トヨタ・TF103トヨタ2003年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはグスタフ・ブルナー

トヨタ・TF103
Toyota F1 2003.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター トヨタ
デザイナー グスタフ・ブルナー
高橋敬三
ルカ・マルモリーニ
先代 トヨタ・TF102
後継 トヨタ・TF104
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット モノコック
サスペンション(前) プッシュロッド トーションバー
サスペンション(後) プッシュロッド トーションバー
エンジン トヨタ・RVX-03
トランスミッション 6速 セミAT
燃料 エッソ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム パナソニック トヨタ・レーシング
ドライバー フランスの旗 オリビエ・パニス
ブラジルの旗 クリスチアーノ・ダ・マッタ
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2003年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

開発編集

TF103はトヨタのテストコースであるポール・リカール・サーキットで、2003年1月8日に公開された。

TF103はコンベンショナルな設計であり、チームの認識は前作のTF102の「論理的な発展」であった。グスタフ・ブルナー、高橋敬三による共同設計作であり、いっそうの軽量化と高ダウンフォース化が計られた。

一番の改良はエンジンであった。RVX-03は2002年9月に初のテストが行われ、チームに軽量化と高出力の二つの恩恵をもたらした。エンジン改良の功績はルカ・マルモリーニによるものであった。

シーズン中には空力面のアップデートが続けられた。スペインGPではディフューザーやバージボードを改良。イギリスGPではサイドポンツーンがシェイプアップされ、フェラーリ・F2003-GA風の放熱ルーバーが刻まれた。ドイツGPではバージボードを廃してボーダーフィンを取り付けた。また、ミシュランタイヤとのマッチングを最適化するため、サスペンションやセッティングの調整が行われた。

パフォーマンス編集

 
ハンガリーGPのダミーグリッドに停まるTF103(手前のマシン)、ドライバーはクリスチアーノ・ダ・マッタ

ドライバーランナップを一新し、B・A・Rからオリビエ・パニスを迎え、2002年のCARTチャンピオンであるクリスチアーノ・ダ・マッタがF1へ転向した。

TF103はそのパフォーマンスもレベルアップし、予選でトップ10入りすることが多くなったが、決勝でのレースペースにつながらないという課題もあった。イギリスGPではコースに闖入者(ニール・ホラン)が侵入した際の混乱で、11周目には1-2を走行している。日本GPでは天候の巡り合わせもあったが、予選セカンドローに2台を並べた。

ルール改正にも助けられ、ダ・マッタが10ポイント、パニスが6ポイントと計16ポイントを獲得して、この年のコンストラクターズランキングは8位となった。

スペック編集

 
TF103のステアリング

シャーシ編集

エンジン編集

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー/エンジン
タイヤ
ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
2003年 TF103
トヨタ V10
M
AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
16 8位
  パニス Ret Ret Ret 9 Ret Ret 13 8 Ret 8 11 5 Ret Ret Ret 10
  ダマッタ Ret 11 10 12 6 10 9 11 Ret 11 7 6 11 Ret 9 7

参照編集

外部リンク編集