トラビス・R・ショウTravis R. Shaw, 1990年4月16日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州ファイエット郡ワシントンコートハウス英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。MLBトロント・ブルージェイズ所属。愛称はザ・メイヤー・オブ・ディング・ドング・シティーThe Mayor of Ding Dong City[2]

トラビス・ショウ
Travis Shaw
トロント・ブルージェイズ #6
Travis Shaw (40885349080).jpg
ミルウォーキー・ブルワーズ時代
(2018年6月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ファイエット郡ワシントンコートハウス英語版
生年月日 (1990-04-16) 1990年4月16日(29歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 2011年 MLBドラフト9巡目
初出場 2015年5月8日
年俸 $4,000,000(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

父はシンシナティ・レッズロサンゼルス・ドジャースなどでクローザーとして活躍したジェフ・ショウ英語版[3][4]

経歴編集

プロ入り前編集

2008年MLBドラフト32巡目(全体982位)でボストン・レッドソックスから指名されたが、ケント州立大学へ進学した。

プロ入りとレッドソックス時代編集

 
ボストン・レッドソックス時代
(2016年5月31日)

2011年MLBドラフト9巡目(全体292位)で再びレッドソックスから指名され、6月13日に契約。契約後、傘下のA-級ローウェル・スピナーズ英語版でプロデビュー。57試合に出場して打率.262、8本塁打、36打点、3盗塁を記録した。9月4日にA級グリーンビル・ドライブへ昇格し、2試合に出場した。

2012年はまずA+級セイラム・レッドソックスでプレーし、99試合に出場して打率.305、16本塁打、73打点、11盗塁を記録した。8月1日にAA級ポートランド・シードッグスへ昇格。AA級ポートランドでは31試合に出場し、打率.227、3本塁打、12打点、1盗塁を記録したう。8月30日にカロライナリーグのポストシーズン・オールスターチームに指名打者として選出された[5]

2013年はAA級ポートランドでプレーし、127試合に出場して打率.221、16本塁打、50打点、7盗塁を記録した。

2014年はまずAA級ポートランドでプレーし、47試合に出場して打率.305、11本塁打、37打点、5盗塁を記録した。5月26日にAAA級ポータケット・レッドソックスへ昇格。AAA級ポータケットでは81試合に出場して打率.262、10本塁打、41打点、2盗塁を記録した。オフの11月20日にレッドソックスとメジャー契約を結び[6]40人枠入りした。

2015年5月8日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。「9番・一塁手」で先発起用され、3打数無安打1四球だった。以後、出番が少しずつ増え、最終的には65試合に出場して打率.274、13本塁打、36打点を記録した。

2016年は、パブロ・サンドバルの故障もあって三塁手のレギュラーに抜擢され、145試合に出場して規定打席にも到達。打撃面では打率.242、16本塁打、71打点を記録した。

ブルワーズ時代編集

2016年12月6日にタイラー・ソーンバーグとのトレードで、ジョシュ・ペニントン英語版マウリシオ・デュボーン英語版および後日発表選手と共にミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[7]

2017年は144試合に出場して打率.273、31本塁打、101打点、10盗塁(失敗なし)、出塁率.349などを記録した。

2018年7月にトレードでマイク・ムスターカスが加入したことにより二塁手コンバートされた。この年は152試合に出場して打率.241、32本塁打、86打点、出塁率.345などを記録した。

2019年は開幕から絶不調に陥り、打率.164で6月27日にマイナーに降格した。7月下旬にメジャー復帰するも、8月上旬に再降格。8月31日に再昇格したが、調子を取り戻すことなく、打率.157、7本塁打、16打点で終えた。オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[8]

ブルージェイズ時代編集

2019年12月30日にブルージェイズと400万ドルの単年契約を結んだ[9]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2015 BOS 65 248 226 31 61 10 0 13 110 36 0 1 0 2 18 1 2 57 1 .270 .327 .487 .813
2016 145 530 480 63 116 34 2 16 202 71 5 1 0 4 43 4 3 133 10 .242 .306 .421 .726
2017 MIL 144 606 538 84 147 34 1 31 276 101 10 0 1 3 60 6 4 138 20 .273 .349 .513 .862
2018 152 587 498 73 120 23 0 32 239 86 5 2 1 6 78 6 4 108 7 .241 .345 .480 .825
2019 86 270 230 22 36 5 0 7 62 16 0 0 0 0 36 3 4 89 5 .157 .281 .270 .551
MLB:5年 592 2241 1972 273 480 106 3 99 889 310 20 4 2 15 235 20 17 525 43 .243 .327 .451 .778
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集

内野守備


一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B)




































2015 BOS 55 419 36 3 50 .993 - 8 5 14 0 0 1.000
2016 50 251 19 0 27 1.000 - 105 76 197 16 20 .945
2017 MIL 1 3 0 0 1 1.000 - 143 90 255 9 32 .975
2018 17 39 2 0 4 1.000 39 59 69 1 11 .992 107 66 168 10 19 .959
2019 6 12 2 0 1 1.000 2 0 0 0 0 ---- 71 27 116 3 9 .979
MLB 129 724 59 3 83 .996 41 59 69 1 11 .992 434 264 750 38 80 .964
左翼守備


左翼(LF)












2015 BOS 1 0 0 0 0 ----
2016 1 1 0 0 0 1.000
MLB 2 1 0 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 47(2015年 - 2016年)
  • 21(2017年 - 2019年)

脚注編集

  1. ^ Travis Shaw Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年12月23日閲覧。
  2. ^ Explaining Crew Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  3. ^ Shaw drips with potential” (2014年3月25日). 2015年8月27日閲覧。
  4. ^ Sox-Prospects.com – Travis Shaw page”. 2015年8月27日閲覧。
  5. ^ Danny Wild (2012年8月30日). “Black, Schlosser net Carolina awards”. MiLB.com. 2014年12月28日閲覧。
  6. ^ “Red Sox add four players to 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年11月21日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/102015672/red-sox-add-four-players-to-40-man-roster 2014年12月28日閲覧。 
  7. ^ Adam McCalvy (2016年12月6日). “Brewers get Shaw, 2 prospects from Red Sox for Thornburg” (英語). MLB.com. 2016年12月7日閲覧。
  8. ^ Mark Feinsand (2019年12月3日). “These players just joined the free-agent pool” (英語). MLB.com. 2019年12月9日閲覧。
  9. ^ Alexis Brudnicki (2019年12月30日). “Blue Jays agree to deal with infielder Shaw” (英語). MLB.com. 2020年1月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集