メインメニューを開く

2003年日本グランプリ (4輪)

2003年日本グランプリXXIX Fuji Television Japanese Grand Prix)は2003年F1世界選手権の第16戦として、2003年10月12日に鈴鹿サーキットで開催された。

日本の旗 2003年日本グランプリ
レース詳細
2003年F1世界選手権全16戦の第16戦
Circuit Suzuka.png
日程 2003年シーズン
決勝開催日 10月12日
正式名称 XXIX Fuji Television Japanese Grand Prix
開催地 鈴鹿サーキット
三重県鈴鹿市
コース Permanent racing facility
コース長 5.807
レース距離 307.771
決勝日天候 曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:33.237
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW
タイム 1:33.408
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位
  • フィンランドの旗 キミ・ライコネン
マクラーレン-メルセデス
3位 マクラーレン-メルセデス

概要編集

2003年シーズン最終戦を迎え、日本GPは2000年以来となるチャンピオン決定戦となった。

ドライバーズ部門は前戦アメリカGP終了時点で2人の候補に絞られた。ミハエル・シューマッハフェラーリ)がランキング2位のキミ・ライコネンマクラーレン)に対して9ポイント差を付けており、シューマッハは今回1ポイントでも獲得すればタイトル決定という絶対的有利な状況にある。ライコネンは優勝した上で、シューマッハが無得点に終わることを期待しなければならない。

コンストラクターズ部門はフェラーリをウィリアムズが3ポイント差で追っている。ウィリアムズのドライバーは個人タイトル争いから脱落したものの、チームのタイトル奪取にむけてモチベーションを高めていた。

また、コンストラクターズ5位を賭けて、ザウバー(19ポイント)、B・A・R(18ポイント)、ジャガー(18ポイント)、トヨタ(16ポイント)の争いが注目された。B・A・Rはレース直前になってジャック・ヴィルヌーヴが突然出場を取りやめ、サードドライバーの佐藤琢磨が代役として参戦することになった。佐藤は来期からレギュラーに昇格することが決まっているが、前年の日本GP以来のレース出場となる。

予選編集

金曜の予選1回目ではヤルノ・トゥルーリルノー)がコースレコードを更新してトップタイムを記録した。トゥルーリはここ4戦で3回目のQ1最速から初ポールポジションを狙う。以下、ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、デビッド・クルサード(マクラーレン)、キミ・ライコネン(マクラーレン)までがトップ5。

土曜の予選2回目は曇り空から霧雨が舞うコンディションで始まった。各車スリックタイヤでタイムを記録していったが、セッション折り返し頃より小雨がコースを濡らし始め、出走順が遅い者(Q1上位勢)ほど影響を被ることになった。ラスト3番目のミハエルは14番手のタイムに止まり、ラルフとトゥルーリに至ってはアタックラップを中止してピットに戻らざるをえず、まさかの最後尾グリッドに沈んだ。今季より導入された予選ワンアタック方式の怖さが浮かび上がる形となった。

ポールポジションは14番手アタックのルーベンス・バリチェロが獲得し、2位には13番手アタックのファン・パブロ・モントーヤ(ウィリアムズ)がつけた。地元のトヨタは出走順に恵まれたこともあり、F1参戦2年目で初めてセカンドローに2台を並べた。

予選結果編集

順位 No ドライバー チーム Q2タイム Q1順位 Q1タイム
1 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1'31.713 - 7 1'30.758
2 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 1'32.412 +0.699 8 1'31.201
3 21   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 1'32.419 +0.706 14 1'32.256
4 20   オリビエ・パニス トヨタ 1'32.862 +1.149 13 1'31.908
5 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 1'33.044 +1.331 6 1'30.624
6 14   マーク・ウェバー ジャガーフォード 1'33.106 +1.393 9 1'31.305
7 5   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'33.137 +1.424 4 1'30.482
8 6   キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 1'33.272 +1.559 5 1'30.558
9 17   ジェンソン・バトン BARホンダ 1'33.474 +1.761 16 1'32.374
10 15   ジャスティン・ウィルソン ジャガーコスワース 1'33.558 +1.845 15 1'32.291
11 9   ニック・ハイドフェルド ザウバーペトロナス 1'33.632 +1.919 10 1'31.783
12 10   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーペトロナス 1'33.896 +2.183 12 1'31.892
13 16   佐藤琢磨 BARホンダ 1'33.924 +2.211 11 1'31.832
14 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1'34.302 +2.589 3 1'30.464
15 12   ラルフ・ファーマン ジョーダンフォード 1'34.771 +3.058 17 1'33.057
16 11   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンフォード 1'34.912 +3.199 18 1'33.313
17 19   ヨス・フェルスタッペン ミナルディコスワース 1'34.975 +3.262 19 1'34.836
20 18   ニコラス・キエーサ ミナルディコスワース 1'37.226 +5.513 20 1'36.181
21 4   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW No Time 2 1'30.343
22 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー No Time 1 1'30.281
ソース[1]

