 会社案内
  6. ^ a b “スーパー大栄、イズミの出資受け入れ 共同調達でコスト減”日本経済新聞(日本経済新聞社). (2014年2月1日)
  7. ^ 石田宗久(2014年12月17日). “イズミ:大栄にTOB 連結子会社化、提携効果を加速”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  8. ^ “イズミ、スーパー大栄を子会社化”. 日本経済新聞. (2014年12月16日). http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXLASDZ16HZM_16122014TI0000 2015年3月1日閲覧。 
  9. ^ “イズミ:スーパー大栄へのTOB終了”.毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年2月7日)
  10. ^ “九州の大栄にイズミが出資 スーパー、25%取得”. 日本経済新聞. (2014年1月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB3100P_R30C14A1EB2000/ 2015年3月1日閲覧。 
  11. ^ “イズミ「大栄」店名消滅 今年中に「ゆめマート」に統一する方針”. 毎日新聞. (2016年4月22日). http://mainichi.jp/articles/20160422/ddp/008/020/015000c 2016年5月16日閲覧。 
  12. ^ ユアーズ会社分割し北九州・山口西部をスーパー大栄に継承”. 商人舎 (2018年11月15日). 2019年1月7日閲覧。
  13. ^ ゆめマート跡地に「ダイレックス相生店」オープン” (日本語). 【みんマイ】みんなのマイリビングは北九州エリアの住宅情報満載 (2018年9月28日). 2019年2月24日閲覧。

広報資料・プレスリリースなど一次資料編集

外部リンク編集