バイオレンスファイト

バイオレンスファイト』 (Violence Fight) は、1989年タイトーから稼働されたアーケード対戦型格闘ゲームである。

バイオレンスファイト
ジャンル 2D対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード
開発元 タイトー大阪研究所
発売元 タイトー
デザイナー さかもとゆきひこ
プログラマー 石指武
井上ゆみ
音楽 高木正彦
山田靖子
渡部恭久
チームZUNTATA
美術 はざまけんじ
伏屋一勝
山田たかし
河本憲孝
川岸誠治
おおまえこうじ
光岡玲子
もりもとみなこ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板
(2.94メガバイト
稼働時期 日本 198904251989年4月25日
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 Bシステム
CPU MC68000 (@ 12 MHz)
Z80 (@ 6 MHz)
サウンド YM2203 (@ 3 MHz)
OKI6295 (@ 1.056 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×224ピクセル
60.00Hz
パレット4096色
テンプレートを表示

路上でのストリートファイトを題材にしており、4人の主人公から1人を選択し、格闘によって勝ち抜いていくシステムとなっている。

後に日本国内ではPlayStation 2用ソフト『タイトーメモリーズ 下巻』(2005年)に収録された他[1]、北米や欧州ではPlayStation 2、XboxWindows用ソフト『Taito Legends 2』(2006年)に収録された。

ゲーム内容編集

8方向レバーと3ボタン(パンチ、ジャンプ、キック)でキャラクターを操作する。

使用キャラクターは全部で4人。2P対戦時には同キャラクター戦も可能。

全6ステージで、ステージ4とステージ5にはCOM専用キャラクターが登場し、最終ステージでは同キャラクター戦になる。プレイヤーが2回勝てば次のステージへ進める。

2ステージクリアすると虎と対決するボーナスステージがあるが、かなり難しい。

登場キャラクター編集

本作のキャラクターはカプコンの『ストリートファイター』やSNKの『餓狼伝説』と同様に全て男性で占められている。

プレイヤーキャラクター編集

バッド・ブルー(Bad Blue)
平均的な能力のキャラクター。流派はストリートファイト
ベン・スミス(Ben Smith)
頭部にバンダナを巻いた黒人。ボクシングをベースにした技を使う。
リック・ジョー(Rick Joe)
肥満気味の体格をしているパワー重視の格闘家。流派はレスリング
リー・チェン(Lee Chen)
中国系アメリカ人カンフー使い。中華服を身に纏っている。

ボスキャラクター編集

ロン・マックス(Ron Max)
スキンヘッドで肥満気味の男。ヘッドバットが得意技。
トニー・ウォン(Tony Won)
パンクスの格好をした長身の黒人。時々チェーンでプレイヤーキャラクターをはたく。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 タイトーメモリーズ 下巻   200508252005年8月25日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-66092 -
2 Taito Legends 2   200603312006年3月31日
PS2:  200705162007年5月16日
Win:  200707282007年7月28日
PlayStation 2
Xbox
Windows
タイトー   Empire Interactive
  Destineer
DVD-ROM PS2
  SLES-53852
  SLUS-21349
- Xbox版は欧州のみの発売
3 タイトーメモリーズ 下巻
TAITO BEST
  200609072006年9月7日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM TCPS-10164 - 廉価版
4 タイトーメモリーズ 下巻
エターナルヒッツ
  200706282007年6月28日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-66776 - 廉価版

スタッフ編集

  • ゲーム・プログラム:石指武、井上ゆみ
  • ゲーム・デザイン:さかもとゆきひこ
  • PCBデザイン:高橋栄吉
  • サウンド・デザイン:高木正彦山田靖子渡部恭久、チームZUNTATA
  • キャビネット・デザイン:永井寛保
  • キャラクター・デザイン:はざまけんじ、伏屋一勝、山田たかし、河本憲孝、川岸誠治、おおまえこうじ、光岡玲子、もりもとみなこ
  • スペシャル・サンクス:みちあいなつお、河野敏男

脚注編集

[脚注の使い方]