密猟

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

密猟(みつりょう、: poaching)とは、国際間の協定や法令を無視して陸上の動物を採取する事である。魚介類を不法に採取することは密漁と書き分けて区分する。アザラシなど海産哺乳類には密猟を使う。

概要編集

密猟の対象となる動物は、ペットとして求められる場合もあれば、など一部の部位のみを求める場合、さらにはグルメ漢方薬の材料として求められる場合など様々なケースがあるが[1]、いずれも標的となった動物がその土地からいなくなることに変わりはない。特に、絶滅が危惧されている動物や需要がある動物は、裏のルートでは高値が付くとされる[2]。そのため、法律で規制されていても、密猟が摘発される事例は後を絶たず、摘発者が殺害される事例も存在する[3]

絶滅が危惧されている動物は、その個体数自体が僅かであるため、たとえ一頭だけが採取されたとしても種の存続に多大なダメージを負う可能性もある。実際、人間による乱獲が原因で動物が絶滅した事例は枚挙にいとまがない。

そのため、密猟行為は厳重に取り締まらなければならないのだが、これら密猟の標的になりやすい貴重な動物は、特にアフリカ東南アジアなど国家財政が厳しい国に分布しているケースも多い。これらの国では、まずは国民が豊かになる施策こそが重要とされ、動物の保護は後回しにされる事が多い。さらに、腐敗が進行している国家では、密猟を取り締まるべき治安当局者が賄賂によって懐柔されたり、時には治安当局者自らが密猟に参加することさえある[4][5]。このように、世界的には密猟への対策が十分に取られているとは言い難い。

2000年代後半になると、大規模なゾウの密猟が目立つようになったと言われる[6]。内戦などによる紛争によって供給されたカラシニコフ式自動小銃などの軍事用武器が密猟に転用されている技術的背景や、現代における象牙消費の中心であるアジア(特に中国タイ)での需要拡大といった経済的背景が影響している[6]

一方、密猟取り締まりの過程で、地域住民の狩猟道具や仕事用品の没収、抵抗する住民への虐待が報告されている[6]。狩猟道具を奪われた結果、地域住民が動物性タンパク質を自給できない状態が懸念され、生活実態と狩猟実態の乖離を見直す必要性が提唱されているほか[6]、密猟取り締まりとゾウによる農作物被害の二重苦が生じているとも指摘されている[7]。自然保護団体による先住民への人権侵害も懸念されており、国際NGO「Survival International」は世界自然保護基金の先住民の権利侵害を告発するビデオをYouTubeに公開している[8]。その中で、住民は次のように語っている。

保全活動家はもうたくさん。私たちバカ・ピグミーで、彼らと同じ制服を着ている人が一人でもいるでしょうか?かれら保全活動家は私たちから得たお金を分けてくれますか? そんなことはあったためしがありません。彼らの仕事はただ、森をダメにするだけ。私たちは、スポーツ・ハンティングのお客さんにも来てほしくない。彼らから私たちが得るものは何もないから。スポーツ・ハンターと保全活動家は森をダメにしてるだけ。彼らは良くない。かれら白人があなたを森の中で見つけたら、動物のように殺すでしょう。まるであなたを動物だとみているかのようにして。いったいぜんたい、なんで白人がわたしが森の食べ物を口にしたいかどうかってことにいちいちいちゃもんをつけられるって言うのかしら。

日本の事例編集

現在の日本で広く行われている密猟としては、メジロクマタカなど挙げられる[9]

明治時代後期、アホウドリをはじめとした鳥類密猟を目的とした日本人の北西ハワイ諸島への進出が「バード・ラッシュ」と呼ばれる日米間の国際問題となった[10]。日本国内においても、ニホンオオカミラッコニホンアシカニホンカワウソを対象とした密猟が多く、ニホンカワウソの最後に確認された個体群は、密猟者が見つけたものであった。

脚注編集

  1. ^ 密猟や違法な取引から、野生生物を守ろう! WWFジャパン”. www.wwf.or.jp. WWFジャパン. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ アフリカ密猟深刻 象牙・サイの角 アジア富裕層需要” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ ゾウやサイの密猟と戦った研究者、ケニヤで刺殺」『BBCニュース』、2018年2月7日。2020年5月9日閲覧。
  4. ^ 頭と鼻を切られた牙なしスマトラゾウ 絶滅危惧種の密猟に警察も関与?” (日本語). Newsweek日本版 (2019年11月21日). 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ ゾウの60%が消えたタンザニア、その原因は” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ a b c d 大石高典「ゾウの密猟はなぜなくならないか: カメルーンにおける密猟取り締まり作戦と地域住民」『森をめぐるコンソナンスとディソナンス --熱帯森林帯地域社会の比較研究』第59巻、京都大学地域研究統合情報センター、2016年3月、 15-21頁。
  7. ^ 岩井雪乃 (2015), 象牙密猟は生息地でどう受けとめられているか? : 二重に苦しめられるタンザニアの地域住民, 「野生生物と社会」学会, doi:10.20798/wildlifeforum.20.1_6, https://doi.org/10.20798/wildlifeforum.20.1_6 2020年5月9日閲覧。 
  8. ^ (日本語) Baka "Pygmies" abused in the name of conservation, https://www.youtube.com/watch?v=OKksHO1XA60 2020年5月9日閲覧。 
  9. ^ Hayashi, T. (1975). “On poaching of Spizaetus nipalensis”. Journal of the Yamashina Institute for Ornithology 7 (5): 566–567. doi:10.3312/jyio1952.7.5_566. ISSN 1883-3659. http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jyio1952/7.5_566?from=CrossRef. 
  10. ^ 平岡昭利「北西ハワイ諸島における1904年前後の鳥類密猟事件 : バード・ラッシュの一コマ」『下関市立大学論集』第50巻第1号、下関市立大学学会、2007年3月、 139-148頁。

関連項目編集