メインメニューを開く

ディオーシュジュールVTKハンガリー語: Diósgyőri VTK)は、ハンガリーミシュコルツをホームタウンとするサッカークラブ。ホームスタジアムはクラブ名の頭文字を取って、DVTKスタジアム。ハンガリーで最も人気のあるチームの一つである。

ディオーシュジュールVTK
原語表記 Diósgyőr-Vasgyári Testgyakorlók Köre
愛称 Diósgyőr
クラブカラー 赤・白
創設年 1910年
所属リーグ ネムゼティ・バイノクシャーグI
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ミシュコルツ
ホームスタジアム DVTKシュタディオンハンガリー語版
収容人数 15,325
代表者 ハンガリーの旗 サボー・タマーシュ
監督 スペインの旗 フェルナンド[1]
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

1910年、ディオーシュジュールVTKは製鉄所のスポーツクラブとして設立された。

1940年、ネムゼティ・バイノクシャーグIに初昇格し、同年8月25日のWMFC Csepel戦でデビューを飾った(3-4)。1940-41シーズンは14チーム中6位だった。

1970年代後半から1980年代前半にクラブは黄金期を迎えた。1976-77シーズンはハンガリー・カップ初優勝を果たし、UEFAカップウィナーズカップ 1977-78出場権を獲得した。1978-79シーズンは1部リーグで3位になり、UEFAカップ1979-80出場権を獲得した。1979-80シーズンはハンガリー・カップで2回目の優勝を果たした。

クラブはオーナーの変更、破産を経験した。1989年のハンガリー共産主義体制の終焉はハンガリーのサッカークラブにも大きな影響を与えた。共通していたのは資金不足であり、クラブは2000年に破産した。1999-2000シーズンは冬に多くの選手がクラブを去ったため、存続が危ぶまれたが、シーズンを戦い抜くことはできた。しかし、降格圏の18チーム中16位に終わった。破産後、クラブのサポーターによって新しいDVTKが設立された。新しいクラブは7部リーグで最初のシーズンを始めたが、2部リーグ所属クラブとの合併などを経て、2004年5月に5シーズンぶりの1部リーグ復帰を決めた。

2009-10シーズンは、1910年のクラブ誕生から100周年となった。しかし、クラブは1部リーグ最下位に終わり、2部リーグに降格した。2010-11シーズンは2部リーグで優勝し、1部リーグ復帰を果たした。

2013-14シーズンはハンガリー・リーグカップ決勝でヴィデオトンFCに2-1で勝利し、初優勝を果たした。ハンガリー・カップでも決勝に進出し、ウーイペシュトFCと対戦した。後半終了間際に1-1に追いついてPK戦に持ち込んだが、3-4で敗れた。しかし、ウーイペシュトFCはUEFAライセンスを取得できなかったため、準優勝のディオーシュジュールVTKが繰り上げでUEFAヨーロッパリーグ 2014-15出場権を獲得した[2]

現所属メンバー編集

タイトル編集

過去の成績編集

年度 所属 順位 勝点 カップ リーグカップ
2011-12 1部 7位 30 13 4 13 42 43 -1 43 ベスト16 準々決勝
2012-13 1部 10位 30 9 11 10 31 39 -8 38 ベスト16 グループリーグ
2013-14 1部 5位 30 12 11 7 45 38 +7 47 準優勝 優勝

欧州での成績編集

歴代所属選手編集

歴代監督編集

脚注編集

  1. ^ DVTK: a klub exjátékosa követi Bódogot a kispadon – hivatalos” (ハンガリー語). Nemzeti Sport. 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ Újpest: nincs UEFA-licenc, a Diósgyőr indul az El-ben” (ハンガリー語). Nemzeti Sport (2014年5月30日). 2014年7月4日閲覧。
  3. ^ DVTK csapat”. DVTK hivatalos honlapja. 2017年2月12日閲覧。
  4. ^ UEFA Cup Winners' Cup History Season 1977-1978” (英語). UEFA.com. 2014年7月4日閲覧。

外部リンク編集