メインメニューを開く

センザンコウ

センザンコウ(穿山甲、鯪鯉、Pangolin)は、センザンコウ目(有鱗目、鱗甲目)センザンコウ科(1目1科)に属する哺乳類の総称である。

センザンコウ目(有鱗目)
Pholidota
生息年代: 暁新世–現世
Pangolin borneo.jpg
センザンコウ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: センザンコウ目 Pholidota
: センザンコウ科 Manidae
学名
Pholidota Weber1904
Manidae Gray1821
和名
センザンコウ(穿山甲)
英名
Pangolin

目次

系統編集

食性や形態がアリクイに似るため、古くはアリクイ目(異節目、当時は貧歯目)に分類されていたが、体の構造が異なるため別の目として独立させられた。従来の化石研究ではネコ目(食肉目)に最も近い動物群であることが知られていたが、近年の遺伝子研究に基づく新しい系統モデルでも、4つの大グループ(クレード)のうち、「ローラシア獣類」の1つとして、ネコ目、ウマ目(奇蹄目)などの近縁グループとされている。

多数の絶滅群を含むキモレステス目内の有鱗亜目・鱗甲亜目とされることもある。

種類編集

センザンコウ目は有鱗目(ゆうりんもく)ともいい、現生はセンザンコウ科1科のみ。インドから東南アジアにかけて4種 (下のリストの前半)、アフリカに4種 (下のリストの後半) が現存し、これら8種が、1属または2属に分類される。

サイズは、小さいものでオナガセンザンコウが体長30-35cm、尾長55-65cm、体重1.2-2.0kgほどなのに対して、最も大きいオオセンザンコウでは、体長75-85cm、尾長65-80cm、体重25-33kgに達する。

絶滅群編集

センザンコウ科の化石記録は始新世中期から更新世まで断続的に発見されており、その大半がヨーロッパからのものである。現生のものと同の化石は、アジアとアフリカの中新世後期及び鮮新世前期以降のものが知られている。[2]

形態・生態編集

体毛が変化した松毬(マツボックリ)状の角質のに覆われており、全体的な姿は、南米アルマジロ類に似ているが、アルマジロの鱗が装甲としての機能しか持っていないのに対し、センザンコウの鱗は縁が刃物のように鋭く、体に比べて長い尻尾を振り回すことで攻撃にも利用される。

発達した前足の爪でアリシロアリの巣を壊し、長い舌と歯のない口で捕食する。台湾には、ミミセンザンコウ M. pentadactyla が、死んだふりをしてアリを集めるという俗説がある。『本草綱目』にも、鱗を開いて死んだ振りをしアリが中に入り込んだ所で鱗を閉じて水に潜り浮いたアリを食べるという生態が記されている。

和漢三才図会』では「本朝ニモ九州深山大谷ノ中鯪鯉稀ニコレ有リ」とする。

利用編集

中国ではセンザンコウを「鯪鯉」などと書き表し、古くはの一種だと考えられていた。李時珍の『本草綱目』にも記載があり、鱗は漢方薬媚薬の材料として珍重され、2000年代に入ってもなお中国などへ向けた密輸品が摘発されている[3][4]インドでは鱗がリウマチに効くお守りとして用いられているほか、中国やアフリカではセンザンコウの肉を食用、鱗を魔よけとして用いることもある。ベトナムではジャライ族が民族楽器クニーの素材として用いる。 が皮革製品の材料に使われることもあるが、ほとんど流通していない稀少品として価値をつけられている。

いずれの地域でも、密猟によって絶滅の危機に瀕している種が多く、特にサバンナセンザンコウなどは深刻な状況にある。

本種の摘発編集

  • 日本
    • 2017年12月11日に、ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されているセンザンコウの剥製をフリーマーケットアプリのメルカリに出品したとして、警視庁東村山署は種の保存法違反の疑いで、鹿児島市の自営業の男と長野県上田市のアルバイトの女を書類送検したと発表した。[5]
    • 2018年4月9日に、センザンコウの剥製をインターネットオークションに出品したとして、警視庁戸塚署は種の保存法違反(広告禁止)の疑いで、島根県大田市の通信販売会社の男性社長と法人としての同社を書類送検した。[6]
  • 香港
    • 香港当局は2016年6月23日、「薄切りプラスチック(sliced plastics)」とラベル付けされたカメルーン発の貨物から、アフリカセンザンコウのウロコ4トンを押収した。この動物1100匹から6600匹に相当し、およそ980万香港ドル(日本円にして約1億3000万円)の価値があるという。[7]
  • 中国
    • 2010年6月に、広東省の税関職員が珠海高欄島で不審な漁船を捜索したところ、合計7.8 トン、2,000頭を超える冷凍されたセンザンコウを1,8トンのウロコと共に発見。中国国籍とマレーシア国籍を持つ乗組員たちが逮捕された。[8]
    • 2017年11月29日、中国国営メディアによると、センザンコウのウロコ11.9トンを中国税関が押収したと発表した。 今回の摘発は、アフリカで捕獲されたセンザンコウ2万匹分以上に相当するとみられている。[9]
    • 2018年7月24日、中国雲南省昆明税関は、このほど麻薬「卡苦」(カク)とセンザンコウのうろこを一緒に密輸しようとした事件を摘発し、関係物品を押収したと発表した。センザンコウのうろこ1袋(純重量499グラム)と麻薬「卡苦」35袋(計759グラム)を発見し押収した。[10]
  • マレーシア
    • 2017年5月8日、マレーシアの税関当局が同国で過去最大となる700キロを超えるセンザンコウのうろこを押収したことを明らかにした。別々に行われた2件の摘発で、計918万4800リンギット(日本円にして約2億4000万円)相当のセンザンコウのうろこ712キロが押収された。[11]

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Gaubert, P., & Antunes, A. (2005):マレーセンザンコウの亜種扱いだったのを独立種に昇格
  2. ^ 『絶滅哺乳類図鑑』 63頁
  3. ^ “冷凍センザンコウ14トンを押収、インドネシア”. ナショナルジグラフィックニュース (ナショナルジオグラフィック). (2008年8月7日). オリジナル2013年5月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0513-1156-14/www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=42696477&expand 2012年5月28日閲覧。 
  4. ^ “センザンコウの大量密輸摘発、タイ”. NHK News Web (日本放送協会(NHK)(cache)). (2012年5月27日). オリジナル2012年5月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120530072257/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120527/k10015410111000.html 2012年5月28日閲覧。 
  5. ^ [1]
  6. ^ [2]
  7. ^ [3]
  8. ^ [4]
  9. ^ [5]
  10. ^ [6]
  11. ^ [7]

参考文献編集

センザンコウに関する著作編集

外部リンク編集