シンボリ牧場(正式名称・シンボリ牧場有限会社)は、千葉県成田市にある競走馬の生産牧場及び馬主オーナーブリーダー)である。

歴史編集

 
シンボリ牧場の礎を築いた種牡馬パーソロンの像
 
シンボリルドルフ

1921年、初代の和田孝一郎が千葉県に前身となる「新堀牧場」を開場。

佐倉牧に享保期以降に築かれた野馬土手が新堀と呼ばれたため、成田市駒井野のほか旧本大須賀村に当る成田市吉岡等にも字新堀が点在する[1]。したがって、どの新堀に因むかは明確ではないが、開設地近くの新堀が牧場名の由来になった可能性は否定できない。
一方、孝一郎が生まれ育った島根県安濃郡川合村大字川合[2]の数キロメートル南にもバス停「新堀」が存在し、孝一郎の出身地に因む可能性も否定できない。

1935年には香取郡本大須賀村新堀牧場名義でサラブレッドを生産[3]、村は合併し1943年の所在地は香取郡昭栄村[4]

二代目を継いだ子息・共弘の時代では、現行の「シンボリ牧場」として生産規模も拡大。特に競走馬スピードシンボリ[5]種牡馬パーソロンのブリーダーとして成功し、同産駒の七冠馬シンボリルドルフといった著名な競走馬を輩出した[6]

 
シンボリクリスエス(中央)

1994年にオーナー和田共弘が亡くなると、息子・孝弘が三代目の代表に就任。2000年代前半に年度代表馬シンボリクリスエスを輩出し、シンボリルドルフ以来の大きな足跡を刻む[7]

2019年、オーナー和田孝弘が死去。長男・吉弘が四代目の代表に就任した[8]

代表者編集

  • 四代目:和田吉弘(わだ よしひろ)- 現:代表

過去

  • 三代目:和田孝弘(わだ たかひろ)
  • 二代目:和田共弘(わだ ともひろ)- 昭和期を代表する競走馬生産者の一人として知られる。
  • 初代:和田孝一郎(わだ こういちろう)

本場以外の施設・関連会社編集

主な生産馬編集

千葉県産編集

日高町産編集

新冠町産編集

旧日高シンボリ牧場名義

新ひだか町産編集

岩手県産編集

外国産編集

Takahiro Wada,T.WadaまたはSymboli Stud名義

主な繋養繁殖牝馬編集

現役繁殖牝馬
  • スイートオーキッド
  • ゲーリックチューン
過去の繋養繁殖牝馬

馬主としてのシンボリ牧場編集

シンボリ牧場の勝負服は緑・白襷・袖赤一本輪。「シンボリ」の冠名でおなじみ。牝馬には基礎繁殖牝馬の一頭、Sweet Sixteen(日本での登録名:スヰート)にちなんだ「スイート」の冠名を使用していたが、2013年産からは牡馬と同じく「シンボリ」を使用している。「シンボリ」の英語スペルは、「シンボル」とも引っ掛けた「symboli」である。また、和田共弘や和田孝一郎個人の所有馬も存在する(共に勝負服は緑・白襷)。

シンボリ牧場所有馬編集

和田共弘所有馬編集

和田孝一郎所有馬編集

  • タイレイ(桜花賞)

種牡馬事業編集

北海道・門別町富川のシンボリスタリオンステーションに繋養されていた主な種牡馬。

過去繋養されていた種牡馬

出典編集

  1. ^ ちば情報マップ
  2. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『有栖川宮記念厚生資金選奨録』
  3. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『馬匹血統登録書第13巻』p59
  4. ^ 『馬匹血統登録書第18巻』p195
  5. ^ 【×××0年の有馬記念】1970年~スピードシンボリ”. サンスポ (2020年12月23日). 2021年1月7日閲覧。
  6. ^ 競馬の殿堂:シンボリルドルフ”. JRA. 2020年12月13日閲覧。
  7. ^ シンボリクリスエスが死亡 有馬記念、天皇賞・秋を2度制覇の名馬”. netkeiba.com (2020年12月9日). 2020年12月13日閲覧。
  8. ^ シンボリ牧場社長の和田孝弘氏が死去”. サンスポ (2019年4月30日). 2020年12月13日閲覧。
  9. ^ 2015年福島牝馬ステークスレース結果 - netkeiba.com、2015年4月27日閲覧

注釈編集

  1. ^ シンボリスタリオンに繋養されていた種牡馬とは別の馬

外部リンク編集

座標: 北緯35度47分14.4秒 東経140度25分10.6秒 / 北緯35.787333度 東経140.419611度 / 35.787333; 140.419611