メインメニューを開く

歴史編集

  • 1921年、先々代の和田孝一郎が千葉県に前身となる「新堀牧場」を開場

代表者編集

和田孝弘(わだ たかひろ)

先代の和田共弘は昭和期を代表する競走馬生産者の一人として知られる。

本場以外の施設・関連会社編集

主な生産馬編集

千葉県産編集

日高町産編集

新冠町産編集

旧日高シンボリ牧場名義

新ひだか町産編集

岩手県産編集

外国産編集

Takahiro Wada,T.WadaまたはSymboli Stud名義

主な繋養繁殖牝馬編集

現役繁殖牝馬
  • スイートオーキッド
  • ゲーリックチューン
過去の繋養繁殖牝馬

馬主としてのシンボリ牧場編集

シンボリ牧場の勝負服は緑・白襷・袖赤一本輪。「シンボリ」の冠名でおなじみ。牝馬には基礎繁殖牝馬の一頭、Sweet Sixteen(日本での登録名:スヰート)にちなんだ「スイート」の冠名を使用していたが、2013年産からは牡馬と同じく「シンボリ」を使用している。「シンボリ」の英語スペルは、「シンボル」とも引っ掛けた「symboli」である。また、和田共弘や和田孝一郎個人の所有馬も存在する(共に勝負服は緑・白襷)。

シンボリ牧場所有馬編集

  • アイルトンシンボリ
  • シンボリインディ
  • シンボリグラン
  • シンボリクリエンス
  • シンボリクリスエス
  • シンボリフレンド
  • シンボリモントルー
  • シンボリルドルフ
  • スイートオーキッド
  • プレストシンボリラジオたんぱ賞) 
  • スイートサルサ[1]

和田共弘所有馬編集

和田孝一郎所有馬編集

  • タイレイ(桜花賞)

種牡馬事業編集

北海道・門別町富川のシンボリスタリオンステーションに繋養されていた主な種牡馬。

過去繋養されていた種牡馬

脚注編集

  1. ^ 2015年福島牝馬ステークスレース結果 - netkeiba.com、2015年4月27日閲覧

外部リンク編集