パヨク

サヨクに韻を踏ませ、もじった言葉

パヨクとは、サヨク(左翼)に韻を踏ませ[1] もじった言葉[2]ネットスラング[3][4]。サヨクの「サ」を「パ」にしたのがパヨク[5]。「ぱよぱよちーん」という言葉と組み合わせた造語[6]。略称はパヨ[5]ネット左翼[7][8] とも。

対義語ネトウヨ[9][10]派生語に「パヨクメディア」、「パヨク新聞」、「パヨク学者」、「パヨクコメンテーター」、「パヨク番組」、「パヨク大学」[5]、「反日パヨク」[11][12][13] などがある。動詞は「パヨる」で、パヨクの中にいて無意識のうちに影響を受けパヨク的な行動や思考に走ってしまうことを意味するという[14]


起源と特徴編集

物江潤によると、2015年に、在特会排外主義的な主張を批判する一方で暴力事件をはじめとした反社会的な行動を展開してきたレイシストをしばき隊のメンバーの言動[2]Twitter千葉麗子に「おはよう」と言うために使っていた挨拶である「ぱよぱよちーん」の語感が妙なウケ方をしたこと(ぱよぱよちーん騒動[注釈 1][15] がきっかけとなって生まれた造語だという[2]。千葉麗子によれば、(1)「差別だ」「レイシストだ」「ネトウヨだ」とレッテルを貼る。(2)相手の個人情報をインターネット上にさらす。(3)相手の勤務先などに執拗な攻撃を加える。(4)自分の意見に相手が合わせるまで罵倒したり、暴力も辞さないことなどの特徴があるという[16]

各個人の解釈編集

倉山満によれば、「劣化左翼」、「頭が悪い左翼」、「頭がパーな左翼」といった意味で用いられているという[3]物江潤によれば、ネトウヨと反対の立場の人を批判的にとらえた表現[17]千葉麗子によれば「劣化した左翼」[18]山下里香によれば、在日コリアンに味方すると見做されている「リベラル」を指す右派ジャーゴン[注釈 2][1]佐藤優によれば、ネット右翼が左翼やリベラル派を揶揄、罵倒するときに使う呼称[19] であるという。真鍋によれば、反日的でリベラル色が強いとされ[9]はすみとしこによれば、「反日左翼」[3]、千葉によれば、右でも左でもない「反日」に取りつかれたような壊れた翼「破翼」、または「端翼」(異端)のことも意味するという[16]清田友則によると、「ネトウヨ」などと同様に、存在があやふやながらもキャッチーな言葉で無理やり括った集団で、「共感なき共有」という同類性の負の側面が目につき、あたかもネットで嗤われるためだけに作られたような胡散臭さをもつ、という[20]梶井彩子によれば、ネトウヨ(ネット右翼)と同様に侮蔑語[4]山野車輪によれば、蔑称であり「ネトウヨ」と同様に差別用語[6]西川伸一によれば、左翼の蔑称[21] であるといい、蔑称、悪口として用いられる。そのため、「パヨク」や「ネトウヨ」を自称として用いる人は基本的にはいないという[7][10]真鍋厚によれば、「侮蔑語」であるため定義付けは困難だという[9]

対象編集

物江潤によると、リベラルを称しながら主張が支離滅裂と見做された人物のほか、国民民主党立憲民主党といった政党全体を指す場合や自由民主党石破茂にも使われる場合があり[2][注釈 3]、ネトウヨと呼ばれる人たちにとって気に食わない存在は、いつでもパヨクと名指しされる可能性がある[23]

山下里香は、日本第一党桜井誠の2016年12月12日付ツイート[注釈 4]を例示し、「パヨク」および「~ニダ」の使用で敵意が表現され、桜井がツイートで「パヨク」と呼んだ人々には、桜井の味方ではない全ての日本人が含まれる、としている。また、エリノア・オックス英語版の「指標性英語版」という記号概念を援用し、「~ニダ」は「直接指標」を通じ朝鮮人に、「パヨク」は「間接指標」を通じ左派に割り当てられている、と分析している[1]

