ニンジャコマンドー』(NINJA COMMANDO)は、1992年アルファ電子(ADK)がMulti Video System向けに制作したテレビゲーム。キャッチコピーは「史上最強の忍者軍団、参上!」

ニンジャコマンドー
ジャンル アクション / シューティング
対応機種 アーケード[AC]
ネオジオ[NG]
ネオジオCD[NGCD]
Wiiバーチャルコンソール[Wii]
アケアカNEOGEO(PS4XB1NSW)
開発元 アルファ電子
発売元 [AC][NG][NGCD]:ADK
[Wii]:D4エンタープライズ
[PS4][XB1][NSW]:ハムスター
人数 1 - 2人
メディア [AC]:MVS
[NG]:ロムカセット
[NGCD]:CD-ROM
[Wii][PS4][XB1][NSW]:ダウンロード
発売日 [AC]:1992年4月30日
[NG]:1992年5月29日
[NGCD]:1994年10月15日
[Wii]:2008年6月24日
[PS4][XB1][NSW]:2018年9月6日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

1992年5月29日にネオジオ版が発売された。

概要編集

ニンジャコンバット』に続くアルファ電子のニンジャシリーズ第2弾で、ジャンルは縦スクロールアクションゲーム[1]またはシューティングゲーム[2][3]

1994年10月15日にはネオジオCD版が発売された。また2008年6月24日からD4エンタープライズによってWiiバーチャルコンソール版が、2018年9月6日からアケアカNEOGEOの1作品としてPlayStation 4Xbox OneNintendo Switchでそれぞれ配信された。そのほか、2008年12月18日発売のPlayStation 2用ソフト『ADK魂』に収録されている。

タイムマシンで歴史を操作して野望を果たそうとする死の商人スパイダーに立ち向かう忍者たちの活躍を描く。

横画面の縦スクロールで、全7ステージ。

ストーリー編集

タイムマシンで過去の時代を操作し、未来を戦場の渦に巻き込もうと企む死の商人“スパイダー”。

スパイダーの魔の手から歴史を守ることを使命に世界中の忍者が集結。マルスコーポレーションでスパイダーを追い詰めるもタイムマシンで逃げられてしまう。

彼らもタイムマシンで追跡し、スパイダーの逃げた先で歴史を修正。はたして、今度こそスパイダーを倒すことはできるだろうか。

システム編集

任意縦スクロールSTGだが、攻撃方向は全方位任意に可能となっている。ライフは体力制だが、一部攻撃で消費。敵を倒して得られたコインで回復が可能。

ボタンは3ボタンを使用。Aでショット攻撃、特定のレバー操作を加えてから押すと必殺技になる。Bで倒した移動レバー方向にバク転移動し、その最中にAを押すと反対方向にショットを撃つ。Cで体力を消費して全体攻撃を行う。

ステージ中にある巻物を3つ拾うと、動物に変身し無敵になる。

キャラクター編集

プレイヤー編集

ジョー・タイガー
甲賀忍者の末裔であるアメリカ人。青い忍装束を着た金髪男性。ショットは扇状に手裏剣を投げる(中央は大型)。全体攻撃は「火炎竜」。
必殺技は「雷神の術」と「竜巻神拳」と「ダブル竜巻神拳」。
レイア・ドラゴン
伊賀忍法の使い手であるイギリス人。赤い忍装束を着たツインテールの女性。ショットはクナイの様な火矢を直列で撃つ(4列)。全体攻撃は「微塵隠れ」。
必殺技は「鳳凰拳」と「紅蓮分身の術」と「ファイアウォール」。
リュー・イーグル
三十二代目風魔小太郎を名乗る忍者。青紫色の覆面と忍装束を着用している。ショットは大型弾を縦に発射。全体攻撃は「ブラックホール」。
コマンド技「爆烈究極拳」は連発すればボスも簡単に倒せるほど強力であり、相手を爆殺しておきながら「しんぱいごむよう!みねうちでござる!」と告げる理不尽な台詞とあいまって特に印象深い[2]。なお、日本戦国時代に登場する織田信長に執着を抱いている。

その他編集

博士
主人公3人にマルスコーポレーションの打倒を依頼する科学者。ゲーム開始時のデモのみ登場。
スパイダー
マルスコーポレーションの社長。本作品のボス敵。

ステージ編集

  • 潜入!マルスコーポレーション
第1ステージ。この面と最終ステージのみ過去の世界ではない。
  • 原始時代
前半のランダムステージの一つ。恐竜が闊歩している世界が舞台。
  • エジプト時代
前半のランダムステージの一つ。紀元前のエジプトが舞台。
  • 日本戦国時代
前半のランダムステージの一つ。信長の居城が舞台。ステージボスは織田信長。
  • 三国時代
第5ステージ。三国志時代の中国が舞台。ステージボスは呂布。
  • 第2次世界大戦
第6ステージ。戦時中のヨーロッパが舞台。ステージボスは未来時代の戦車に乗ったスパイダー。
  • 未来マルスコーポレーション
最終ステージ。一部のステージボスが中ボスとして登場する。ステージボスはスーパーコンピューター。

評価編集

本作は一般的に好評だった。GameProのレビューでは「phenomenal!(驚異的!)」と賞賛、グラフィックと全体は「優れた2人用カート」で「ネオジオライブラリのトップビューのファンとガンゲームの欠如を埋めるという優れた仕事をする」と述べた[4]Game Informerの3人のレビュアーはそれぞれ10点中6.75、8.0、8.75の評価をした[5]

ファミコン通信クロスレビューでは25/40点[6]ネオジオフリークが1997年に同誌で行ったネオジオゲームツインレビューでは7、5の12点[7]。レビュアーは必殺奥義が爽快、偽りのないグラフィックの威力、攻略パターンは必要だが繰り出せばクリアできる爆烈究極拳のおかげで割と簡単、キャラクターの台詞が面白い、1997年にプレイしても楽しいゲームだと賞賛した[7]

出典編集

  1. ^ バーチャルコンソール D4エンタープライズ 公式サイト
  2. ^ a b 『ユーゲーDX STAGE 5』マイクロマガジン社、2007年11月、p.348。ISBN 978-4-89637-265-6
  3. ^ 『超絶大技林 2011年秋 完全全機種版』徳間書店、2011年8月、p.994。ISBN 978-4-19-863227-4
  4. ^ GamePro 38 (September 1992), p.120.
  5. ^ Game Informer 6 (September–October 1992), pg. 62.
  6. ^ NEO GEO GAMES CROSS REVIEW: ニンジャコマンドー. Weekly Famicom Tsūshin. No.332. Pg.22. 28 April 1995.
  7. ^ a b ネオジオフリーク1997年6月号 125ページ

外部リンク編集