セリーヌ・シアマ

セリーヌ・シアマ(Céline Sciamma, 1978年11月12日 - )は、フランス脚本家映画監督である。

セリーヌ・シアマ
Céline Sciamma
Céline Sciamma
生年月日 (1978-11-12) 1978年11月12日(41歳)
出生地 フランスの旗 フランス ヴァル=ドワーズ県ポントワーズ
主な作品
ぼくの名前はズッキーニ
Portrait de la jeune fille en feu
テンプレートを表示

略歴編集

裕福なイタリア系家族の出身。2004年に脚本家としてキャリアをスタートさせ、2本の短編映画の脚本を手がけた後、2007年に長編『水の中のつぼみ』で映画監督デビューを果たす。この作品は第60回カンヌ国際映画祭のある視点部門に正式出品された。

2作目の『トムボーイ』も第61回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門のオープニング作品として上映され、テディ賞を受賞。3作目の Bande de filees は、パリ郊外に住むアフリカ系少女たちの閉塞した生活を描き、ストックホルム国際映画祭(2014)でグランプリを受賞した。

2019年、監督作『Portrait de la jeune fille en feu』が第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、脚本賞を受賞し、また女性監督として初めてクィア・パルム賞を受賞した[1]

私生活編集

現在、女優アデル・エネルと暮らしていたが、『Portrait de la jeune fille en feu』の撮影前に友好的に破局する[2]

フィルモグラフィ編集

作品名 備考
2007 水の中のつぼみ
Naissance des Pieures
監督・脚本
2011 トムボーイ
Tomboy
監督
2014
Bande de filles
監督・脚本
2016
Quand on a 17 ans
脚本
ぼくの名前はズッキーニ
Ma vie de Courgette
脚本
セザール賞脚色賞受賞
2019
Portrait de la jeune fille en feu
監督・脚本
カンヌ国際映画祭脚本賞クィア・パルム賞受賞
セザール賞監督賞・脚本賞ノミネート

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集