「ネトウヨ・パヨク」と「保守・リベラル」編集

田中辰雄は、「ネトウヨ」「パヨク」が相手を敵視し攻撃する言葉ばかり飛び交い、保守とリベラルの意見が過激化英語版・極端化し、分極化英語版が行き過ぎると議論を通じた相互理解が不可能になり、社会が分断化されていくと危惧している[24]

物江潤は、ネトウヨやパヨクと呼ばれる人々を「対話不能な人」と広く定義し[25]ハーバーマスの「議論の参加者は完全に自由で平等だ」との考えを援用し、主張の内容より、発言者の立場 (今でいうスクールカースト)で発言の良し悪しが決まってはならないとし[26]、「ネトウヨ・パヨク」と「保守・リベラル」の違いは、議論のルールを守れるかどうか、つまり対話可能かどうかのみによって判定されるべきであると考えている[27][28]。また、(1)自らの主張は仮説にすぎないと確信すること、(2)人の発言権を奪わないこと、(3)どれほど奇妙奇天烈に思える主張でも、理由付け (論拠) や事実で、その良し悪しを判定すること (トゥールミン議論モデルを参照) の三つのルールを守れば、ネトウヨでもパヨクでもないと提唱している[29]

篠田英朗は、日本の大学人の多くが「ネトウヨ批判」ビジネスを、在野の言論人が大手新聞社や左翼知識人を批判・揶揄する「パヨク」嘲笑ビジネスを展開する循環論法で閉じられた円環で完結しているため、日本言論界が閉塞したと考えている[30][信頼性要検証]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 詳細については、千葉麗子『さよならパヨク~チバレイが見た左翼の実態~』青林堂、平成28年4月16日 初版発行、ISBN 978-4-7926-0546-9春山修司 (2015年11月9日). “千葉麗子のツイートが「ぱよぱよちーん」男の身元特定に貢献”. デイリーニュースオンライン. 2019年10月6日閲覧。などを参照。
  2. ^ 隠語
  3. ^ 倉山は、中村喜四郎二階俊博岸田文雄河野洋平にも言及している[22]
  4. ^ 桜井誠@Doronpa01. 少しずつですが世の流れが変わりつつあります。パヨク側は「ヘイトスピーチを止めるニダ」と喚き散らしますが、日本人は馬鹿ではありません。これまでパヨクが念仏のように唱えてきた「(鮮人の)人権」とやらになびいていた人たちが、その欺瞞性に気付き始めています。我が国に日本第一主義を!

