メインメニューを開く

サザーランド公爵英語: Duke of Sutherland)は、連合王国貴族公爵位。

サザーランド公爵
Duke of Sutherland
Coronet of a British Duke.svg
Arms of the Duke of Sutherland (Egerton family)
創設時期 1833年1月14日
創設者 ウィリアム4世
貴族 連合王国貴族
初代 2代スタッフォード侯ジョージ・ルーソン=ゴア
現所有者 7代サザーランド公フランシス・エジャートン英語版
相続人 スタッフォード侯(儀礼称号)ジェイムズ・エジャートン
相続資格 初代公の直系嫡出の男系男子(the 1st Duke's heirs male heirs of the body lawfully begotten)
付随称号 スタッフォード侯爵、ゴア伯爵、エレズミア伯爵、トレンサム子爵、ブラックリー子爵、ゴア男爵、(スティッテナムの)準男爵
邸宅 マートン・ハウス英語版
旧邸宅 リリーズ・ホール英語版
トレンサム・ホール英語版
ダンロビン城英語版
クリーヴデン英語版
スタッフォード・ハウス英語版

第2代スタッフォード侯爵ジョージ・ルーソン=ゴアが、1833年に叙されたのに始まる。

歴史編集

 
初代サザーランド公爵ジョージ・ルーソン=ゴア

ヨークシャー・スティッテナム(Stittenham)の地主でヨークシャーのシェリフを務めたトマス・ゴア英語版(1584–1665)は、1620年6月2日にイングランド準男爵位の(ヨーク州におけるスティッテナムの)準男爵(Baronet "of Sittenham in the County of York")に叙された。彼はイングランド内戦中に王党派として戦った[1]

その息子で2代準男爵位を継承したトマス・ゴア英語版はフランセス・ルーソンと結婚した。その間の次男で第4代準男爵位を継承したウィリアム・ルーソン=ゴア英語版は、1668年に母方の大叔父リチャード・ルーソン英語版からトレンサム英語版リリーズホール英語版の土地を相続した際に「ルーソン=ゴア(Leveson-Gower)」の二重姓に改名した。また彼はニューカッスル=アンダー=ライン選挙区英語版などから選出されて庶民院議員を務めた[2]

その息子である5代準男爵ジョン・ルーソン=ゴア英語版(1675–1709)もニューカッスル=アンダー=ライン選挙区選出の庶民院議員を務め[3]1703年3月16日にはイングランド貴族爵位ヨーク州におけるスティッテナムのゴア男爵(Baron Gower of Sittenham in the County of York)に叙せられ、貴族院議員に転じた[4][5]

その息子の第2代ゴア男爵ジョン・ルーソン=ゴア(1694–1754)トーリー党の政治家として活躍し、ヘンリー・ペラムの内閣において王璽尚書を務めた。その在職中の1746年7月8日グレートブリテン貴族爵位スタッフォード州におけるトレンサムのトレンサム子爵(Viscount Trentham, of Trentham in the County of Stafford)ゴア伯爵(Earl Gower)に叙せられた[3][6][7]

その息子である第2代ゴア伯爵グランヴィル・ルーソン=ゴア(1721–1803)は、閣僚職を歴任し、1786年3月1日にグレートブリテン貴族爵位スタッフォード侯爵(Marquess of Stafford)に叙せられた[8][9][10]

その息子である第2代スタッフォード侯爵ジョージ・グランヴィル・ルーソン=ゴア(1758–1833)は、1230年創設という歴史あるスコットランド貴族サザーランド伯爵家の女性当主エリザベス(1765-1839)と結婚し、その関係から1833年1月28日にサザーランド公爵(Duke of Sutherland)に叙せられた[11][12]。彼の代にルーソン=ゴア家は最盛期を迎え、イングランド・スコットランドに広大な土地を所有する大地主として君臨した。その地代総額は大陸の小国君主をも凌駕する20万ポンドにも達していた[13]。ちなみに彼の弟グランヴィル・ルーソン=ゴアも兄と別にグランヴィル伯爵に叙されて貴族となっている[14]

初代サザーランド公とエリザベスの長男ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア(1786–1861)は父から第2代サザーランド公爵位を、母から第20代サザーランド伯爵位を継承した。以降サザーランド伯爵位はサザーランド公爵位所有者によって継承されたが、1963年の5代サザーランド公ジョージ・グランヴィル・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版(1888–1963)の死去の際に、男子なき場合に女系継承が認められるスコットランド貴族爵位サザーランド伯爵と男系男子に限定される連合王国貴族爵位サザーランド公爵位で継承者が別となり、両爵位は分裂した。2015年現在、サザーランド伯爵位は5代サザーランド公の姪にあたるエリザベス・サザーランド(1921-)が所持している(第24代サザーランド女伯爵)[15]

