メインメニューを開く

チャーバハール Chabahar.ogg 発音[ヘルプ/ファイル] (ペルシア語: چابهار‎, バルーチー語: چاھبار; 意味は「4つの泉」[1]、旧称はバンダル・バヘシュティー)[2]は、イラン南東部のスィースターン・バルーチェスターン州南東部のチャーバハール郡英語版の郡都。 2016年9月24日の人口は10万6739人[3]オマーン湾に面する経済特区で、同国最南端の都市でもある。

チャーバハール
چابهار
都市
チャーバハールの遠景
チャーバハールの位置(イラン内)
チャーバハール
チャーバハール
座標: 北緯25度17分31秒 東経60度38分35秒 / 北緯25.29194度 東経60.64306度 / 25.29194; 60.64306座標: 北緯25度17分31秒 東経60度38分35秒 / 北緯25.29194度 東経60.64306度 / 25.29194; 60.64306
イランの旗 イラン
スィースターン・バルーチェスターン州
チャーバハール郡英語版
人口(2016)
 - 計 106,739
等時帯 イラン標準時UTC+3:30
 - 夏時間(DST イラン夏時間(UTC+4:30
チャーバハール・ラリー
市内の海岸公園
市内のモスク

歴史編集

紀元前2500年頃、近郊に「ティース」という漁村が有った。

紀元前4世紀にはアレクサンドロス3世の遠征によって占領された。

歴史家のビールーニーによると、ティスはインドの沿岸部との貿易を行っていた[4][5]

1188年アフダルッディーン・アブー・ハーミド・ケルマーニー英語版は著書の中で、ティスの商業と貿易について述べた。

1507年ポルトガル王国の征服者であるアフォンソ・デ・アルブケルケオマーン湾に侵入し、ティスとチャーバハールを占領した。

1621年、ポルトガル王国が撤退した。

1970年頃、パフラヴィー朝第2代皇帝のモハンマド・レザー・パフラヴィーが、チャーバハールに大規模な港を建設すると宣言した。 イランをインド洋の支配者とするために、近代的な海軍・空軍基地が建設された。 この計画は外国からの投資を多く呼び込み、特にアメリカ合衆国が目立った。

1979年イラン革命が起こると、外国企業は計画から撤退し、建設聖戦英語版大臣に繋がりを持つ国営企業が引き継いだ。

1980年イラン・イラク戦争が始まると、ホルムズ海峡の治安が悪化し、ペルシャ湾に船が入りにくくなった。 そのため、海峡の外(東)に位置し、同国最東端のチャーバハールの物流・戦略的重要性が増した。

1980年代に、政府は新たに「東軸開発計画」を発表し、チャーバハールを東部の成長の中心にしようと考えた。

1992年チャーバハール自由貿易産業地区英語版が設置された。

2014年、インドはイランへの経済制裁として、チャーバハール港への8500万$の援助を凍結した。

2016年、核合意を受けてイランに対する制裁が解除されると、インドは援助を5億$に増額した[6]。インドの援助の理由は中国が援助するパキスタングワーダル港への対抗にあるとされるが、イランは中国とパキスタンにも投資を呼びかけており[7]、イランはチャーバハール港とグワーダル港を結ぶ提案を行っている[8]

交通編集

 
チャーバハール港の夜景
 
チャーバハールのシャヒード・ベヘシュティ港

空路編集

海路編集

  • チャーバハール港英語版:約80km東に位置し、イラン初の深海港であり、国際貨物をUAEに頼らずに済むようになる[6]。チャーバハールはアフガニスタンや中央アジア用の港であり、ヨーロッパロシア用の港であるバンダレ・アッバースとは競合しない。
    • 2台の高速船を保有
    • 2011年までに年600万tの処理能力の港湾施設を整備予定

陸路編集

道路編集

鉄道編集

  • イラン東部回廊計画:チャーバハール⇔中央イラン⇔アフガニスタン⇔中央アジアを結ぶ。2010年12月に着工。
  • ハジガク炭鉱:インドの資金で、チャーバハールからアフガニスタンのハジガク地方(バーミヤーン州)まで約900kmの鉄道を通す。ハジガク峠は首都カブールの約100km西に位置する[9][10]1960年代のアフガニスタンとソ連の共同研究によると、18億tの鉄鉱石が眠っており、純度は62%、総額は3兆$と推計された。但し現地のハザーラ人は反対しており、怒りをパシュトゥーン人中心の政府に向けている。ハザーラ人のナショナリズムが刺激され、一部はターリバーンに加わりさえしている[11]

エネルギー編集

インドはトルクメニスタンの天然ガス開発を支援し、イラン北部まで送る。 イランはそれを南東部のチャーバハール港に送り、アラビア海の海底を通るパイプラインを通し、インドに送る。 この計画はインド・パキスタン関係の悪化に伴い、イラン・パキスタン・ガス・パイプライン英語版(計画中)に代わって議論されている[12]

