メインメニューを開く

トランスポーター2』(仏題:Le Transporteur 2, 英題:Transporter 2)は、2005年フランスで公開されたカーアクション映画。製作・脚本はリュック・ベッソン、監督はルイ・レテリエ

トランスポーター2
Transporter 2
監督 ルイ・レテリエ
脚本 リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作 リュック・ベッソン
スティーヴ・チャスマン
製作総指揮 テリー・ミラー
出演者 ジェイソン・ステイサム
音楽 アレクサンドル・アザリア
撮影 ミッチェル・アムンドセン
編集 クリスティーン・ルーカス=ナヴァロ
ヴァンサン・タベロン
製作会社 ヨーロッパ・コープ
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
日本の旗 アスミック・エース
公開 フランスの旗 2005年8月3日
日本の旗 2006年6月3日
上映時間 88分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
イタリア語
製作費 $32,000,000[1]
興行収入 $85,167,639[1]
前作 トランスポーター
次作 トランスポーター3 アンリミテッド
テンプレートを表示

2002年の映画『トランスポーター』の続編。2008年には続編の『トランスポーター3 アンリミテッド』が公開された。

あらすじ編集

アウディ・A8に乗り、時計はオフィチーネ・パネライ、常に濃色の背広を身に纏いネクタイを締めた冷静沈着な男、フランク・マーティン。彼はどんな依頼品でも確実に届けるプロの運び屋として数々の契約を遂行してきた。

彼は運び屋から足を洗う決意でコート・ダジュールからマイアミへやってきた。ある日フランクの噂を聞きつけた連邦麻薬対策委員長ジェファーソン・ビリングスから、休暇に入った正運転手が復帰するまでの間だけ、6歳の息子・ジャックの通学の際の送迎を頼まれる。

ジャックを連れて行った病院で先回りした麻薬カルテルの意を受けた国際テロリスト集団の「医師」と女テロリスト・ローラがいきなり発砲。危機一髪難を逃れて自宅前に着いたが、二人の元に脅迫電話がかかり、子どもの命が惜しければ指定した場所に連れてこいという。脅迫を知らないで失踪した車を見た連邦警察にまで追われることになる。車の外では冷酷なローラが拳銃を構えていて、命令でたどり着いたのはアジトだった。ボスのジャンニは謎の薬品をジャックに注射する。ジャックの両親は危機的状態で、父はフランクが金目当てで誘拐したと疑う。

ジャックは家族の許へ無事帰ったが、正体不明の熱に襲われ、両親も咳が止まらなくなる。フランクがタルコニ警部の協力もあり、注射液の正体を調べ、究極の殺人ウイルスということが判明。アジトにある解毒剤を一つだけ手に入れ、ジャックに注射。父は大統領も参加するという麻薬撲滅サミットに出席する予定で、ジャンニは空気感染によって出席者と大統領を暗殺しようとしていた。会場で次々と倒れていく中、フランクがアジトに現れる。解毒剤をひとつだけの容器として体に入れたジャンニがヘリで逃走するが、フランクはランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスターで追いかけ、離陸した飛行機に乗込む。

キャスト編集

スタッフ編集

続編の経緯編集

当初、前作は続編が作られるほどのヒット作ではなかったが、DVDが大ヒットしたことで続編の制作が決定した(『SHOWBIZ COUNTDOWN』にて)。リュック・ベッソン製作・脚本作としては初の全米初登場第1位を獲得した。

参考文献編集

  1. ^ a b Transporter 2”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月3日閲覧。

外部リンク編集