一方サザーランド公爵位は初代公に遡っての分流にあたる第5代エレズミア伯爵英語版ジョン・エジャートン英語版が継承した[11]。このエレズミア伯爵エジャートン家は、初代公の次男フランシス英語版を祖とする。フランシスは父の初代公が相続していた第3代ブリッジウォーター公爵フランシス・エジャートンの財産を兄ジョージ(2代公)を差し置いて相続したため、1833年8月24日にエジャートン(Egerton)に改姓した。またトーリー党の庶民院議員となり、初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーの内閣ではアイルランド大臣英語版(在職1828年-1830年)や戦時大臣(在職1830年)などを務め、1846年7月6日に連合王国貴族爵位エレズミア伯爵(Earl of Ellesmere)ノーサンプトン州におけるブラックリーのブラックリー子爵(Viscount Brackley, of Brackley in the County of Northampton)に叙せられ、貴族院議員に転じた[16]

その初代エレズミア伯爵フランシスの玄孫にあたるのが第6代サザーランド公爵位を継承することになったジョンである。現在の当主はジョンの息子であるフランシス・エジャートン英語版(1940-)である(第7代サザーランド公爵)[17]

一族の本邸はかつてはシュロップシャーリリーズホール・ホール英語版だった。また19世紀から20世紀にかけてはロンドンにランセスター・ハウス英語版を所有した。現在の公爵の本邸はセント・ボズウェルズ英語版マートン・ハウス英語版である。

現当主の保有爵位/準男爵位一覧編集

現当主フランシス・エジャートン英語版(1940-)は以下の爵位・準男爵位を保有している[11]

  • 第7代サザーランド公爵 (7th Duke of Sutherland)
    (1833年1月28日勅許状による連合王国貴族)
  • 第8代スタッフォード侯爵 (8th Marquess of Stafford)
    (1786年5月1日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第9代ゴア伯爵 (9th Earl Gower)
    (1746年7月8日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第6代エレズミア伯爵英語版 (6th Earl of Ellesmere)
    (1846年7月6日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • スタッフォード州におけるトレンサムの第9代トレンサム子爵 (9th Viscount Trentham, of Trentham in the County of Stafford)
    (1746年7月8日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ノーサンプトン州におけるブラックリーの第6代ブラックリー子爵 (6th Viscount Brackley, of Brackley in the County of Northampton)
    (1846年7月6日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ヨーク州におけるスティッテナムの第10代ゴア男爵 (10th Baron Gower, of Sittenham in the County of York)
    (1703年3月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • (ヨーク州におけるスティッテナムの)第14代準男爵 (14th Baronet "of Sittenham, co. York")
    (1620年6月2日の勅許状によるイングランド準男爵位)

歴代当主一覧編集

(スティッテナムの)準男爵(1620年)編集

ゴア男爵(1703年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
初代ゴア男爵
ジョン・ルーソン=ゴア英語版
(John Leveson-Gower)
(1675–1709)
1702/3年3月16日
- 1709年8月31日
(スティッテナムの)準男爵
  第2代ゴア男爵
ジョン・ルーソン=ゴア
(John Leveson-Gower)
(1694–1754)
1709年8月31日
- 1754年12月25日
先代の長男
1746年7月8日にゴア伯爵に叙される。以降ゴア伯爵位と継承者が同じ。下記のゴア伯の欄参照。

ゴア伯 (1746年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代ゴア伯爵
ジョン・ルーソン=ゴア
(John Leveson-Gower)
(1694–1754)
1746年7月8日
- 1754年12月25日
トレンサム子爵
ゴア男爵
(スティッテナムの)準男爵
  第2代ゴア伯爵
グランヴィル・ルーソン=ゴア
(Granville Leveson-Gower)
(1758–1833)
1754年12月25日
- 1803年10月26日
先代の長男
1786年3月1日にスタッフォード侯爵に叙される。以降スタッフォード侯爵位と継承者が同じ。下記のスタッフォード侯爵の欄参照。

スタッフォード侯(1786年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代スタッフォード侯爵
グランヴィル・ルーソン=ゴア
(Granville Leveson-Gower)
(1758–1833)
1786年3月1日
- 1803年10月26日
ゴア伯
トレンサム子爵
ゴア男爵
(スティッテナムの)準男爵
  2代スタッフォード侯爵
ジョージ・グランヴィル・ルーソン=ゴア
(George Granville Leveson-Gower)
(1758–1833)
1803年10月26日
- 1833年7月19日
先代の長男
1833年1月28日にサザーランド公爵に叙される。以降サザーランド公爵位と継承者が同じ。下記のサザーランド公爵の欄参照。