決勝編集

決勝スタート時の気温は21度、路面温度は23度。曇り空に覆われ、路面は完全に乾いていないが、各車スリックタイヤを装着した。ミナルディのフェルスタッペンはピットスタートを選択した。

スタートではアロンソがトヨタ勢を抜いて3位に浮上した。ヘアピン立ち上がりでバリチェロがマシンを滑らせた隙を突き、モントーヤがスプーンへの飛び込みでトップを奪う。オープニングラップ終了時の順位はモントーヤ、バリチェロ、アロンソ、ダ・マッタ、クルサード、ライコネン。ミハエルは12位、トゥルーリは13位までポジションを上げたが、ラルフはシケインでスピンして19位まで後退した。

佐藤はシケインでジャガーの2台をパスして9位に浮上した。6周目、シケインでミハエルが佐藤のインを突いたが、接触してフロントウィングが脱落。緊急ピットインにより最下位に転落した。

先頭のモントーヤはバリチェロ以下をハイペースで引き離していくが、9周目に油圧制御系のトラブルによりリタイアした。バリチェロが労せずトップに立ち、アロンソが僅差で追う展開となるが、17周目、アロンソがエンジンから白煙を上げてリタイアした。アロンソは2ピットイン作戦を狙っており、戦略でバリチェロを逆転できたはずと悔しがった。バリチェロはクルサードに15秒以上の差を付けて独走状態となる。優勝が至上命令とされるライコネンはペースが上がらず、単独で3位を走行。しかし、バリチェロに何らかのトラブルが発生すれば、マクラーレンのチームオーダーによりライコネンが先頭に立つ可能性もあった。

ミハエルは最後尾からポイント獲得圏内までポジションを回復したが、後方から弟ラルフのアタックを受けた。41周目、シケインでミハエルが7位のダ・マッタに仕掛けたが、行き場をなくして急ブレーキ。これにラルフが追突してスピンした。ミハエルはダメージを受けずに済んだが、ラルフは本日3回目のシケインでのアクシデントにより後退し、ウィリアムズのコンストラクターズ獲得は絶望的になった。

バリチェロは危なげなく53周を走破し、今季2勝目を達成。フェラーリのコンストラクターズ5連覇に貴重な貢献を果たした。マクラーレン勢はピットインにより順位が入れ替わり、2位ライコネン、3位クルサードとなった。B・A・Rは2ストップ作戦を成功させ、バトンが4位、佐藤が6位にダブル入賞。目標のコンストラクターズ5位を実現し、ピットは歓喜に包まれた。逆に、トヨタは3ピット作戦が裏目に出て、ダ・マッタ7位、パニス10位に終わった。最下位スタートのトゥルーリは5位まで挽回した。

ミハエルは8位でフィニッシュし、必要な1ポイントを獲得してドライバーズチャンピオン4連覇を達成した。個人通算では6回目となり、1957年ファン・マヌエル・ファンジオが樹立した5回を46年ぶりに塗り替えた。

決勝結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 53 1:25:11.743 1 10
2 6   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 53 +11.085 8 8
3 5   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 53 +11.614 7 6
4 17   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 53 +33.106 9 5
5 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 53 +34.269 20 4
6 16   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ 53 +51.692 13 3
7 21   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 53 +56.794 3 2
8 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 53 +59.487 14 1
9 9   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 53 +1:00.159 11  
10 20   オリビエ・パニス トヨタ 53 +1:01.844 4  
11 14   マーク・ウェバー ジャガー-コスワース 53 +1:11.005 6  
12 4   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 52 +1 Lap 19  
13 15   ジャスティン・ウィルソン ジャガー-コスワース 52 +1 Lap 10  
14 12   ラルフ・ファーマン ジョーダン-フォード 51 +2 Laps 15  
15 19   ヨス・フェルスタッペン ミナルディ-コスワース 51 +2 Laps 17  
16 18   ニコラス・キエーサ ミナルディ-コスワース 50 +3 Laps 18  
リタイア 11   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-フォード 33 燃料切れ 16  
リタイア 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 17 エンジン 5  
リタイア 10   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-ペトロナス 9 エンジン 12  
リタイア 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 9 油圧 2  
ソース[2]
  • ファステストラップ:ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ・BMW) 1'33.408 (LAP 43)[3]
  • ラップリーダー:ファン・パブロ・モントーヤ (LAP 1-8) - ルーベンス・バリチェロ (LAP 9-12) - キミ・ライコネン (LAP 13) - ジェンソン・バトン (LAP 14-16) - ルーベンス・バリチェロ (LAP 17-40) - デビッド・クルサード (LAP 41) - ルーベンス・バリチェロ (LAP 42-53)

編集

第16戦終了時点でのランキング編集

  • 太字はワールドチャンピオン
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

出典編集