メインメニューを開く

テキーラ・サンライズ』(原題:Tequila Sunrise)は1988年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画メル・ギブソンカート・ラッセルミシェル・ファイファー出演。

テキーラ・サンライズ
Tequila Sunrise
監督 ロバート・タウン
脚本 ロバート・タウン
製作 トム・マウント
製作総指揮 トム・ショー
出演者 メル・ギブソン
カート・ラッセル
ミシェル・ファイファー
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 クレア・シンプソン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年12月2日
日本の旗 1990年2月17日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$41,292,551[2]
テンプレートを表示

タイトルはテキーラベースの同名のカクテルからとられている。

コンラッド・L・ホール第61回アカデミー撮影賞にノミネートされた[3]ほか、アン・ウィルソン(ハートボーカル)とロビン・ザンダー(チープ・トリックのボーカル)が歌う主題歌“Surrender to Me”は、1989年上半期のBillboard Hot 100の第6位にランクインした。

目次

あらすじ編集

麻薬の運び屋として名を馳せてきた“マック”ことデイル・マキュージックは足を洗う事を考えていたが、組織をはじめ、彼を金づるにしてきた元妻や従兄弟はそれを認めようとしなかった。

一方、マックの高校時代の友人で現在はDEA(麻薬取締局)捜査官のニック・フレシアは麻薬密輸組織摘発のため、マックの身辺捜査を命じられる。

ニックは当局が麻薬取引の場所だとにらんでいるマック行きつけの高級レストランに行き、そこの女性オーナー・ジョー・アンと出会い、やがて親密な仲になる。そしてマックとニックはジョー・アンをめぐってお互いの思いを対立させるようになる。

そんな中、南米の麻薬密売組織の大物エスカランテが取引のため、近々アメリカにやってくるとの情報が入り、当局はマック共々一網打尽にしようとしていた。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
デイル・マキュージック“マック” メル・ギブソン 神谷明 野沢那智
ニック・フレシア捜査官 カート・ラッセル 田中秀幸 江原正士
ジョー・アン・ヴァレナーリ ミシェル・ファイファー 藤田淑子 金野恵子
カルロス/エスカランテ ラウル・ジュリア 麦人 内海賢二
ハル・マグワイア捜査官 J・T・ウォルシュ 秋元羊介 石田太郎
グレッグ・リンドロフ アーリス・ハワード 千田光男 村山明
コーディ・マキュージック ガブリエル・デーモン 山田栄子
シャリーン・マキュージック アン・マグナソン
アンディ・レオナード アリー・グロス 江原正士 小野健一
ニッゼティッチ判事 バッド・ベティカー 小島敏彦

脚注編集

外部リンク編集