デジタル放送

デジタル放送(デジタルほうそう、digital broadcasting)とは放送局により行われるデジタル方式の放送のことである。通常のアナログ放送と同様の電波帯域を使い、アナログデータの代わりにデジタルデータを伝送する放送である。

日本においては、狭義には「デジタル方式の無線局により行われる放送」を言う(電波法施行規則第二条第一項第二十八の十六号)。広義には、デジタル方式により行われる放送全般、すなわち1990年代以降の、アナログ放送と同様に音声映像などのマルチメディアデータを一定の規格に基づき放送するサービスを意味する。

最広義にはIPを利用したインターネット放送インターネットテレビインターネットラジオIP放送)まで含まれうるが、本項では除外する。

目次

概要編集

従来のアナログ放送よりも電波障害に強く、高音質な音声や多チャンネル放送・データ放送・双方向性機能があることが大きな特徴である。

文字多重放送では、少量のテキストデータを狭い帯域で伝送する。このようなデータ放送では必要帯域が少ないため、1980年代から実用化された。テレビでの動画は情報の冗長性が大きくそのまま放送するには適さないため、データ圧縮が行なわれる。このデータ圧縮に関する情報理論の研究が進み、またコンピュータの処理性能も高まったため一般的な放送としての実用化が行なえるようになった。

特徴編集

アナログ放送に比べ、次のような特徴がある。

利点編集

  • 冗長情報の付加と誤り訂正により伝送中にある程度のノイズが混入しても情報劣化が無く、元の情報が復元できる
  • データのフォーマットを比較的容易に変更できる
    • チャンネル構成を柔軟に運用できる
    • 通信のような他のメディアとの親和性が高い
  • 著作権保護(コピーガード
  • 副次的なデータの併送が容易である

欠点編集

  • 大きなノイズでは情報劣化が大きくなる。データ圧縮を使っている場合は、復号がまったくできなくなる。通信と異なり再送要求ができないため、この問題は放送において深刻である
  • データ圧縮・伸張に時間がかかる(特にテレビジョン放送は、データ量が膨大であることから避けられない)。そのため、チャンネル変更などの応答が悪くなる場合がある。また緊急地震速報時報生中継などのリアルタイム性が低下する

歴史編集

世界編集

日本編集

  • 1985年11月 - 東京・大阪のNHK総合テレビにて、文字多重放送開始。
  • 1992年6月 - CS-PCM音声放送開始。
  • 1995年4月 - St.GIGAにより、放送衛星を使用した衛星データ放送「スーパーファミコンアワー」(いわゆるサテラビュー1999年6月に「セントギガ衛星データ放送」に改称)開始。
  • 1996年9月 - 日本デジタル放送サービス(現 スカパーJSAT)により、DVB-S方式によるCSデジタル放送「パーフェクTV!」(現 スカパー!プレミアムサービス)開始。
  • 1998年
    • 7月 - 一部のケーブルテレビでデジタルテレビ放送を開始。
    • 10月 - 地上デジタル放送懇親会の報告[1]を受け、政府が地上デジタル放送への移行を発表。
  • 2000年
  • 2001年6月 - 電波法の改正により、地上デジタル放送への移行完了期限を2011年7月24日に決定。
  • 2002年7月 - ISDB-S方式によるCSデジタルテレビ放送「スカイパーフェクTV!2」・「プラット・ワン」(現 スカパー!)開始。サーバ型放送(蓄積放送)機能を持つCSデジタルテレビ放送「ep」(ISDB-S方式)開始。
  • 2003年
  • 2004年4月 - 「ep」が蓄積放送を終了。
  • 2006年
    • 4月 - ワンセグ放送を開始。
    • 12月 - 全都道府県で地上デジタル放送を開始。
  • 2010年7月 - 大阪地区の地上デジタル音声放送実用化試験を終了。
  • 2011年
    • 3月 - 東京地区の地上デジタル音声放送実用化試験を終了。
    • 7月 - 岩手・宮城・福島3県の地域を除くCS-PCM音声放送ならびに地上・BSアナログテレビ放送を終了。
  • 2012年

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集