サザーランド公(1833年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代サザーランド公爵
ジョージ・グランヴィル・ルーソン=ゴア
(George Granville Leveson-Gower)
(1758–1833)
1833年1月28日
- 1833年7月19日
スタッフォード侯
ゴア伯
トレンサム子爵
ゴア男爵
(スティッテナムの)準男爵
  第2代サザーランド公爵
ジョージ・グランヴィル・サザーランド=ルーソン=ゴア
(George Granville Sutherland-Leveson-Gower)
(1786–1861)
1833年7月19日
- 1861年2月22日
先代の長男 スタッフォード侯
サザーランド伯
ゴア伯
トレンサム子爵
ストラスネイヴァー卿
ゴア男爵
(スティッテナムの)準男爵
  第3代サザーランド公爵
ジョージ・グランヴィル・ウィリアム・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版
(George Granville William Sutherland-Leveson-Gower)
(1828–1892)
1861年2月22日
- 1892年9月22日
先代の長男
第4代サザーランド公爵
クロマティ・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版
(Cromartie Sutherland-Leveson-Gower)
(1851–1913)
1892年9月22日
- 1913年6月27日
先代の次男
第5代サザーランド公爵
ジョージ・グランヴィル・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版
(George Granville Sutherland-Leveson-Gower)
(1888–1963)
1913年6月27日
- 1963年2月1日
先代の長男
  第6代サザーランド公爵
ジョン・サザーランド・エジャートン英語版
(John Sutherland Egerton)
(1915–2000)
1963年2月1日
- 2000年9月21日
初代公の三男の玄孫 スタッフォード侯
ゴア伯
エレズミア伯英語版
トレンサム子爵
ブラックリー子爵
ゴア男爵
(スティッテナムの)準男爵
第7代サザーランド公爵
フランシス・ロナルド・エジャートン英語版
(Francis Ronald Egerton)
(1940–)
2000年9月21日
- 受爵中
先代の従兄弟甥

爵位継承順位編集

  1. スタッフォード侯爵(儀礼称号)ジェイムズ・グランヴィル・エジャートン (James Granville Egerton, Marquess of Stafford, 1975-) 現当主の長男。法定推定相続人
  2. ヘンリー・アレグザンダー・エジャートン卿 (Lord Henry Alexander Egerton, 1977-) 現当主の次男
  3. サイモン・フランシス・キャヴェンディッシュ・エジャートン(Simon Francis Cavendish Egerton, 1949-) 初代エレズミア伯の次男フランシス・エジャートン英語版の玄孫
  4. ニコラス・エジャートン (Nicholas Egerton, 1967-) 上記の人物の従兄弟
  5. フランク・エジャートン英語版 (Frank Egerton , 1959-) 上記の人物の従兄弟

家系図編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir Thomas Gower, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2019年8月27日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Sir William Leveson-Gower, 4th Bt.” (英語). thepeerage.com. 2019年8月27日閲覧。
  3. ^ a b "Leveson-Gower, John (1675-1709)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Gower, Baron (E, 1702/3)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年8月27日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “John Leveson-Gower, 1st Baron Gower of Stittenham” (英語). thepeerage.com. 2019年8月27日閲覧。
  6. ^ Heraldic Media Limited. “Gower, Earl (GB, 1746)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年8月27日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “John Leveson-Gower, 1st Earl Gower” (英語). thepeerage.com. 2019年8月27日閲覧。
  8. ^ "Leveson-Gower, Granville (1721-1803)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  9. ^ Lundy, Darryl. “Granville Leveson-Gower, 1st Marquess of Stafford” (英語). thepeerage.com. 2019年8月27日閲覧。
  10. ^ Heraldic Media Limited. “Stafford, Marquess of (GB, 1786)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年8月27日閲覧。
  11. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Sutherland, Duke of (UK, 1833)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年8月27日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “George Granville Leveson-Gower, 1st Duke of Sutherland” (英語). thepeerage.com. 2019年8月27日閲覧。
  13. ^ 水谷三公 1987, p. 26-27.
  14. ^ Lundy, Darryl. “Granville Leveson-Gower, 1st Earl Granville” (英語). thepeerage.com. 2015年8月13日閲覧。
  15. ^ Lundy, Darryl. “Elizabeth Millicent Leveson-Gower, 24th Countess of Sutherland” (英語). thepeerage.com. 2015年8月13日閲覧。
  16. ^ Lundy, Darryl. “Francis Egerton, 1st Earl of Ellesmere” (英語). thepeerage.com. 2019年8月28日閲覧。
  17. ^ Lundy, Darryl. “Francis Ronald Egerton, 7th Duke of Sutherland” (英語). thepeerage.com. 2015年8月13日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集