出典編集

  1. ^ a b c Yamashita, Rika (2019-06-13), “14 Code-switching, language crossing and mediatized translinguistic practices”, Routledge Handbook of Japanese Sociolinguistic, Routledge, ISBN 978-0-415-79027-7  p. 228.
  2. ^ a b c d 物江潤『ネトウヨとパヨク〈新潮新書 812〉』新潮社、2019年5月20日 発行、ISBN 978-4-10-610812-9、27頁。
  3. ^ a b c 倉山満はすみとしこ『面白いけど笑ってはいけない! (国民の敵はここにいる)』ビジネス社、2018年6月9日 第1刷発行、ISBN 978-4-8284-2029-5、15頁。
  4. ^ a b 梶井彩子 (2019年6月2日). “中高生が『ネトウヨとパヨク』に一直線 !?”. アゴラ. 2019年10月1日閲覧。 [信頼性要検証]
  5. ^ a b c 古谷経衡『愛国奴』駒草出版、2018年6月9日 初版発行、ISBN 978-4-905447-97-9、096頁。
  6. ^ a b 山野車輪『ジャパメタの逆襲〈扶桑社新書268〉』扶桑社、2018年5月1日 初版第1刷発行、ISBN 978-4-594-07952-9、203頁。
  7. ^ a b デイリー新潮編集部・物江潤 (2019年6月4日). “ネトウヨとパヨクはなぜ極端なことを言い続けるのか”. デイリー新潮. 2019年10月7日閲覧。
  8. ^ 物江潤 (2019年5月28日). “ネトウヨやパヨクは「対話不能な人」”. アゴラ. 2019年10月7日閲覧。 [信頼性要検証]
  9. ^ a b c 真鍋厚 (2019年8月3日). “「ネトウヨVSパヨク」なぜ生まれた? 「国の重大事」への現実逃避”. ウィズニュース. 2019年10月1日閲覧。
  10. ^ a b デイリー新潮編集部 (2019年5月31日). “「ネトウヨ、パヨク」と「保守、リベラル」は何が違うのか”. デイリー新潮. 2019年10月4日閲覧。
  11. ^ 千葉麗子『チバレイの日本国史─日本の國體とは』青林堂、2019年7月26日 初版発行、ISBN 978-4-7926-0654-1、59頁。
  12. ^ 古谷 (2018)、137頁。
  13. ^ 孫向文『日本に帰化したい!!』青林堂、平成29年8月18日 初版発行、ISBN 978-4-7926-0600-8帯紙
  14. ^ 千葉麗子『さよならパヨク~チバレイが見た左翼の実態~』青林堂、平成28年4月16日 初版発行、ISBN 978-4-7926-0546-9、33頁。
  15. ^ 中川淳一郎. “「サヨク」を「パヨク」と呼び始めたネット論争とその余波”. 週刊ポスト 2016年4月8日号. 2019年10月1日閲覧。
  16. ^ a b 【回顧2016】「『パヨク』は時代遅れ」元祖電脳アイドル・千葉麗子氏 世界情勢読み切れない情報弱者が多い”. 産経新聞 (2016年12月26日). 2019年10月1日閲覧。
  17. ^ 物江 (2019)、4頁。
  18. ^ 元祖電脳アイドル千葉麗子さん"パヨク"の実態暴露 反原発デモ痛感した独善的体質” (2016年4月25日). 2019年10月1日閲覧。
  19. ^ 佐藤優 (2019年7月9日). “「ネトウヨ」「パヨク」の洗脳と攻撃から身を守る、3つの方法”. 週刊現代. 2019年10月1日閲覧。
  20. ^ 清田友則"共感力"という名の悪魔のささやき―ラカンの「シェーマ L」から紐解くフロイトの超自我とその今日的諸問題横浜国立大学教育学部編『横浜国立大学教育学部紀要 Ⅱ人文科学』第02集、2019年2月28日発行、5頁。
  21. ^ 西川伸一 (2018年3月6日). “〈パヨクの「選挙前移住」〉はフェイクニュース”. 週刊金曜日. 2019年10月1日閲覧。
  22. ^ 倉山 (2018)、115~131頁。
  23. ^ 物江 (2019)、28頁。
  24. ^ 田中辰雄 (2018年12月21日). “「パヨク、ネトウヨはネットが作る」の幻想”. 論座. 2019年10月1日閲覧。
  25. ^ 物江 (2019)、5頁。
  26. ^ 物江 (2019)、29~30頁。
  27. ^ 物江 (2019)、30~31頁。
  28. ^ KAZUYAネトウヨ・パヨクに見る「話せばわかる」の限界」『週刊新潮』2019年7月4日号、新潮社2019年10月1日閲覧。
  29. ^ 物江、32~35頁。
  30. ^ 篠田英朗 (2019年8月18日). “ネトウヨ批判を存在証明とする「知識人」たち”. アゴラ. 2019年10月1日閲覧。

関連文献編集

  • 倉橋耕平「「抵抗勢力」「パヨク」批判が生まれる政治的・思想的背景〈左派メディア〉は誰に、何を、どう伝えるべきか」『中央公論』第133巻第11号 通巻1632号、中央公論新社、2019年10月10日発行、107~115頁。

関連項目編集