メインメニューを開く

ディルク・マルセリスDirk Marcellis, 1988年4月13日 - )は、オランダリンブルフ州出身の元サッカー選手。元オランダ代表。現役時代のポジションはDF(CB)。

ディルク・マルセリス Football pictogram.svg
Marcellis PSV 2010.jpg
PSV時代のマルセリス (2012年)
名前
ラテン文字 Dirk Marcellis
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1988-04-13) 1988年4月13日(31歳)
出身地 ホルスト英語版
身長 181cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
ユース
オランダの旗 ヴィッテンホルストオランダ語版
オランダの旗 VVV
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2010 オランダの旗 PSV 68 (0)
2010-2014 オランダの旗 AZ 88 (0)
2015 オランダの旗 NACブレダ 17 (0)
2015-2018 オランダの旗 ズヴォレ 86 (5)
通算 259 (5)
代表歴
2005 オランダの旗 オランダ U-17 3 (1)
2008-2009 オランダの旗 オランダ U-21 4 (0)
2008-2010 オランダの旗 オランダ 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

本職はCBだが、必要に応じて最終ラインのどのポジションもこなす。CBしては小柄だが、サポーターやメディアによって元オランダ代表のヤープ・スタムと比較された。

クラブ編集

PSV編集

PSVの下部組織で経験を積み、2007年4月11日UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝のリヴァプールFC)戦でトップチームデビューを果たしたが、64分にボウデヴィン・ゼンデンに対して危険なタックルを見舞い、一発退場となった。その後はレギュラーの座をつかみ、メキシコ人のカルロス・サルシードとコンビを組んだ。ブラジル人アレックスからポジションを奪うと、アレックスは何回かレンタル移籍を繰り返した後にチェルシーFCへ移籍した。オランダのサッカー解説者は、2008年3月12日に行われたUEFAカップ決勝トーナメント2回戦のトッテナム・ホットスパーFC戦で見せたPKを称え、"Ice Rabbit"と呼んだ。2009年7月30日、UEFAヨーロッパリーグ予選3回戦のPFCチェルノ・モレ・ヴァルナ戦(1-0)ではロスタイムに決勝点を挙げた[1]

AZ編集

2010年5月21日、AZのイェレマイン・レンスのPSV移籍に合わせて、マルセリスがAZに移籍した。

NAC編集

2014年12月31日、NACブレダとシーズン終了までの契約を結んだ[2]。2018年、膝の怪我により現役を引退した。

代表編集

世代別オランダ代表編集

UEFAカップのトッテナム戦ではディミタール・ベルバトフを抑え、ACFフィオレンティーナ(イタリア)戦ではアドリアン・ムトゥを抑える活躍を見せた。これらの活躍でU-21オランダ代表のフォーペ・デ・ハーン監督の目にとまり、デ・ハーン監督は「なんと! 我々は再び真のディフェンダーを見つけたのだ」と述べた。U-21オランダ代表デビューを果たし、センターバックだけではなく右サイドバックとしてもプレーした。

北京オリンピック編集

2008年には北京オリンピックに出場するオランダ代表メンバーに選出された。センターバックのレギュラーとしてグループリーグ全試合に出場し、オランダは3位アメリカと勝ち点1差のグループ2位でかろうじて決勝トーナメント進出を決めた。準々決勝のアルゼンチン戦は90分を終えて1-1の同点だったが、延長戦の末に敗れてベスト8に終わった。

オランダ代表編集

2008年10月、オランダA代表ベルト・ファン・マルワイク監督は、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ノルウェー戦とアイスランド戦に向けてマルセリスを初招集した。10月11日のアイスランド戦でデビューした。

タイトル編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ PSV secures late winner”. UEFA com (2009年7月30日). 2009年8月1日閲覧。
  2. ^ Marcellis nieuwe aanwinst NAC Archived 2014年12月31日, at the Wayback Machine. NACブレダ公式ウェブサイト 2014年12月31日付

外部リンク編集