宗教・民族編集

イスラム教スンナ派を信仰するバローチ人英語版が多い。

観光編集

  • マングローブ
  • リパー環礁
  • マーシャン山
  • ティース要塞
  • ティースの歴史的港町
  • 旧通信ビル
  • バーンマシーティーの洞窟
  • グワテル城

気候編集

砂漠気候(BWh)に属する。

チャーバハールの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 31.0
(87.8)
33.0
(91.4)
38.0
(100.4)
42.0
(107.6)
46.0
(114.8)
45.2
(113.4)
47.0
(116.6)
42.4
(108.3)
42.0
(107.6)
41.4
(106.5)
37.0
(98.6)
32.0
(89.6)
47
(116.6)
平均最高気温 °C (°F) 24.5
(76.1)
25.0
(77)
28.1
(82.6)
31.0
(87.8)
34.0
(93.2)
35.0
(95)
33.8
(92.8)
32.4
(90.3)
32.2
(90)
32.4
(90.3)
29.5
(85.1)
26.3
(79.3)
30.35
(86.63)
日平均気温 °C (°F) 20.4
(68.7)
21.3
(70.3)
24.2
(75.6)
27.1
(80.8)
30.4
(86.7)
31.9
(89.4)
31.1
(88)
29.8
(85.6)
29.1
(84.4)
28.2
(82.8)
25.0
(77)
22.0
(71.6)
26.71
(80.08)
平均最低気温 °C (°F) 15.0
(59)
16.0
(60.8)
19.0
(66.2)
22.3
(72.1)
25.2
(77.4)
28.0
(82.4)
28.1
(82.6)
26.9
(80.4)
25.4
(77.7)
22.7
(72.9)
18.8
(65.8)
16.2
(61.2)
21.97
(71.54)
最低気温記録 °C (°F) 7.0
(44.6)
7.0
(44.6)
9.6
(49.3)
14.0
(57.2)
16.0
(60.8)
22.0
(71.6)
21.0
(69.8)
19.0
(66.2)
19.0
(66.2)
13.2
(55.8)
9.0
(48.2)
7.0
(44.6)
7
(44.6)
雨量 mm (inch) 29.4
(1.157)
37.9
(1.492)
14.9
(0.587)
6.1
(0.24)
0.1
(0.004)
0.5
(0.02)
6.2
(0.244)
2.1
(0.083)
1.2
(0.047)
0.0
(0)
4.4
(0.173)
13.7
(0.539)
116.5
(4.586)
平均降雨日数 3.6 3.4 2.0 1.3 0.1 0.1 1.3 0.8 0.2 0.0 0.5 1.7 15
湿度 61 66 69 70 72 75 77 77 76 73 67 61 70.3
平均月間日照時間 240.2 234.1 263.8 278.2 330.2 284.8 244.6 241.4 260.9 295.5 272.5 249.2 3,195.4
出典: NOAA (1963–1990)[13]

脚注編集

  1. ^ Inside Chabahar, the Iranian port city that borders Pakistan and where alleged spy Kulbhushan Jadhav was based; Economic Times; 14-May-2017
  2. ^ チャーバハールはGEOnet Names Serverこのリンクで見つけることができる。特別な検索ボックスを開け、「Unique Feature Id」で「-3055106」を入力し、「Search Database」をクリックする。
  3. ^ City Population閲覧日:2018年1月7日
  4. ^ Sachau, Edward C., ed. (1910) [first published 1888], Alberuni's India, Vol. 1, Kegan Paul, Trench, Trubner & Co, http://www.columbia.edu/cu/lweb/digital/collections/cul/texts/ldpd_5949073_001/pages/ldpd_5949073_001_00000264.html 
  5. ^ Wink, André (2002) [first published 1990], Al-Hind: The Making of the Indo-Islamic World (Third ed.), Brill, ISBN 0391041738, https://books.google.co.uk/books?id=g2m7_R5P2oAC&pg=PA132 
  6. ^ a b “India's $500 Million Bet on Iran”. Foreign Policy. https://foreignpolicy.com/2016/05/31/indias-500-million-bet-on-iran/ 2016年7月22日閲覧。 
  7. ^ “アジアから中東に触手伸ばす中国-イラン港湾投資巡りインドと緊張も”. ブルームバーグ. (2018年4月12日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-11/P706NI6JTSE901 2018年8月21日閲覧。 
  8. ^ “Iran says ready to connect Pakistan's Gwadar to Iran's Chabahar port”. 新華社. (2019年5月24日). http://www.xinhuanet.com/english/2019-05/24/c_138086073.htm 2019年6月14日閲覧。 
  9. ^ India's Track 3: Afghan-Iran rail link - Hindustan Times
  10. ^ Judge refuses to hear plea against Sethi | The Frontier Post
  11. ^ https://cmes.fas.harvard.edu/files/cmes/files/semplepolicysummary.pdf
  12. ^ “Iran, India discuss building underwater gas pipeline”. Tehran Times. http://www.tehrantimes.com/index_View.asp?code=220189 2010年12月25日閲覧。 
  13. ^ Chahbahar Climate Normals 1963–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年12月29日閲覧。

外部リンク編集