タル・ウィルケンフェルド

タル・ウィルケンフェルドTal Wilkenfeld1986年12月2日 - )は、オーストラリアシドニー出身の女性ベーシスト

タル・ウィルケンフェルド
Tal Wilkenfeld
Tal Wilkenfeld.jpg
タル・ウィルケンフェルド(2008年11月)
基本情報
生誕 (1986-12-02) 1986年12月2日(34歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
ジャンル フュージョンジャズロックファンク
職業 ベーシスト
担当楽器 エレクトリックベースギターボーカル
活動期間 2002年 -
共同作業者 チック・コリア
ヴィニー・カリウタ
ジェフ・ベック
ウェイン・クランツ
公式サイト www.talwilkenfeld.com

経歴編集

14歳の時にギターを始める。その後高校を中退しオーストラリアからロサンゼルスに移住。アメリカに行った当初はギタリストとしてのトレーニングを受けていたが、17歳の時にベーシストに転向した。影響を受けたベーシストとして、ジャコ・パストリアスアンソニー・ジャクソンを挙げている[1]

2007年、初のリーダー・アルバム『トランスフォーメーション』発表(日本発売は2009年)。その後、チック・コリアヴィニー・カリウタのオーストラリア・ツアーに参加。2007年7月にはジェフ・ベックのバンドのレギュラー・ベーシストに抜擢され、クロスロード・ギター・フェスティバルでジェフと共演し、注目を集めた。ジェフのライブ・アルバム『ライヴ・ベック3〜ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラブ』でも、タルの演奏が聴ける。その他、ハイラム・ブロックスティーヴ・ヴァイオールマン・ブラザーズ・バンドウェイン・クランツなどと共演。2009年2月にはジェフ・ベックのジャパン・ツアーに同行した。2010年にはハービー・ハンコックのイマジン・プロジェクトに同行するが、ツアー中ローディーが彼女の足にアンプヘッドを落として緊急入院。そのままツアーを離れてヴィニー・カリウタやウェイン・クランツ、プリンス等が参加しているとされたアルバムのレコーディングに挑んでいる。なお、ハービーのツアーはその後マーカス・ミラーピノ・パラディーノが参加して継続された。

使用機材編集

フェンダー・ジャズベースを模倣した、サドウスキーのタル・ウィルケンフェルド・シグネイチャー・モデル。その他、予備も含めて数本持っている。ベースアンプはEBSを使用している。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『トランスフォーメーション』 - Transformation (2007年)
  • 『ラヴ・リメインズ』 - Love Remains (2019年)

シングル編集

  • "Corner Painter" (2016年)
  • "Under the Sun" (2018年)[2]
  • "Killing Me" (2019年)

参加アルバム編集

ジェフ・ベック

ハービー・ハンコック

リー・リトナー

その他

脚注編集

  1. ^ 『トランスフォーメーション』日本盤CD(KICJ 553)ライナーノーツ(近藤正義)
  2. ^ Official video - YouTube.

外部リンク編集