テスタメント (映画)

テスタメント』(原題:Testament)は、1983年制作のアメリカ合衆国の映画

テスタメント
Testament
監督 リン・リットマン
脚本 ジョン・セイクレット・ヤング
原作 キャロル・エイメン
製作 リン・リットマン
ジョナサン・バーンスタイン
出演者 ジェーン・アレクサンダー
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 スティーヴン・ポスター
編集 スザンヌ・ペティット
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント=CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年12月9日
日本の旗 1984年9月1日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$2,044,892[1]
テンプレートを表示

核戦争後の世界をある平凡な一家を中心にして描いたドラマ映画。無名時代のケビン・コスナーレベッカ・デモーネイが出演。

あらすじ編集

ある日、アメリカ全土が核攻撃を受けた。サンフランシスコ近郊の小さな町に住む平凡なウェザリー一家の母キャロルは、ブラッド、メアリー・リズ、スコッティら子供たち3人と共に不安な一夜を過ごすが、夫のトムはサンフランシスコの勤務先からついに戻って来なかった。

翌日から町はパニック状態となった。キャロル母子は日系人ガソリンスタンド店主マイクや、親しい隣人たちの協力を得て何とか持ちこたえるが、放射能によって人々は次々と死んでいき、リズ、スコッティ、マイクも相次いで死んだ。

ブラッドとマイクの息子ヒロシと3人だけになったキャロルは、ロウソクをともして夕食をとりながら、世界がどうなろうと、この子たちが生きている限り自分も生きのびることを誓うのだった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
キャロル・ウェザリー ジェーン・アレクサンダー 武藤礼子
トム・ウェザリー ウィリアム・ディヴェイン 堀勝之祐
ブラッド・ウェザリー ロス・ハリス 菊池英博
メアリー・リズ・ウェザリー ロクサーナ・ザル 渕崎ゆり子
スコッティ・ウェザリー ルーカス・ハース 浪川大輔
ヘンリー・アブハート レオン・エイムズ 宮川洋一
マイク マコ 千田光男
ヒロシ ゲリー・ムリーリョ 田中真弓
キャシー・ピトキン レベッカ・デモーネイ 勝生真沙子
フィル・ピトキン ケビン・コスナー 鈴置洋孝
ホリス フィリップ・アングリム 野島昭生
ファニア リリア・スカラ 麻生美代子
ラリー ミコ・オルモス 鈴木一輝
市長 レスリー・ウッズ 沼波輝枝

その他声の出演:仁内達之村松康雄石森達幸西村知道有本欽隆秋元羊介塚田正昭滝沢ロコ藤枝成子中村竜彦村田彩中村友和長井正章

脚注編集

関連作品編集

外部リンク編集