メインメニューを開く

ツルマルツヨシとは日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。競走馬時代のおもな勝ち鞍は1999年朝日チャレンジカップ京都大賞典[2]。引退後には京都競馬場誘導馬となった。

ツルマルツヨシ
Tsurumaru-Tsuyoshi DSCN2874-2 20061112.JPG
2006年11月12日
京都競馬場の誘導馬時代
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1995年4月6日
登録日 1997年10月16日
抹消日 2001年1月20日[1]
シンボリルドルフ
スィートシエロ
母の父 Conquistador Cielo
生国 日本の旗 日本北海道沙流郡
生産 シンボリ牧場
馬主 鶴田任男
調教師 二分久男栗東
競走成績
生涯成績 11戦5勝[2]
獲得賞金 1億7428万2000円
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1998年[2]京都競馬場の4歳未勝利戦でデビューし、初戦にて勝利を挙げる。その後は体質の弱さもあり[2]、出走しては休養というローテーションを繰り返していたが、5歳(旧表記)となった1999年夏から順調にレースをこなすようになり、秋には朝日チャレンジカップに優勝し重賞優勝馬となる。次に出走した京都大賞典では、メジロブライトテイエムオペラオーステイゴールドスペシャルウィークといった強豪馬を抑えて優勝[2]秋の天皇賞では単勝2番人気に支持される[2]など、GI路線の中心馬の1頭となったが、同年の第44回有馬記念4着のあとに骨瘤を発症し、ふたたび長期休養に入った。2000年秋の復帰後は目立った結果を残せず、2年連続の出走となった有馬記念において最後の直線走路で競走を中止[3]。左前脚の繋靭帯を断裂しており[3][2]競走能力喪失と診断され[3][2]、競走馬引退が決まった[1][2]

種牡馬入りは見送られ、宮崎保養センターで[1]静養したあと、京都競馬場の誘導馬に転向するために訓練と去勢手術を受けた。2002年[2]、第5回京都競馬開催日から誘導馬としてデビューし活動していたが、脚部の状態が悪化したため[2]2007年第4回京都開催終了とともに引退した。

以後は引退名馬けい養展示事業の助成を受けて[2]宮崎県内の乗馬クラブで余生を過ごしている[2]。2012年現在は、現役当時の担当厩務員らにより設立された「ツルマルツヨシの会」が支援を行っている[4]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1998.05.02 京都 4歳未勝利 9 06.7 (5人) 1着 藤田伸二 55 ダ1400m(良) 1:25.6 (37.7) -0.2 (テイエムタイガー)
0000.11.08 京都 逢坂山特別 16 18.5 (8人) 5着 藤田伸二 55 芝1800m(良) 1:47.3 (35.4) -0.4 サンデーセイラ
0000.11.28 中京 犬山特別 16 05.2 (2人) 1着 佐藤哲三 55 芝2000m(良) 2:02.1 (35.5) -0.6 (ステートフェロー)
1999.01.17 京都 稲荷特別 取消 藤田伸二 55 芝2000m(良) スエヒロコマンダー
0000.06.06 中京 三河特別 12 02.3 (1人) 1着 藤田伸二 56 芝1800m(良) 1:48.8 (35.2) -0.4 (エレガントモア)
0000.07.25 小倉 北九州記念 GIII 14 05.9 (3人) 3着 藤田伸二 51 芝1800m(良) 1:46.0 (35.3) -0.4 エイシンビンセンス
0000.09.12 阪神 朝日CC GIII 12 07.0 (5人) 1着 藤田伸二 54 芝2000m(良) 1:59.5 (35.6) -0.2 メイショウオウドウ
0000.10.10 京都 京都大賞典 GII 10 13.4 (4人) 1着 藤田伸二 57 芝2400m(良) 2:24.3 (34.3) -0.1 メジロブライト
0000.10.31 東京 天皇賞(秋) GI 17 06.0 (2人) 8着 藤田伸二 58 芝2000m(良) 1:58.6 (35.6) -0.6 スペシャルウィーク
0000.12.26 中山 有馬記念 GI 14 12.1 (6人) 4着 藤田伸二 57 芝2500m(良) 2:37.3 (34.8) -0.1 グラスワンダー
2000.10.08 京都 京都大賞典 GII 12 11.9 (3人) 6着 藤田伸二 58 芝2400m(良) 2:26.7 (34.0) -0.7 テイエムオペラオー
0000.12.24 中山 有馬記念 GI 16 13.1 (4人) 中止 藤田伸二 56 芝2500m(良) テイエムオペラオー

血統表編集

ツルマルツヨシ血統パーソロン系 / 5代内アウトブリード (血統表の出典)

シンボリルドルフ 1981
鹿毛 北海道門別町
父の父
*パーソロン
Partholon 1960
鹿毛 アイルランド
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Colonice
父の母
スイートルナ 1972
栗毛 千葉県大栄町
スピードシンボリ *ロイヤルチャレンジャー
スイートイン
*ダンスタイム
Dance Time
Palestine
Samaritaine

*スィートシエロ
Sweet Cielo 1987
鹿毛 アメリカ
Conquistador Cielo 1979
鹿毛 アメリカ
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
K D Princess Bold Commander
*タミーズターン
母の母
Change Water 1969
栗毛 アメリカ
Swaps Khaled
Iron Reward
Portage War Admiral
Carillon F-No.4-m

伯母にアメリカG1メイトロンステークスなどの優勝馬フォールアスペンがおり、その産駒(ツルマルツヨシの従兄姉)に1994年エクリプス賞チャンピオン2歳牡馬ティンバーカントリーや、フランスG2ポモーネ賞の優勝馬でドバイミレニアムの母となったコロラドダンサーなど、多くの活躍馬がいる。

脚注編集

  1. ^ a b c アラカルト「ツルマルツヨシが引退」” (日本語). 競馬ニホン (2001年1月22日). 2012年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 名馬を訪ねて「ツルマルツヨシを訪ねて〜カウボーイアップランチ」” (日本語). 競走馬のふるさと案内所. 日本軽種馬協会 (2011年2月2日). 2012年4月12日閲覧。
  3. ^ a b c ニュースぷらざ「ツルマルツヨシ、左前繋靭帯断裂」” (日本語). 競馬ブックコーナー. インターチャネル (2001年1月9日). 2012年4月12日閲覧。
  4. ^ ツルマルツヨシの会” (日本語). 2012年4月12日閲覧。

外部リンク編集